多くの女性にとって(時には男にも)結婚とは依存した状態である。レオン・ザルツマンという精神科医によると、女性が依存的関係でバランスを保って生き て行くには色々な方法があるそうだ。一つは自分の夫が非常に優秀だと思いこみ、もう一つは自分の評価を下げる事である。「私などとても…」などと言い訳し て、眠っている野心や才能や興味が目を覚まさぬよう上手に抑えこむ。これは囚人、奴隷、少数民族らの持っている「否定の方式」と同じなのだそうだ。彼らが 侮蔑を甘んじて受け入れるのはそれと引き換えに現状での最大の安全と利益を保証して貰えるからだとの説である。

  「あたし、自立して生きていきたいの」と言いながら、夫が扶養手当を貰える限度額しか働かず、結局は夫に扶養されて自立とはほど遠い人妻がいた。彼女、自 立の意味を知ってたんだろうか?自立心とは自分の判断で自分の能力を頼りに自力でやり遂げた学習の結果として生れる、とジュディス・バードウィックが「女 性心理学」の中で言っている。

 私はNYで儲からない古着屋をやっていたが、何でも自分で決定し、自分で責任を持たざるを得ない状況になって始めて自立とは何かを実感した。一生扶養されていては得られなかった経験だったと思う。

  自力ではどうしようもない状況に置かれると動物は諦めはじめる。人間も同じで、これは「習得した無力感」と呼ばれる。挑戦的態度を出さず、人と対決せず、 文句を言わず、お利口にしていれば安泰。ブロードウェイのダンサーにインタビューした時、独身の彼女にこう私は聞いた。「家庭に収まって夫にミンクのコー トを買ってもらえるような女になりたいと考えた事はありますか?」彼女の答えは簡潔だった。

"Never!(一度もないわ!)"

 私も「誰が食わせてやってるんだ」なんてセリフ、金輪際男の口から聞きたくない。「放浪記」の林芙美子も言っている。「男に食わせてもらうほど惨めな事はない」と。

  実りある結婚生活の鍵は、矛盾するようだが基本的に一人でいる事に耐えうるかどうかという事ではないか。人に頼らず自分の足で立ち、自身の人生観や価値観 を持てるかどうか。多くの結婚が破綻するのは、この個体分離がないゆえであるとエライ先生方も言っている。結婚はもたれあいではない、協力のしあいなの だ。独身の私が言ってもあまり説得力がないが。
AD
 人間の加齢臭、いわゆるオジサン臭を薄めるケア製品が発売されて大分経つ。加齢臭の正体は「ノネナール」という物質。臭覚にもピークがあって18-20 歳ぐらいの若い女性が鋭敏なのだそうだ。私ははるかに年上だがけっこう鼻が利く。この間もたまに行く和食レストランで「マスター、ガス臭いよ」と言ったら ホントに調理台のガスが立ち消えていた。鼻がいいのは役立つ反面、困る事も多い。タバコはかなり遠くで吸われれても分かるし、羊を常食している国の人たち は風上200メートルにいても体臭ですぐわかる。オジサンは長年の喫煙、飲酒のせいで毛穴がニコチンとアルコールで詰まっているのか隣に座られると強烈な においがする。夏だとこれに汗の臭いが加わる。その臭いたるや安旅館の着古して黒光りした丹前の襟というか、ニコチン中毒者のアパートに5年かかったまま のカーテンというか、カーバイトの臭いにも似ている。いずれにしてもたまったものではない。たまにアンモニア臭もするし、ポマード臭も結構つらい。

  しかしながらオジサンばかりが臭いのではない。若い男性だって負けてはいない。風呂なしのアパートにでも住んでいるのか、週に1回くらいしか入浴しないよ うな不潔な学生がいる。そういうのが隣に来ると夏など鼻が曲がりそうなぐらい臭い。ちらりと見やると耳垢が耳からはみ出し、べっとりした髪には大きなフケ が散っている。ここまで不潔な女性はまずいない。男性は女性より不潔と言えば、当らずといえども遠からずといったところだろう。

 もっとスゴイのもいた。不精ひげが黒黒とした剛毛なのに髪の毛が金髪。伸びか けの根元は黒髪なのでトラみたいな配色である。でもってシャネルのTシャツを着ているので一応お洒落なつもりなのだろうが彼の体臭たるや、息ができないほ どクサかった。携帯で話しているところから美容師とわかったが、こんな不潔な美容師が「いらっしゃいませー」とやって来たら「急用が出来たので」とすたこ ら逃げ出す。

 日本人は肉食の西欧人ほど体臭はきつくはないが、やはり清潔を心がけるべきである。臭いまま出掛けては女性に嫌われる事は間違いない。
AD

肉食は残酷か

テーマ:

ユーチューブに、チキンの処理の仕方が残酷だというメッセージを伝える画像があって、アメリカではけっこう話題になった
という。イスラム教の人々はハラールフードと言って、詳しい方法は知らないがお祈りを捧げてから動物をとさつするという。

日本でのハラールフードの値段は高いが、そういう考え方もあるのだ。


生物界というのは人間も含めて残酷なものである。自然界の動物の食物を求めての生存競争は厳しく、時に残酷である。

人間は食べなければ生きていけない。とさつ業者も動物の苦痛を極力少なくする努力は必要だと思うが、日本の「活け造り」が残酷だと言って、オーストラリアなどでは禁止されているという。


魚を殺さなければ刺身や寿司は食べられない。生物をや食べるという行為は本来残酷なものであって、そういう生物の犠牲の上に我々人間は生かされているのだと真摯に受け止めて食べ物を大切にし、感謝しながら食事をすべきなのだと思う。


AD
先日盛岡に帰省した。

東京の桜の開花宣言がまだだというのに岩手日報(3月8日付)には大船渡市大船渡町の大船渡保育園の早咲きの桜が開花した写真が載っている。

一方で県庁所在地の盛岡市では7日は1月下旬並みの寒さで最低気温が氷点下4.7度。桜の隣につららの写真が並んで
いる。

その盛岡、4月から始まるNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」の主要舞台となるというので地元では観光客の増加を大いに期待している。

昨年暮れに盛岡駅を始め、盛岡城址や岩手銀行中の橋支店(註)などの名所で撮影を敢行、冬の盛岡で夏のシーンを撮っていたと地元のタクシーの運転手さんが言っていた。

なお「どんど晴れ」とは方言で「すべて完了」「うまくいった、これでお開き」などという意味だそうだ。

見所はたくさんあるし食べ物も美味しい。わんこそばに冷麺、ホヤもある。そして人情は厚い。

おでんせ、盛岡。

(註)1911年(明治44年)竣工の中ノ橋支店(旧盛岡銀行本店)は東京駅丸の内口の赤煉瓦駅舎で有名な辰野金吾氏設計。感じが
よく似ている。有形文化財として国から指定を受けている。行員の女性に聞くと古い建物なので冬は足元が寒いとか。名物の地方裁判所庭の石割桜の見頃は4月の中旬との予想。

写真は昨年の満開時の石割桜とつららと岩手銀行

SAKURA TSURARA IWAGIN



人はオバサンに生れない、オバサンになるのだ(ボーボワールの『女は女に生まれない』のパロディ)。『私がオバサンになっても』という歌があったが、オバサンとは年齢で決めるものではなくステート・オブ・マインド(心のありよう)なのだ。

オバサンは蔑称でもあるからあまり使いたくはないが、中年女性の牙城であるお昼のスポーツクラブでウォッチングするところ、オバサンにはそう呼ばれても仕方のないいくつかのオバサンくさい共通項があると発見するに至った。

オバサン化その1。立ち話。オバサンはスーパーや公道で他人の通行を妨げてまでこの習慣にのめり込む。ジムのサウナで家族構成から何から洗いざらい自白のように喋りまくるので、私がサウナを出るまでにはその人の私生活があらかた分かってしまう。

オバサン化その2。オバサンはガサガサ虫である。彼女たちはロッカールームでもシャワールームでもガサガサ、ゴソゴソと音を立てる。水着に下着、シャンプー、クリーム類一切合財をスーパーのビニール袋に入れてひっかき回すからである。ガサゴソが一、二度ですめばよいが、お目当ての物が見つからず、いつまでも手を突っ込んでいるその音たるや私の神経までひっかき回されるようだ。これが映画館なら大ひんしゅく。ある時、あまりにうるさいので「どこかに忍び込む時にはその袋、持っていけませんね」と嫌味を言ってやった。私はゴム引きのポーチを持参するのでガサガサ虫ではない。

オバサン化その3。オバサンは「えーっと、シャンプー持ったよね」とか「ああ、タオル、この辺だったかしら」とのべつ一人言を言う。この手のタイプはスーパーでも惣菜を見て「おいしいかしら」なんて、一人言とも質問ともつかない曖昧な言動をする。こういうツブヤキオバサンは家でも職場で回りの人に嫌がられているのは確実である。

オバサン化その4。こちらが走って泳いで気分爽快な時に「やれやれ、あー、どっこ~らしょ」などと年寄りくさいフレーズを吐いて気分を台無しにする。周りに自分がどう映ろうと関係ない、というのは立派なオバサン。

極めつけはパンティのはき方。日本人は蹲踞(そんきょ)の姿勢になじんでいるせいか、お相撲サンがしこを踏む時のようにがに股になって下着をはき、ぴょんと飛び上がって引き上げる。見苦しい事この上ない。日本人女性のするしぐさで一番美しくない。外国女性がこれをやるところは見たことがない。男がこれをやると百年の恋も醒める。男も女も小笠原流とまでは言わないが幾つになっても美しい所作を心がけるべきではないだろうか。

NTT東日本から電話料金明細書と一緒に送られてくる小冊子「ハローインフォメーション」の表紙に「ユニバーサルサービス料」という耳慣れない言葉があったので中を開いてみた。


かいつまんで言うと、NTT東・西日本は加入電話のサービスを全国どの世帯にもユニバーサルサービスを提供する債務を負っているという。ではそのユニバーサルサービスとは何かというと、「国民生活に不可欠であり、あまねく日本全国区における提供が確保されるべき」と定められているサービスだそうだ。


山間地や離島などは採算が取れず、ユニバーサルサービスを提供する為、今まではNTTのみで赤字を負担していたが、携帯電話の普及、新サービスの登場などにより固定電話の採算が悪化しており、そうした地域での電話網を維持するため今年の1月から固定電話、携帯電話、PHSなど電話サービスを提供する約50社の電気通信事業者も負担する事になり、かてて加えて一般の電話利用者からも電話回線1本につき月7円を徴収する事になったという。


寝耳に水。


去年の暮れあたりから各メディアでニュースになっていたそうだが、私はユニバーサルサービスも知らなかったし、7円負担の件も知らなかった。


固定電話ばかりではない。携帯電話、データ通信専用カードにもかかり、2008年1月をめどにプリペイド式携帯電話にもかかるという。たったの7円ではあるけれど、資料によると平成15年で固定電話加入数は全国で5080軒もある。


かつて電話加入権を購入する際、わたしは7万円台の「施設設置負担金」を支払ったが、現在は3万6000円に値下げになっている。今、加入権を売却しても5千円ほどにしかならない。資産としての価値がなくなった訳で、2006年5月、「加入料値下げにより加入権の資産価値が不当に下落した」として、25都道府県の37社と個人69人がNTTや総務省を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こしている。(ウィキペディア「電話加入権」の項より)


NTT西日本広報室に問い合わせると、ユニバーサルサービス部門の収支はずっと赤字であり、今まではコスト削減など経営努力で埋め合わせて来たが、上述のように昨年からは採算が悪化し、今回の措置となったと冊子に書かれている通りの返答だった。ご理解願いたいと言われても疑問は残る。


国民が等しく同じサービスをという事で言えば、例えば生存に不可欠な水道なども日本全国同じにして欲しいと思うがご存知のように水道料金は高い県と安い県がある。水道局と民間企業を同列では論じられないだろうが、どうして電話料金だけが均一に近い料金(註)にしなくてはいけないのか。山梨の山間部の温泉にタクシーで行った時には山間部割り増しという名目で3割増しで、メーターの上がる速度があまりに速いので目的地の手前で降りたぐらいである。


山間部でタクシーを使う時には料金設定を聞いてから乗る事にしようと思うが、地域によってこうした料金差があるのは仕方がない事なのだろう。タクシーは3割増し、だけど電話料金はユニバーサルサービスというのがよくわからない。


施設設置負担金はNTTに潤沢な資金をもたらしたと思うが、収支はどうなっているのだろう。加入権の扱いといい、今回の電話代の実質値上げといい、どうにも納得がいかない。たった7円だからいいという問題ではないように思う。

(註)ユニバーサルサービスと言いながら、固定電話の基本料金は地域によっ
て異なるという。