見るともなくTVを見ていると色々と雑学が身に付く。最近では日本全国でお人良しが多いのはどこなのかを、道に迷ったふりをした人をどれだけの人が助けてくれるかという調査の結果を見てランキングを決めるという番組があった。それによると日本一お人好しなのが岩手県、次いでぐっと南にくだって長崎県、最低が、やはりというか東京だった。

「人がいいのもバカのうち」ということわざがあるくらいでお人好しという言葉にはあまりいい響きがない。人が良い、親切である、というまだしもお人好しと言われて喜ぶ人はいまい。


何を隠そう、私は岩手生まれなのである。岩手で高校時代までを過ごし、仙台の大学に通う事になった時には「仙台人は人が悪いから気を付けよ」と皆に言われた。確かに岩手県民ほどは人が良くないのを実感した。大学卒業、そして東京に出る時には「東京人は人が悪いから気を付けよ」と言われ、おそるおそる上京すると、すぐに新宿のアパートで干している最中の下着からGパン、バスタオルとまるで戦時中の洗濯物泥棒のような目に遭って、なるほど東京人は信用できない、せちがらい、人が悪いと実感したものだった。


夜道で「マッチ持ってますか」と男に聞かれ、タバコが吸えないのではかわいそうだとバッグの中を探っていたらいきなり胸を触られ、何てヤツだ、こちらが親切でマッチを探していたのに、と今でも腹が立つ。


確かに東京人のスタンダードで考えれば岩手県民は人が良く、デート商法だ、なんだと東京人のいい餌食になっているのは東北から出て来た素朴な男性に多かったようだ。


私は東京人に対するに、岩手のスタンダードからはちょっと人が悪いぐらいに対応している。それでも「あなたは人がいい」と言われてびっくりする。


岩手から上京する人に忠告したい。あふれる親切心はうちに秘めておいて、人を皆信じてはいけない、という悲しいけれど現実的なアドバイスをしたい。砂金探しに似て、大都会で真からの友人、信頼するに足る人間は稀だけれど、いない訳ではない。


ところで長崎の人が二番目に人がいいという点だが、そう言えば私にも心当たりがある。


追記


4年暮らしたニューヨークの住民たちも人が悪いので有名。でもニューヨークに負けず劣らずの県が日本にもある。ここは東京とおっつかっつでブービー賞もの。どこの県かは私を知っている人ならわかるのだが、ここでは有名な温泉地がある県、とだけ書くことにする。





AD

月と地球とエコロジー

テーマ:

お月見という美しい風習が日本にはある。私も子供の頃は月見だんごを食べてうさぎを探した覚えがある。夜道を歩くと月が付いてくるのが不思議だった。チカッと今まさにまたたいた星の光が実は数百年もの昔にまたたいたものなのだと学校で学んだ時には子供ながらに時の悠久、宇宙の不可思議さに胸がきゅっと痛くなったりもした。 が、中学に入って以降、じっくりと月を見上げた覚えがない。1969年、アポロ11号のアームストロング船長が人類で初めて月の上に降り立った時にもそれほどの感激はなかった。遠い世界、自分にはおよそ関係のない出来事だったのだ。 月が再び気になりだしたのはここ数年の事である。仕事帰りにビルの谷間にぽっかりと顔を出す月を眺めなら帰路に着いたり、ゴミ出しのついでにしばらく見とれたり、特に満月にはしげしげとその美しさに見上げる事が多くなった。そのたび、(月から見たら、この4倍の大きさの地球見ができるのだな)と思う。 一つには宇宙旅行がいまやお伽話でなく、ぐっと身近になったせいもあるし、「アポロ13号」「スペース・カウボーイズ」、「タイムマシン」など。月がよく映画に出て来るようになったという事がある。


先日はスカイパーフェクTVでアポロ計画の裏側についての番組があった。その中で、宇宙船が初めて捉えた地球がぽっかりと宇宙空間に浮かぶ画像が出てきた。CGではない、青く輝く地球の美しさに私は息を呑んだ。 私達人類はこの美しい地球の住人の1人であって、地球を守って行かなくてはいけないのだという自覚を持っているだろうか。タバコの吸殻や有害ゴミを海や川に捨てたり、エンジンをかけ放しにして空気を汚染したり、わが国を含め、国単位で二酸化炭素の排出量に厳密でない国もある。いまや空気は汚染されっぱなしで、地球は温暖化の一途を辿っている。 地球を守る為には我慢も必要である。夏は暑く、冬は寒いと決まっているのに、冬のエアコン設定温度を28度とか夏のそれを20度とかにしてガンガン効かせているのは、これはもう過剰利用のみならず罪深き事である。


かくなるうえは「アースデイ」を設けてあの美しい地球の画像を流し、我々が地球人である事を自覚させ、皆が皆エコロジカルに生きるよう、猛省を促すべきである。私などは既にエコロジカリー・コレクトに生きている。タバコを吸って空気を汚す事はないし、ゴミはなるべく出さないようにして過剰包装は固辞している。水をじゃあじゃあと流しっぱなしにしたりしないし、冬でも昼のうちは着膨れて暖房なしで暮らしている。そんな自分をほめてやりたい。


追記 環境省が推奨するウォームビズライフとやらが新聞に載っていた。マフラーを巻いて出勤したりオフィスでひざ掛けをかけたりするのもウォームビズ。暖房の設定を1度下げると冷房の設定を1度上げた時より数倍のCO2削減効果があると書かれている。ふ~ん。




AD

面白いTV番組がないと私の友人らはことごとく言う。私も就寝前、チャンネルを一巡して「ああ、くだらない」と言ってパチッとTVを消すのが就寝儀礼となっている。そんな訳で、5年ほど前からスカイパーフェクTVと契約しているが何せ有料なのでたくさんのチャンネルは視聴できない。基本料金を400円ほど取られ
るのがしゃくだが、1年ほど前から無料開放デイというのを始めて、この日ばかりは100以上あるチャンネルのほとんどが無料で見られる。この日はなるべく家にいるようにしてビデオに録画(DVDレコーダーはまだ高いので持っていない)、牛が食べ物を反芻するが如く、ロクな番組がない日に繰り返し見るので基本料の元は充分取れている勘定である。


ここのシステムは、チャンネルを1つ1つ選んで契約するのでいくら1チャンネル400円500円と言え加算すると結構な値段になる。スポーツパックだ、映画パックだと、いくら割安でも見たくない番組まで押し付けられるのではマイクロソフトばりの抱き合わせ商法である。という訳で私はスカパーに入ってからこっち、パ
ックを契約した事はない。最初の頃こそ「客がチャンネルを選べるパックを作ったらどうか、そうすれば客は喜んで契約する」「スターデジオが高すぎる」と書き送ったものだが、一向に聞き入れる気配もなかったので基本料のみの客になってしまった。今回、私がリクエストした通りのパックが売り出され大変な反響を呼んでいるそうだ。


(ほら、見なさい)、と遅すぎたサービスに私は嬉しいより顧客のニーズを考えないスカパーの体質に苦々しい思いを抱いた。そのサービスというのはTVコマーシャルでもやっている「スカパー!よくばりパック、66チャンネルで3500円」というアレ。これを見て私は(万策尽きて遂に私の要望を聞き入れたか)とほくそえんだが、(66チャンネルたって見られるのはどうせ1チャンネルのみで裏番組も録画できないし)と思ったら「スカパー!えらべる15」というのも小さく宣伝している。こちらは2800円である。これならまあいいかと納得してすぐに申し込んだ。


アメリカのケーブルTVなどは定額料金で大変な数のチャンネルが見られるそうだ。ようやく日本もアメリカ並みの顧客サービスを始めた訳だ。が、私はこれで満足した訳ではない。


スカパーさん、フリーダイヤルぐらい作ったらいかがでしょうか。そして、裏番組が録画できるチューナーを売り出したら買ってもいいんですがねー。

AD

皆さん明けましておめでとうございます!


nenga

A PHOTO BY 長崎のT社長


今年は新年早々ツイています。

郵便受けに見知らぬ会社からの封書が...

開けてみると!年末ジャンボ宝くじ10枚でした。最近、何にも当たらなかったけど、こいつぁ新年から縁起がいいわん。という訳で、この会社をちょこっと宣伝します。

宝くじ購入予約サイト「トライドリーム」

http://www.trydream.jp/





世界3大料理の国らしからず、中国では寿司などの日本料理を出しても、いい物とそうでない物の違いがわからない、値段が高いと文句を言い、2度と来なくなるそうだ。


まずくて安い寿司をつまんで満足できる彼らをある意味羨ましく思った。私などは安い店に行って(例えば
松屋)豚丼など食べていると空しくなるクチなのだ。かつてはバブリーな男友達がいて、銀座の天一の上にある天ぷら懐石「天一山」にお呼ばれした私は、その時の事を今でも覚えている。何でもフランク・シナトラもひいきにしていた店で日本に来ると必ず寄っていたそうだ。料金はお一人様確か8万円。今でも目を疑う金額だ。その上、代金は当日はカードなども提示する事なく、顔パスで、後日支払うというのも驚いた。


ここのお座敷でたくさんの仲居さんに付き従われ、「もういい」と言うまで次から次と揚げてくれる天ぷらの何と美味だった事か。そして残った(わざと残したのではない)海老天をお持ち帰りできて、天つゆ、それとも天丼のタレがいいか聞かれたので天丼ダレを頼んだ。


翌日お昼にご飯を炊き、大して期待もせずに天丼にして食べたが、その極上の味には私は驚愕した。あんなに美味しいタレの天丼は生涯初めての味だった。


そう、私は知ってしまったのだ。一流の味を。私は中国人のように「あの天ぷら懐石は高い」と文句は言えない。それだけの価値があるのだから。


高くて大した事がなかった店はいくらでもある。そういう店には2度と行かない。「福臨門」などはすっかり日本人向けの味になっていて物足りなかった。また、「トゥール・ダルジャン」のようにいくら美味しくても自分に向かない味の場合ももう行きたいとは思わない。「久兵衛」クラスならまだ行けるが、「天一山」であの天丼のタレをもらう事はもう2度とないかもしれないが、是非もう一度今度は自腹で行きたいものだと思っている。


価値ある味に高いと文句をつけるなど品性下劣な行為である。そういう人は美味しい物にはありつけない。貧しくともたまには一流の味を楽しむのは身分不相応な事ではない、それは人生の楽しみなのだ。