愛知万博、ちーとも興味がない。


「プロジェクトX」という番組で、大阪万博の警備に当たった人の苦労話を取り上げていて、日に83万人もの入場者が詰めかけたそうで人々の物見高さに驚くばかり。で、待ち時間は当然長くなる。それを少しでも短くしようと、人々は警備の人のスクラムの下をすり抜けて走って行ったのだそうだ。それをバッファローダッシュと呼ぶ。転倒者が続出したそうだ。


私はNYに住んでいたが、あの忙しい街で走る人を見かけたことがない。せかせか、あくせくとは無縁の人々なのだ、アメリカ人とは。


そこに4年住んで帰国したものだから、深夜の東京駅でいい年したサラリーマンがダッと通路やプラットフォームを走っている理由がわからなかった。


やがて私は彼らが長距離通勤のゆえに、座席を確保しようとして走っていたと知ったのだったが...。美しくない光景である。


また、電車で今まさに私が座ろうとしている席に、はるかかなたからダダッと小学生の男の子が走ってきてバタッと座り、「おかーさーん、席取ったよ!」なんて叫ぶ。ほとほと東京にはイヤケが差す。


そんなの、ほっとけばいいじゃないかとフツーの人は考えるのだろうが何しろ私は競争には負けたくないたちなのだ。子供と言えども出し抜かれては面白くない。その時も母親に「いいお子さんをお持ちですね」と精一杯のイヤミを言ったのだがその女、「ええ」ですと!この親にしてこの子あり、なのだ。


そんなクソがきに負けてなるかと、私を出し抜こうとするヤツがいると、子供時代にやった席取りのゲームよろしくパッと座るようにしている。


あああ、私も醜い日本人になってしまったものだと思うが、負けて口惜しいのよりはいい。もちろん好きな男と一緒の時には「おほほ、元気な子供ね」とか言ってやさしい女を演じるのは当然である。







AD
外国人ツーリストは日本に来て私のような失敗をした事があるだろうか。あるとしたらどう対処したのか是非知りたいところである。

まずはよくある「時価」。私が行く寿司屋に「時価」の張り紙はない。きちんとあわび350円、中トロ250円などと値札が壁に張ってあり、(この中トロ、いくら取られるかとビクビクしながら食べる事もなく、明朗会計でストレスフリー、全くもって快適至極。


時価は高い、コワイ、と大抵の日本人なら知っている。知っているはずの日本人でも1度や2度はひっかかった事があるのではないだろうか。私がそれだった。


勝浦のクアハウスに行った時のこと、昼どきだったのでJR勝浦駅前の料理屋に入った。豪華でも清潔でもなく、普通のよくある地方都市の垢抜けない料理屋。そこにキンキの煮付け時価とあって、この店構えじゃそう高くはあるまいとタカをくくって頼んだら確か合計で6000円以上も取られて大失敗だった。ここが立派な店だったら警戒して「あの、時価ってありますがおいくらなんですか」と聞きにくくてもきちんと聞いてから注文するところである。


京都に川床というのがある。ここで食事をすると高いとは京都の人なら誰でも知っているそうだ。私は知らなかった。20数年前、貧乏なアメリカの男と2人、あまり立派でない鳥なべの店に入ると、メニューは鳥鍋のみ。値段は書かれていない。仲居さんが脇につきっきりでサービスするので、途中で(しまった!これは高いかな)とイヤな予感がした。最初に値段を聞いて入ればよかったのだが、ここも店構えからそんなに高いはずはないと見くびったのがいけなかった。案の定当時2人で2万も取られた。頭からザッと冷水を浴びせられたような気がしたのを今でも覚えている。


日本はどうしてメニューに値段を書かないのか?どうして突き出しなんて物を勝手に出しておいて金をむしり取るのか?外国人ならこういうナンセンスは納得しがたいと思う。テーブルチャージ200円とか、ミニマムチャージ(最低注文金額)2000円とするなど、どうして客の立場に立ってもっとわかりやすくやってくれないのか?料金でトラブルになる外国人、いないのだろうか?


私はフィレンツェの駅前のリストランテでずらりと並べられた料理からミネラルウォーターとサラダのみを食べた時にとんでもない金額を請求された事がある。どうも食べ放題の店でどれだけ食べても同一値段だったのだ。そんなお金、持って来ていないと財布を開けて見せると「マンマミーヤ!チャオ!お金は要りません!」と追い払われた。ラッキー!

AD

陸自の指揮官がイラク入りする当時、「武士道の国の自衛官らしく規律正しく堂々と取り組みます」とか

マジメな顔して言っているのを見て鼻白んだ。


武士なんてもういないし、武士道もないっつーの。

芸者だってもうほんの一握りしかいず、絶滅に瀕した人種なのに外国人は今でも日本の女が芸者的だというイリュージョンを抱いていたりする。


イギリスに行ったある女性が、イギリス人紳士になかなか会わないので「あの、どこに行けば会えますか」と聞いたんだとか。イギリス人女性いわく「そんなの、50年前に絶滅したわ」ときっぱり答えたそうだ。明快でいいではないか。


サムラーイも同じ事。絶滅しちゃったんである。恐竜みたいに。それなのに、トム・クルーズが読んだとかで 1900年に出版された新渡戸稲造の「武士道」がベストセラー入りしたりして、これも鼻白む。


騎士道と武士道の違いが東洋の男と女性観と西洋のそれの差のように感じる。アーサー王の円卓の騎士などは女性をエスコートし、守り、敬うのに反し、時代劇の中の侍は女子供を色々な意味でないがしろにし、自分は家族を放って武士道の美意識に酔って切腹したり討ち死にしたり。無責任この上ない。


「ラストサムライ」をワシントンDCの安ホテルで見た私は(あほくさ)と思ったものだった。


女を大事にせず、ましてや尊敬、というと大げさだが、親切にしない、対等に扱わない男性が多い日本。

それが武士道の国、そういう男性がサムライの末裔なのだ。


日本人に限らず2人きりになったら何をされるかわからないタイプの男性というのがいる。女は外に出れば

7人の狼とわたり合わなければいけない。女々しくなんかしてはいられない。


タイトル: ラスト サムライ
AD

独身の私は人さまの結婚生活にはほとんど興味がないけれど、朝の「答えてちょーだい」というTV番組はよく見る。夜型の私が起きてTVをつけるとその番組以外見るべきものがないし、この番組に出てくるおバカな

人々などをトーストをかじりながら見て


(全くひどい夫がいるものだ、あー結婚しなくて良かった!)

(こんなひどい隣人がいなくて私は幸せだ!)

(こんなにおバカな人々がいるのだ、私などまだまだ上等ではないか!)


などなどしばしささやかな優越感にひたったりする訳だが...


実録鬼嫁日記というブログの評判は耳にしていたものの、この間TVで紹介されるまで見た事はなかった。繰り返すが、私は独身なので人んちの嫁さんにも亭主にも興味がなかったからである。それに、さぞかしひどい嫁さんなんだとうとビビッていたのも確かである。


ところが...


TVで知った限りでは、そんなにひどい嫁さんとも思えない。また、自分の妻を鬼嫁と呼ぶある夫が取材をOKし、妻に内緒で隠しカメラを取り付けて妻の言動を逐一映し出していたが...


男から見てこんな程度で鬼嫁???と私は拍子抜けしてしまった。


居間で夫婦でくつろいでいて、その鬼嫁とされる妻が、夫に子供をトイレに連れてってくれ、そのついでにハンドバッグの中の物を持って来てくれと夫に言い付けている。すると夫はえー?とか自分で取りに行ったらどうだとかぶつぶつ文句を言っている。


私はそこでハタと思った!


今までは「横の物を縦にもしない」夫がのさばっていた日本で、妻が同じ事を始めた途端に鬼嫁とバッシングをして男性の権威や既得権益を守ろうとしているのだと。


そして、女性がようやく自己主張できる世の中になって、妻は夫の言い付ける用事を忠実にこなしていたメイドのような存在からようやく平等なステイタスに格上げされた、これは喜ばしい事ではないのか、と。


今までの夫婦関係では夫の方がよほど鬼亭主だったのだ。それを、たかだか弁当を作るのをしばらく止めるとかバッグの中からあれを持って来て、と言われたからって鬼嫁呼ばわりは不当だ。


鬼嫁とはアメリカのウーマンリブから40年遅れてようやく日本に根付き始めたネオ・ウーマン・リブではないのか。


どんどん鬼嫁が増えた方が男女間のコミュニケーションの風通しが良くなっていいのだ。今までは女性は

言いたい事も言えず、不満をうちに抱えてその挙句に熟年離婚などをしていたのだから。












最近よく「うつ」がメディアで取り上げられる。新聞報道でSEの長時間労働や過労死、自殺について読んだり、TV番組を見かけたりするが、身近に該当する人がいなかったので今までは「人事」だった。ところが、あるご夫婦と知り合って彼らの話を聞くと、彼らこそまさしく企業のうつ病最前線 にいた人だったのだ。
 
彼は40代後半の元SE。25年間一部上場企業に勤め、3年前に退職。うつ病を発症し、自殺未遂を3回、集中治療室で生死をさまよった後の退職だった。その後2年以上は働く意欲が全く湧かず、専門医の治療を受けながら妻と月の半分を知らない土地を旅して過ごす生活で、2千万円ぐらい使ったという。彼はそれについては後悔はなく、普通の社会人には出来ない貴重な時間を過ごしたと語る。
 
 現在の彼の穏やかな振る舞い、表情からは想像もつかないが、すぐ切れる、暴れる、車の事故を起こす、酒と薬で自分を見失い、行動も言動も覚えていないという状況で、奥さんも彼と同じかそれ以上に大変だったのは想像に難くない。救急車を呼んで入院、警察にも何度か呼び出され、最後は覚悟が出来て怖いものなしになったと言う。


こういう生活に陥る会社勤めとはどのようなものか私には全く想像がつかない。


彼女の言葉を借りれば、「ストレス社会で、うつにならない方が不思議」という。うつであるという事は幸せではないという事で、最近あちらこちらで今までにないような事件が頻発している。もしかしてそれらはストレス社会の中に生きる人間が発する信号なのではないだろうか。
 
東京で、電車の中でも道を歩いていても他人の迷惑も顧みずに傍若無人の振る舞いをする人々、ギスギスした態度で他人にイヤな思いをさせる人々が多い昨今、うつ対策をどうにかしないとこうした状況はさらに悪化し、日本社会が壊れ始めるのではないかと危惧する。

脱線事故を起こしたJR西日本の社員も大変なストレスを受けていたという事だ。ぜひ会社内のストレス・マネジメントを徹底的に行って欲しいと思う。


追記

日本人の自殺者数は過去5年連続で3万人を超えた。うち、7割が男性。自殺にうつが関係しているのはつとに知られていることだ。


関連サイト

「心のさわやかセンター」 http://www.kokoro-sawayaka.com/

「こころのくすり箱」 http://utus.jp/index.html

「うつ病の予防・治療委員会」 http://www.jcptd.jp/index.heml

「うつ・不安啓発委員会」 http://utu-net.com/index.html

「UTS-WEB-CLINIC」 http://uwc.s54.xrea.com/index.html

 



メトロセクシャル 【metro sexual】という新語がある。作家のマーク・シンプソンによる造語で、三省堂提供「デイリー新語辞典によると、「若くて高収入で都市部に住み、女性的ファッション・センスや文化的趣味を持つ異性愛者の男性」を指す。都市住民(メトロポリタン)と異性愛者(ヘテロセクシュアル)の合成語だという。


同性愛者(ホモセクシュアル)はセンスが良い事ではつとに知られていて、ストレートの男性が知らないような微妙な色の名前まで知っている。異性愛者も女性的な文化嗜好を持ち始めたことから命名されたそうだが、具体的にはエステに通う男性などが当てはまるそうだ。リチャード・ギアが最初のメトロセクシュアルな
俳優なのだそうだ。


私が初めて男性用マニキュアを知った時には(気色悪い、男がマニキュアなんて!

私でさえ滅多にしないのに!)と思ったものだが、アメリカのVIPの男性などは普通に行っている。もちろん無色透明だが、ぴかぴかと光っていてこれがきれいで実に感じがいいのだ! 爪に垢がたまっているよりどれだけいいか。

毛深くて背中に毛が生えている男性がワックスで脱毛するというのも見た。これは大賛成である。胸毛は好き好きもあろうが、男性らしくて私はいいと思うが背中の毛はいただけない。女性だってきちんと腋の下や足を脱毛しているのだから男性もそれぐらいは気を使ってもいいと思う。

ダイエットする男性も増えている。最近知り合いの歯医者さんに会ったら心なしか顔の輪郭がシャープになっている。「やせましたか?」と聞くと嬉しそうに「ダイエットを始めたんですよ」と言う。最近の調査では日本人の男性に肥満が増えているというから自分の体/健康に気を使うのは当然の事とも言える。

最後に気になるのは喫煙者である。タバコはその歯医者さんに言わせると歯の黄ばみの原因でもあると言う。

「タバコを吸う女性とはキスしたくないね。灰皿にキスするようなものだからね!」

という表現が英語にある。タバコをくゆらす姿がセクシーだったのは昔の話。今は吸わない方が断然セクシーかつセンシィティブである。

脱毛ワックスやマニキュアを共用し、同じエステに通うカップル、いいと思いませんか?男性にはどんどんきれいになって、そして健康になって長生きして欲しい。

「文人軽んじるは古(いにしえ)よりこれ然り」 魏の文帝「異論」より


ほんまや!企業はもっとクリエイターを大事にしてもっと金を払えーっ(絶叫)!

アーティストを大事にしない企業は発展しないぞー!


言っても無駄か...日本脱出してやるー。







粉飾決算で投資家を欺いてきたカネボウ株の上場廃止が決まった。西武鉄道も昨年12月に上場廃止となっている。東証上場企業による不祥事が相次いでいる。企業の閉鎖的体質、弱肉強食の論理は変わらない。


企業の体質はそうカンタンには変わらないのだと私は思う。カネボウは女工哀史の時代からのし上がった

企業である。

 

JR西日本は脱線事故の後でも「日勤教育」を続けているそうだ。国鉄の分割民営化時には首切りの為、

会社の意に沿わない職員に対して陰湿きわまりないイジメが行われたという話も聞く。

 

暗澹とするばかり。

 

「言葉通ぜぬ人と対さんよりは寧ろ犬とたわむれてあるにしかず」 モンテーニュ


ホント、渋谷ギャルと日本語を話していながら要領も得ず、心も通じず、英語圏の人と話している方がよっぽど心休まる時がある。それは渋谷ギャルの側に(そしてもしかしたら私の側にも)相手とのコミュニケーションを妨げる心理的な壁が立ちはだかっているからである。


著者: ミシェル・ド モンテーニュ, Michel Eyquem De Montaigne, 宮下 志朗
タイトル: モンテーニュエセー抄
著者: 保苅 瑞穂
タイトル: モンテーニュ私記―よく生き、よく死ぬために



「何が売れて何が売れないか」という本を読むと、バブル崩壊以降ひんぱんに聞かれるようになった「CS/カスタマーサティスファクション」、つまり顧客満足を重要視しなければ商売の発展はないと書いてある。当然と言えば当然だが、なぜその当然の事がなかなか行動に移されないのか。


私の見るところでは


● 面倒である
● 金がかかる
● 客の意見など知ったこっちゃない、文句を言うような客は来てくれなくて結構


そんな店や企業が多いと思う。

企業のヘルプサポートに電話をするとありがちなのが「私の知りたい事を教えてくれるのでなく」「自分の教えたいことを教える」という横暴なケース。それと同じで「消費者の満足を第一に考えてくれるのでなく」「自分達の都合や勘違いのサービスを押し付ける」企業が多くある。


一例を挙げれば、誕生日にこちらの好みも聞かずに甘口の白ワインをサービスしたホテル。私はワインは辛口の赤しか飲まないのに。もう一つ、今は改善されたかもしれないが、数年前、OCNというプロバイダーを使っていた時に、「(メールアドレスのアットマークの次につける)サブドメインがたくさんあります」という謳
い文句だったが、あちらの都合で勝手に決められてしまったのだ。


私にはシリウスというのがあてがわれて、口の悪い男に「シリウスか、尻薄だな、あはは」と言われ、さっそく「たくさんあると言っておきながら選べないでは絵に描いた餅ではないか、変えてくれ」とサポートに抗議、懇願したのだが取り付く尻、じゃないシマがない。


さて、前述の本に戻ると、東京世田谷の烏山駅前通り商店街は全国的に有名で、1965年以来一度も前年の売り上げを下回ったことがないという。その秘密を探ろうと海外からも視察団がやってくるそうだからすごい。
 
個々の商店を見ても特に特徴もないこの商店街の成功の秘密はスタンプにある。100円につき一枚くれるスタンプを台紙に貼る手間を省く為にICカードにしたり、イベントの豪華さははんぱじゃないそうだ。旅行の際は駅や空港集合でなく、商店街の前にどーんとデラックスバスが横付けされ、旅行代理店が100万円の見積りを出してきたら更に20万円上乗せしてCSをはかる太っ腹ぶり。


私も近所だったら是非行きたいのに…。