今日はこちらの話題から↓

「パソコンができないIT業界志望者がいる」投稿に共感の声「わりといる」「憧れと適性は別物」

 

小生がIT業界に飛び込んだ時は、採用面接で偉い人から「あこがれだけじゃあ、この世界でやっていくのは大変だよ」というようなことを言われたもんですが。

 

まあこれは新卒の人だけじゃなく、他業種からIT業界への転職を考えている人(小生もかつてはそうでしたが)にも言える話ですが、どの業界でもそうかもしれないですが、業界に入り込むよりも業界に入ってからが大変なわけで。

 

特にIT業界はこれからさらに人手不足になるとの予測もあるなか、50半ば以降のシニア層を即戦力として活用しようという会社もあるくらいですから、若手ならまだまだ・・・というのがあるかもしれないですが、さすがにマウスの動かし方からというレベルはさすがに目が点になりそうですが。

 

まあ、空前の人手不足で採用側が来るもの拒まずモード全開になったところに、求職側のあこがれなどが組み合わさって相乗効果に増幅現象でこういうことになったのかと。

 

でも記事にある通り、IT業界もいろいろですから適性はよく考えた方がいいんですけどね。ITエンジニアの人でも同じ業界で違う領域に移ることを考えているのなら、時には全く違う業界に移ると捉える気構えが必要になる場面もあるくらいですから。

 

(画像はいらすとやより)

AD