豊明・ 高齢ママの育児不安と人間関係の悩みをアドラー流勇気づけの子育てで解消!

ママの心に寄り添って、育児の不安を安心に変えるお手伝いをしています。講座内容:アドラー心理学をベースにした親子のコミュニケーション講座(SMILE)、より良い人間関係のための勇気づけ勉強会(ELM)、赤ちゃんと仲良くなれるベビーサインを行っています。

NEW !
テーマ:
こんにちは、安藤です。

3月のアルバムカフェ、安藤の都合で中止となり、お申し込みいただきました皆様にはご迷惑をおかけしましたm(__)m

4月のアルバムカフェも裕子先生と私のスケジュールがあわず、お休みさせていただきます。

5月から開催させていただきます。

裕子先生は4月も名古屋市等でアルバムカフェを開催されていますので、ぜひそちらにもご参加いただければと思います。

5月の安藤宅のアルバムカフェ開催につきましては、あらためてまたお知らせ致します。

浅井裕子先生の名古屋市でのアルバムカフェ開催は裕子さんのブログをご覧下さいね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
こんにちは、安藤ひさこです。

昨晩は勤務を終えて帰宅したら、娘はもう寝ていました。

今週は花粉症もピークで患者さんも多く勤務の終わるのも遅くなり、かろうじて寝る時間に間に合うときもあれば寝ているときも。

寝ている娘の横にはいると、私のお腹を上手に探して服をめくってさわる(^_^;)

寝ているのに、ちゃんとお腹を探し当てる(笑)

お腹を触ることで安心しているのかな。

今朝は早くから駒を回して遊びました。

実は娘、年長さんの駒回し大会で一番になり金メダルをもらってきました。

駒回しができるというのは聞いていて、時々「〜〜ができるようになったよ」とは言われてたんです。

でも見たことがなかった(^_^;)  

へぇ〜〜そうなんだぁ、お母さん、駒回しできないからすごいね〜〜

なんて言ってたんですよ。

そしたら一番になったらしい。

そして卒園して、駒を持って帰ってきて見せてくれました(*^^*)

手乗りさせたり、本当にできるんだぁ〜〜って驚きました。

娘のことで知らないこと、きっとまだあるんだろうな。

新入園、新入学、進級すると親としては情報を把握しなくちゃって思って、帰るなり

「どうだった?」「今日は何やったの?」「先生はどう?」
「お友だちは誰がいるの?」「お友だち、できた?」
「何して遊んだ?」

色々聞きたくなります。

もう尋問(笑)

子どもが「わかんない」「知らない」なんて言うと「うちの子大丈夫かしら?」って親が不安になってしまってイライラする。

「ちゃんと話して」「何で覚えてないの?」「話してくれなきゃわかんないでしょ」

こうなっちゃうと、子どももますます緊張しちゃう。

毎日新しい環境で緊張している子どもたちは「わかんない〜」としか表現できないこともあるんですね。

緊張して覚えていないこともあるかもね。

子どもたちのことを親がすべて知らなくてはいけないってことはないのかなぁと私は思っています。

たぶんね、子どもたちなりに適切にやっている、もしくはやろうとしている。

それに先生も導いてくださってるしね。

だからお母さんの不安をそのままお子さんに聞くのではなく、お子さんが話してくれることに関心を持って聞く。

それからお母さんの聞きたいお話を会話のキャッチボールのなかで聞いてみても良いのかなと思います。

全部を知ろうとすると知らないことに不安になってイライラしちゃうかも。

それよりも子どもが困ったときにお母さんに話してくれる関係を作っておいたり、お母さんの不安について、どうやって向き合うかを知っていたほうがいい。

この時期はお子さんを勇気づけることも大事ですが、お母さんが自分を勇気づけることで不安も軽減されたりします。

4月19日の勇気づけのお話会でもそんなお話ができたらと思います。

◆ ママも元気になる勇気づけ講座

◆ 怒りの感情をみて止めるワーク

◆ ベビーサインメニュー

◆ 教室へのアクセス

◆ お問い合わせ











いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、安藤ひさこです。

娘の卒園式、無事におわりました。

園長先生から証書を受け取ったあとに、私のところに持ってきてくれました。




「ありがとう」って言って渡してくれたのに、私は感極まって言葉がでなくてm(__)m

娘が一言「も〜泣いてるじゃん〜」  

ありきたりな言葉だけど、大きくなったなぁって思ったら泣けちゃいました。

式のあとの先生のお話もとても素敵でした。

担任の先生は長男と同い年、娘が年少の時に新任できて、娘たちを受け持ってくれた先生。  

だから思いも深くてね、本当に素敵な先生でした。

そしてその後は食事会。

幹事のお母さん方が心温まる演出をしてくださって、親子とも素敵な時間を過ごすことができました。

保育園の思い出のDVDも一人一人に作ってくださって、本当にありがたく思いました。

娘が無事に卒園を迎えられたのは、多くの方のおかげです。

保育園の先生方、延長保育の先生、お友だち、お友だちのお母さん、ファミサポさん、ファミサポセンターの先生方、勤務先のスタッフの方々。

今日私がつけていたコサージュは、勤務先のスタッフの方が作ってくださったんです(*^^*)  

素敵なコサージュで私が好きな色で作ってくれました。ありがとうございます。




娘を支えてくれるのは他にもいます。

長男、次男、三男のときのママ友さんたち。

娘に直接会うことはなくても、節目節目の成長を一緒に喜んでくれて、応援してくれています。

卒園のことも喜んでくれました。

娘には見えていなくても、娘の知らないところで応援してくれる人たちがいる。

ここまでの子どもの成長を振り返ると、親の力だけではないと思いました。

だから一人で頑張らなくちゃって思わなくていい。

周りの人にも支えられているのだと感じること。

そうするだけで、子育ては楽になる。

そして見えている方々にも感謝するのともに、見えない方々へも思いを巡らせ感謝する。

こうした節目にこそ見えない大きな力に感謝したい。

娘にも伝えていこうと思います。




勇気づけお話会は4月19日(水)10時からに変更しました。残席3名様です


◆ ママも元気になる勇気づけ講座

◆ 怒りの感情をみて止めるワーク

◆ ベビーサインメニュー

◆ 教室へのアクセス

◆ お問い合わせ


いいね!した人  |  リブログ(0)