パロマ工業(名古屋市)製のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒死事故で業務上過失致死傷罪に問われ、一審で執行猶予付き有罪とされた元社長小林敏宏(72)、元品質管理部長鎌塚渉(60)両被告は25日、「裁判所の判断は心外だが、個人的な事情により控訴しない」として、いずれも控訴を見送る意向を明らかにした。期限の26日午前0時までに検察側が控訴しなければ、2人の有罪が確定する。 

【関連ニュース】
鮮魚仕入れ過程にCOなし=スーパーで開けた後、混入か
車中遺体、養父と確認=袋詰め女性事件
CO混入?2人中毒症状=調理場、鮮魚ケースから検出
パロマ元社長らに有罪=「死傷発生の予見可能」
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張

普天間問題 28日に「首相発言」表明へ(産経新聞)
代替フロン 中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)
内田裕也さん、蓮舫氏に花束 仕分けを傍聴(産経新聞)
<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛--集計(毎日新聞)
AD