死んだほうがマシ

テーマ:

よく私は「死んだほうがマシ」と思う。

「死んだ」ことはもちろんないので、

これは、具体的なイメージをいだいていっているのではなく、

心が「勢い」で叫んでいるものだとおもう。

だが、そう知ってはいても、やはり私はしょっちゅう「死んだほうがマシ」と言う。

たまに「生きてる価値ねえ~」というセリフになることもある。

声に出すことも出さないこともある。

声に出すのは特定の親しい人物の前か、一人のときである。

 

「死んだほうがマシ」というのは

「嘆き」であるということができようが、あまりレベルの高い嘆きだとはいえない。

(まあ、嘆きというのは負の感情グループの「愚痴」さんの友達なので、

レベルがどうこうだ、ということではないだろうが)。

 

「死んだほうがマシ」というのは、当然

「生きているより」または「こうして生きているより」という

比較の対象が省略されている発言である。

省略されているのはそれがただの嘆きだからである。

比較する意味はないということだ。

速く結論のみを吐き出してしましたいだけだからだ。

まごまごしていると支障があるからだ。

 

なにか小難しい主張や、説得をしたいのではなく、

単に「死んだほうがマシ」と吐いて

絶望や苦しみを表出して捨ててしまいたいだけなのだろう。

 

よくよく考えれば

自分を生かしているのは「命」であって

または命があって自分が思考したり認識したりするのであって、

命の上に乗って「死んだほうがマシ」というのは

成り立たない方程式である。

発言しているのは命ではなく、自我とか意識と呼ばれるものなのだから。

 

この自我が自我を否定したり

悲鳴を上げているだけだということに

本当は感づいているのだ。

 

命はいつも「生きたい」と望んでいて

生きる道を探り続けていると思う。

生きることが苦しければ

命は勝手に死を選ぶこともある。

 

命があること事自体が

私にとって、生きたいということと一体で

生き続けることを最上の価値としているに違いない、と私は思う。

 

しかるに、「死んだほうがマシ」という私の自我は

本当は何かから逃げたいだけで

逃げることで生きやすくしたいだけなのかもしれない。

だから「死んだほうがマシ」という自我を

私は適当に無視する。

 

「死んだほうがマシ」という私の言葉を聞いたら

がっかりする人や怒る人もたぶんいるだろう。 

人は、人に、生きて、貢献や罪滅ぼしをしてほしいと願っているのではないか。

 

そういう私も「死んだほうがマシ」と言っている友人がいれば

がっかりしたり、怒ったりするだろう。

励ましたりすると思う。

 

私はよく自分を「万死に値する」と思う。

それくらい人に迷惑をかけてきたと思う。

迷惑をかけたり、人にいろいろとしてもらったり、

そういうものを全部お金で返すとしたらどうなるか。

このあいだ計算してみた。

 

計算したら30億円を超えていた。

もちろんお金には代えられないものは除いた数字だ。

 

生きているということは借りを作ること

生きているということはその借りを返していくこと

誰かに借りたら誰かに返そう

誰かにそうしてもらったように誰かにそうしてあげよう

 

これはうろ覚えだが、永六輔さんの歌詞。

中学生の時に一度聴いて鮮明に記憶に焼き付いた。

 

死んでる場合じゃない!

 

命さんが生きようとしている限り

嘆きを発しつつも

返していくという苦行は続けなければ。

苦行の果てになにもないとしても。

 

それが生きることかもしれない。

思いがけずいいこともあるかもしれない。

 

南武線の踏切

生きていくことをつらく感じる時

 

自分の命が悲鳴を上げている時

 

このようなときは詩を書くチャンスでもあります

 

感性のアンテナがに日常生活モード(平穏モード)から

違うモード(探求モード)にきりかわっているからです

 

そんな時はおいしそうな食事も、かえって自分を責めるものに感じられたり

風景のきらめきや素敵な人も

手の届かないよそごとのように思われるかもしれません

 

孤独に隔離された自分が

自分以外を分離して見てしまうからなのでしょう

 

そんな時

詩を書くというのは、どんな効果があるのでしょうか。

 

まあ、なぜそんなものを書かなきゃいけないか、とはここでは考えないでください

 

いい詩を書くチャンスがやってきているのですから。

 

詩を書くと、それは自分の外に自立して

自分の味方になってくれる効果があります。

ときには、自分の前に仁王立ちして、ときにはひっそりと

自分を守ってくれるのです。

 

孤独に苛(さいな)まれているとき、

自信を失って生きている意味がわからないと感じれれる時

その理由を書き出してみましょう

 

思い当たることを

次から次へと吐露していきましょう。

 

そこには普段、感じていながらも、めったに見られない

新参者の言葉がでていることがよくあります。

 

そして、その新参者の言葉は、

他人にとっても新しい発見をもたらすものであるに違いありません。

 

詩人が孤独の沼の水を汲み出し、

そこから初めて出てきた泥は

虹色に光っているかもしれないのです。

 

虹色に光る泥は

この世に生きるすべての人の魂の中にも在って

それは呼び合い、語り合います

 

詩人の知らないところで。

そんなことがおこるのです。

 

そしてその言葉は

将来、書いた詩人自身にも語りかけ

いろんなヒントを与えてくれるでしょう。

 

 

詩でラブレターを書くと…

テーマ:

詩のラブレター

 

ラブレターという言葉。

随分直截的(ちょくせつてき)で情緒ありませんが、

きっとこの単語が作られたとき、

甘美でロマンティックな響きを

人々は感じていたでしょう。

 

ラブレター、書いたことがありますか。

それは、好きな人に向けて、

たぶん、私は貴方が好きだという告白と、

自分を知ってもらいたい、よく見せたい、という意図が

ミエミエの文章だったかもしれません。

 

私も、詩を連ねてラブレターを出したことが何度かありますが、

のちに「あのときは引いた」と

打ち明けられたこともありました。

 

表現には目的がある

 

ラブレターは告白する、という目的が第1ですが

それを渡すこと自体で告白になりますから、

ラブレターの第1の目的は、

儚くも無意味となっていることがほとんどです。

 

ですから、重要なのは「その他の」目的ということになります。

つまり

1 自分(と、愛するあたなに努力)を知ってもらいたい

2 自分はいい人間で、あなたにとってオトクな人であることをわからせたい

3 具体的に次のアクションにつなげたい

こんなことであろうと思われます。

 

実は、こんな時

理屈っぽくない、さりげなく自慢話を盛り込めむのに

詩は最適なのです。

 

愛する相手を唯一の読者として、

相手を包み込む宇宙を、その時間と恩恵までもを

詩人の手によって手渡すことも可能なわけですから。

 

詩を書きましょう

 

詩でラブレターを書くという目標が設定できたら

あとは企画を考えて書くだけです。

「なんとなく恥ずかしい」と思う方も

大勢いると思いますが、

愛する人を前に恥ずかしくないはずがありません。

 

恥ずかしければ恥ずかしいほど

それはだれにも真似出来ないものなのです。

 

ということで、

ドン引きされることもよしとして、

詩で告白しましょう。

 

日本最古の文芸も

「相聞」という恋の歌でした。

平安の貴族たちも

詩歌でラブレターを書き、送りました。

 

よく読むと、赤面することも書かれていますよ。

それを言うか、ってなことを

平然と、

むしろ堂々と言っています。

 

ある意味、この開き直ったパワーは

人に感動を与える基本かもしれません。

 

恥ずかしがっていては

カラオケだってそうでしょ!

 

表現の基本は

恥を承知で言い放つこと、と心得てください。

それがスタートラインといってもいいでしょう。

 

 

 

無料メルマガ

週1回から月1回程度です

ぜひ購読ください

詩を書いて言葉を味方につけるメール無料講座の購読申し込みはこちら

 

 

 

詩を書くと、心が軽くなる

テーマ:

*ためすぎると重くなる

 

心のなかにいろんな思いを溜(た)めすぎると

当然重くなります。

重くなって、折り重なって

向こうが見えないほど

濁ってしまいます。

 

風や光を通さなくなります。

 

詩を書くことは、

心のなかに溜めたものを出すことです。

 

 

*出し方がわからない

 

でも、詩はどうやって書いたらいいのでしょう。

 

吐き出したい思いをどうやったら

吐き出せるのでしょう。

 

それには方法があります。

 

いちばん、簡単な方法は

「思わずもれた」言葉をまず書き留めて

それに続けて書いていく方法です。

 

たとえば、夕日を見ていて

「なんて美しいんだろう」と

思わず言葉がもれたとします。

放っておくと続けて言葉が出てきます。

「私の生き方に比べて

 夕日は、

 なんて多くの人に感動を与えているのだろう」

それを迷わず書き留めます。

つまらないと思ってもとにかく書き留めます。

 

そして、そのつぶやきから

続けていきます。

 

「なんて美しいんだろう。

 私の生き方に比べて

 夕日は、

 なんて多くの人に感動を与えているのだろう」

「あーあ、こんな私でもお腹が減る。

 悲しいことを忘れてノウテンキに

 グルメレポートするときもある。

 つまらないことばかり。

 最近笑うことも泣くことも少ない」

 

たとえば、このように心が語り始めたとします。

そうしたら今度は

そこから単語をひろって掛け合わせてみます。

 

「夕日」×「忘れる」

 

そこから連想するものを書いてみます。

 

「宿題」

「好きな人の顔」

「小さいころ」

「下校」

「お母さんのあたたかさ」

「影を踏んで遊んだこと」…

 

言葉が「無意識」のところから引きずり出されてきているのが

感じられれば、もう詩を書いたも同然です。

 

「グルメレポート」×「笑う」

 

「テレビは見飽きた」

「友だちとテレビの話ばかりしてた」

「テレビを消す」

「飽きたよ、もう」

 

心から「何か」が

繋がって行列して出ていきます。

 

そうして出てきたものを

ブロックを組み立てるように組み立て

整えたものが

詩の作品というわけです。

 

 

*詩の作品より、詩を書こう

 

心のなかかにあって、

とりとめがないけど大事なもの、

日常で、外に出すのがはばかれるもの、

そういうものを

いつも出すのが上手な人と下手な人がいます。

 

詩を書くことは

心が重くなりすぎないように

そういうものを出して、

自分の美意識にかなう形に昇華することです。

 

だから、「詩作品」にならなくても「詩」を書くことは

心を軽くし、

心の縛りを解きます。

 

ぜひ、

あなたも詩を書いてみてください。

 

 

 

 

無料メルマガ

週1回から月1回程度です

ぜひ購読ください

詩を書いて言葉を味方につけるメール無料講座の購読申し込みはこちら

 

札幌でポエトリースクール(現在はポエムファクトリー)を始めたことから、札幌でさまざまな奇跡的な出会いがあり、こんな本を私の出版社・ポエムピースから今月14日に出しました。存在感ある灯火のような絵本です。おとなにも読んでほしい!

詩を読むということ

テーマ:

詩を書きたい皆さんへ

詩を読むことも勉強になりますよね。

 

では、詩を読むということ

どういうことでしょうか。
 
どんな気持ち?
 
私にとっては、
「懐かしい場所に出かけていこと」と
似ています。
時空を超えて旅行ができるわけです。
 
その方法の一つをご紹介しましょう。
 
まず、好きそうな詩集を手に入れて、
詩を読んででみます。
1つ目の詩はウオーミングアップです。
 
詩の世界に入るために、
詩の持っているスピードを自分のスピードを合わせます。
むずかしく考える必要はありません。
自分にとって心地よい速さで読めばいいだけです。
ただそのとき、内容を理解すると同時に
イメージをしながら読んで下さい。
(内容は理解しなくても、感じられれば結構です)
 
2つ目は
詩の風景を
自分が過去にみた情景を重ねてみます。
 
脈略がなくても、素直に、思い出した情景と
ただ重ねてみればいいのです。
 
私には、
「背伸びをして
幼いころの自分の家の庭を
垣根越しに覗いてみる」ような感覚です。
その情景が
目で追う詩の行の上に重なります。
 
しばらく読んでいると
その詩は間もなく終わりますので
次の詩を読みます。
 
するとだんだん
情景が風景に包まれ
自分もその世界に溶け出します。
 
そうして
詩を読む行為は
背伸びをして垣間見た懐かしい世界への
トリップになるのです。
 
その懐かしい世界で
未来の自分に出会うかもしれません。
 
過去の情景の中で
未来を見つけるわけです。
 
これは
筆舌に尽くしがたい
体験であるといえます。
 
 
 
そして、そんな感覚を詩にしてみました。
 
 

生徒さんの作品を講評していたら虹が出現

 

 

つま先で立ったのは

 

つま先で立ったのは

未来をながめてみたかったから

 

つま先で立ったのは

なつかしい場所にいってみるため

 

つま先で立ったのは

背伸びをしてみたかったから

 

つま先で立ったのは

くちびるの高さを合わせるため

 

つま先が考えたのは

きみとぼくの未来のこと

 

つま先が考えたのは

きょうまで歩んできた日々のこと

 

つま先が考えたのは

もっと遠くへ行きたいということ

 

つま先が考えたのは

一人で行かなくてもいいということ

 

そうすれば

こわいことなどないということ

 

 

 

無料メルマガ

週1回から月1回程度です

ぜひ購読ください

詩を書いて言葉を味方につけるメール無料講座の購読申し込みはこちら

 

 

 

書いたものは自分の味方?

テーマ:
 

 

 

 

 

花作家 橋本和弥

写真 野口勝宏

詩 マツザキヨシユキ

 

 

 

毎日書く

 

数年前、私は毎日1編の詩を書いていました。

約3年間、来る日も来る日も詩を書きました。

そして書いた詩をブログに載せました。

 

載せているうちに読者がついてきて励みになり

どんな日でも必ず24時までに詩を載せることが

喜びや自信にもなっていきました。

 

同じ頃、人から頼まれて

花の写真に毎日詩をつけるということも

始めました。

毎日送られてくる花の写真に詩をつけて

翌朝5時までに送るのです。

するとその詩は花の写真とともに

ネットに掲載されました。

福島の野山に咲く花でした。

 

花は福島の花作家・橋本和弥さんが

ほぼ毎日地元を歩いてで調達、スタイリングして、

写真はご近所に住む写真家、野口勝宏さんがスタジオで撮影しました。

橋本さんがもともと背景のない花の写真を撮るアイディアを実現したいと思っていたところ、

野口さんと出会い、意気投合して協業で制作を始めたものでした。

そしてそれを広めるために、花と一緒に

毎日詩を掲載しようということになったのです。

 

私は「福島の花を広めるプロジェクト」立ち上げの一員になって、

福島の花の美しさを広めるために

「自分にできる、復興ボランティア」のような気持ちで臨みました。

 

やがて作品が多く生み出されると、

作品は一人歩きをはじめます。

 

本になった詩は

人格をもったように一人歩きを始めました。

 

毎日詩を書いていたことは

もう昔のことのようですが、

今も自分に影響を与え

創作者としての経験、糧になってると感じます。

 

ブログに載せるために毎日書いた詩

花を広めるために書いた詩

それらは違う顔をもっています。

 

いま、それらの作品を眺めるとき

2種類の詩どうしは、いわば兄弟のようですが、

それを生み出した私に

親の自覚はありません。

むしろ自分の一部のように思われます。

 

詩は生むものではなく

自分を分割する行為なのかもしれません。

 

そして自分の分身は

自分を監督していて

自分を叱咤激励します。

 

そんな不思議な感覚を

時を経て

詩は与えてくれます。

 

毎日、詩を書くことは特別なことです。

でも

だれにでもできることですね

 

 

 

無料メルマガ

週1回から月1回程度です

ぜひ購読ください

詩を書いて言葉を味方につけるメール無料講座の購読申し込みはこちら

 

 

詩人の気合

テーマ:
自分が書きたいように書くことはいいことです。
ただ、
書きたいように書くことがむずかしいと感じている人の方が多いです。

書きたいように書くことがむずかしいのは
思うように筆を進めるには
想像的思考力が必要だからです。

ひらめきや表現技術が足らずに書き淀んでしまうこともあるでしょう。
時には語彙力がない、なんて嘆くこともあります。

しかし
嘆くことはありません。 

好きな作品を真似して作ればいいのです。
好きな作品には好きな理由があります。
その理由を探求し、
真似してみましょう。

真似して、
自分の感覚を活かして書きましょう。
真似してるうちに、 
真似しなくてもいい部分や
自分なりに書きたいことが出てくるはずです。

私から見ると、
たとえは俳句は誰もが真似して創っているように思われます。

みんなが、5・7・5という音数を意識してやっているわけですから。
しかし、5・7・5で俳句を書いても、だれも、松尾芭蕉をパクってる、という人はいません。
季節を同じ季語を使って詠んでも、
差し支えありません。
あたりまえですけど。

私たちが普段書く口語自由詩にしても、
だれかのスタイルを真似しても
差し支えありません。

仮に真似するつもりなく書いていても
だれかの作品に似てしまうことがあります。

さあ、でも、そこからが力技です。
力の見せ所、
詩人の気合です。

肩の力を抜いて、こわれそうに漂っている
知らん顔の言葉を
雪のひとひらを掴み取るように
ふわっと掴み取り
そこに加えましょう。
うまくまざらなくてもいい、
といった感覚です。

だれもみたことがないような
組み合わせですから。

雪が溶けたとき
そこにあなたの刻印が残ります。
そこがあなたの詩の存在証明になるはずです。

詩ができた瞬間は
詩人も詩を前にたたずむ読者となります。



無料メルマガ

週1回から月1回程度です

ぜひ購読ください

詩を書いて言葉を味方につけるメール無料講座の購読申し込みはこちら


本で読むのもいいけれど、このリフィルで読むと
詩の言葉に集中できて
深く鑑賞できるような気がします。
 
私が5年かけて作った
新しい詩集の形をぜひ手にとって見てみてくだい!
 
 
 
 
 

昨日の北海道新聞に

私が講師を務める札幌ポエムファクトリーが出版した

「愛のカタチは詩のカタチ」の記事がのりました。

地域によって違う見出しで出ました。

 

ぜひ記事を読んでみてください。

 

 

 

 

 

「詩を書くことで気持ちが整理できた」

「自分の心をさらけだせた」

 

たしかにそうなのかもしれません。

素直な感想を拾っていただけたのかもしれません。

 

詩集に参加した人は皆さんとても熱心で

他の参加者たちに「伝えたいことが伝わるか」「いい作品に仕上がるか」

さらには「自分のキャラ(テーマ)が表現できるか」

「自分が書こうと意識した以上のものが書けるか」

など、講座の時間は自然と真剣勝負の場に。

ウける作品を書くことで、読者の期待や欲求も高まります。

 

そんななかで、

驚くようなことが起こることがあります。

自分が書いたものが、まったく意図しない読まれ方をして

好評を博すこと、

それから

発想法によって書いて(この講座のウリでもあります)

思わぬ「いいもの」が書けてしまうこと。

 

これは、天からのプレゼントかもしれません。

と思えるような現象です。

驚くと同時に、これでいいのか、と、一瞬たじろぎます。

 

もちろん、それでいいのです。

その言葉は、たしかに作者から出た言葉なのですから。

 

書き手(送り手)と受け手との関係で、言葉は「表現」になり「作品」にもなります。

 

受け手が思い通りに受け取ってくれるとは限りませんが

その、受け手の自由を尊重することにも馴れなくてはいけません。

 

そして、いい詩を書く時、

自分もまた自分の第1の受け手であることを身につける。

 

これは詩人としての自己を確立することでもあるでしょう。

 

 

無料メルマガ

週1回から月1回程度です

ぜひ購読ください

詩を書いて言葉を味方につけるメール無料講座の購読申し込みはこちら