2007-09-22 07:27:28

ウエディングキャンペーン(「私の結婚遠征期」)

テーマ:スエ
久しぶりに、更新.........org

以前からチェックを入れていた、韓国女優スエ主演のドラマ(映画)を紹介。韓国題名は、「私の結婚遠征期」で、日本名は、ウェデイングキャンペーンとなっている。既に日本でも、DVDになっている。

内容は、韓国名の題名の通りで、農村に住む韓国青年が、結婚できずに海外にお見合い旅行に行くというストーリーである。日本でも、農村の過疎化と共に、農家にお嫁にくる女性が少ないので、中国系の女性とのお見合いを提供する業者が存在するわけで、ビザ目的で、法的な処理が終了した時点で消えていくという社会問題が起きたが、韓国も似たもんなのだなという事で、なかなか興味深い。

この映画の場合、ウズベキスタンにまで、お見合いの遠征に出かけるという展開だが、ウズベキスタンは、冷戦時代にソ連配下に置かれていて高麗族(朝鮮族)が多いという説明で、要するに、在日ならぬ、在ウズベキスタン韓国人が存在するという流れである。歴史好きの私にとっては、なかなか興味深い展開である。

ウズベキスタン側で、お見合い会社で働く女性のララ役が、スエなのである。そして、田舎育ちの農家青年でウズベキスタンにまでお見合いをしにくるマンテク役が、チョン・ジェヨンである。

ララマンテク

マンテクは、随時、現地の女性をお見合いしていくが、それまで、女性とマトモに話をした事のない農家の青年なので、いっこうにうまく行かない。周りの人は、次々にカップルが決まっていくが、彼だけはいっこうにまとまらない。

そんな、女性の気持ちをわからないマンテクを主催者側のララは、歯がゆく、彼につらく当たるが次第に、彼の素朴さを発見する。また、マンテクも、母のような強いララに途中からぞっこんになってしまう。

そんな中、実は、ララは、北朝鮮の脱北者で、ウズベキスタンに密国していたことが発覚する。

キター!!!!!!

もう、これは、北絡みの私の最も好きなパターンである。

しかも、この業者が不法な見合い業者だという事が韓国公安から伝えられ、即日、お見合い遠征組みは、(マンテクを含む)は韓国に強制帰国を命じられる。

そして、2人は離れ離れに・・・

そして、ドラマは、クライマックスへと・・・・・

これ最後は、ハッピーエンドなんですが…

かなり、感動します。韓国映画は、当たりはずれが多いのですが、これはやばいです。

★★★★★です。夫婦で爆笑してしまいました。

全体的には、コメディーなんですが、無条件で楽しめます。

マンテク役のチョン・ジェヨンもかなりはまっていますが、スエの演技がやはり、光ってます。今、韓国女優の中で上位じゃないですかね。演技的のうまさでは。やはり、海神で飛躍したという感じでしょうか。


他のブログでは、余り紹介されていないのでおすすめしときます。家族でどうぞ。



ウエディングキャンペーン

アマゾンで詳細が見れます。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。