2つの出版社/社長のブログ

ポエムピース、みらいパブリッシング
何故か2社の出版社をやっている出版社社長のブログ
**「本のレビュー」「出版を目指す人への情報提供」 2つテーマで更新されます**  ー松崎義行ー

メルマガ登録はこちらから(本を出したい人のためのメルマガです)
https://www.reservestock.jp/subscribe/82756

テーマ:

 

出版社は著者の相棒

 

amazonでは売れ筋ランキングというのが発表されています。

自社の本が発売されると、当然、

気になって何度も覗いてしまいます。

 

きのう(3月9日)発売になった

「JASRACと著作権、これでいいのか」城所岩生・著

今朝、部門別のランキングで1位に入っていました。

 

本全体のランキングでは5000位台。

私としては20000位以内に入ると、

よく売れている、という判断をします。

(大型書店では20万点ほど売り場にありますから)

 

amazonで1位になると

多くの人に知られる機会が増えます。

また、出版社もその情報をつかって営業を仕掛けます。

 

この本は、いま話題になっている

「JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収しようとしている問題」に対して

さまざまな意見と材料を提示するものです。

 

著者はアメリカの弁護士で、著作権に詳しい方。

何冊も本を書いている方です。

 

しかし、この本が出ることは誰も知りません。

(もしもちろん著者の周辺は別として)

 

新しい本を市場に投入して

その存在を「初めて」知らしめて、購入してもらう

それには、大変な長い道のりと苦労があることはは想像できるでしょう。

 

本の存在を知ってもらい、

それを必要とする人に読んでもらうために

さまざまな努力をしますが、

出版社としては、まず著者が一番の頼りです。

 

著者のアイディアを活かしたり

ルートを活用したりすることが最も効果的です。

 

ある程度「知られる」ようになれば、

・地道に書店在庫を切らさないようにする

・いい場所で扱ってもらう

・広告で訴える

・扱っていなかった書店にアプローチするなど、

いろいろな手が打てます。

 

しかし最初は、

著者の出版動機に共鳴する知人を味方につけ、

PRすることが

一番大事です。

 

逆に、ここが盛り上がらなければ、

応援しようとする人も

白けてしまいます。

(私も不安に感じ、場合によってはやる気を疑います)

 

そういうわけで

著者とともに本の広め方を考えていくわけですが。

 

味方や仲間をつくり、

競合に勝って出版界で生き残る本になることが

著者の表現・言論活動を支えていくことになります。

 

本は著者次第で

その生命を永遠に伸ばすことができます。

それは、存在し続け、流通し続けることです。

 

出版社はそれをサポートする

相棒みたいなものだと思います。

 

 

 

メルマガに登録して

情報GETしてくださいね。

(無料でたまに発行しています)

https://www.reservestock.jp/subscribe/82756

 

 

P.S.

「JASRACと著作権、これでいいのか」は

発売間もなく大増刷が決まりました。

楽器店などあたらしいルートからの注文が

部数を押し上げました

 

 

 


テーマ:

絵本を作りましょう!

 

私、絵本を作るの大好きです。

 

いままで作った絵本は

いま見てももちろん良いものがたくさんあり、宝物のようです。

 

絵本を作るのは「コツ」があります。

そのコツを、すでにもっている人は

自分一人でいい絵本の原稿を作ることができます。

 

しかし、そのコツを知っている作家は意外と少ないのです。

そこで、

編集者との二人三脚のようなかたちで、

いい作品のに仕上げていきます。

 

絵と文が

両方最初から完ぺきな人はまずいません。

 

とてもいい絵でも、

真ん中に一番見せたいものがあると、

本のノド(綴じ代)に食い込んで見にくくなってしまったりします。

 

文だけを読んでいい作品だとおもっても

絵と併せてみるしつこい感じがしたり、

絵がいらないじゃないか! みたいなことがよくあります。

(絵に譲るべきは譲らねくては、バッティングしてしまったりします)

 

ちょうどいいページ数というのも難しいと関門です。

多くの絵本は8の倍数、24ページとか32ページでできています。

 

経験豊富な編集者は絵本を作るコツを知っていますので

絵と文をいったりきたりして鑑賞しながら

ほどよいバランスと化学変化を導き出していきます。

 

その結果

文は短くなり

絵はの説明ではなくなります。

 

そんなコツを学ぶ機会を

私、札幌の俊カフェで偶数月にやっていますが、

東京、大阪でもやることにしました。

 

メルマガに登録して

情報GETしてくださいね。

(無料でたまに発行しています)

https://www.reservestock.jp/subscribe/82756

 

 

人気の絵本

「おばけのまめ」↓ カバーが暗闇で光る限定版がとても評判(おとなが大喜び)

お話の最初。おばけのまめをもらうシーン

 

 

 

 

 

「ぼくにできること」

こちらの児童文学は装画の評判もよく、作品の世界を広げています。

 

NHK「おはよう日本」で3月2日に紹介され、ジャンル1位にランクインしました。

パブリシティは本を売るために重要です〜

 

 

 

 

 

 


テーマ:

2018年1月29日にみらいパブリッシングから「ぼくにできること」を刊行しました。

発売されるやいなや、

たくさんのメディアで紹介され、今もNHKが密着取材中です。

 

この本は、

声と体の自由を失った著者が10年かかって書き上げた児童文学です。

 

2人のお子さんのため、できることはないか、

そう考えた末に思いついたのが

「自分の子どもの頃のわんぱくで痛快なストーリーを

おもしろく書き上げて、子どもに読ませる」

ということでした。

 

私、去年の夏、新幹線で原稿を読みながら、土屋さんに会いに向かう時

心臓がバクバクして、涙が湧いてきました。

 

そして会うなり、この原稿を本にしましょう、と

言い寄ったのです。

(本当は俳句集を作りたいと

おっしゃっていたのです。

原稿は読んでみてくれますか!という軽い感じで送られてきたので

新幹線で初めて読んだのです)

 

この本は、とてもすばらしい本です。

子どもには夢と勇気、

この世のおもしろさやむずかしさも

感じられることでしょう。

大人には、それプラス懐かしさ・・・・)

 

装画はMariya Suzakiさんにお願いしました。

(飛行場の通路を歩きながら依頼していたことを思い出します)

 

なんだか胸騒ぎする作品だったのです。

製作中も胸騒ぎしていました。

きっと土屋さんの命の力が作品を媒介して感染ったのでしょう。

 

Mariyaさん、最初の絵がスマートな男の子だったので、ぽっちゃり型にしてほしいと土屋さんから要望があり、

かわいい男の子の絵になりました。平成生まれのイラストレーター、いい距離感で物語飾ってくれました。

 

著者も積極的に本を広めるために

発売前から動きました。

公式ホームページの作成、

発売記念コンサートの企画などです。

 

その過程でテーマソングも作り始めました。

(著者は車椅子のシンガー・ソングライターだったのです)

 

発売された本をめぐり

さっそく幾つもメディアから取材依頼が入り

ネットを含めると数十の記事がのりました。

準備万端

ネタには事欠きません。

 

このほん、もっともっと広めていきます。

 

 

 

プレスリリースの冒頭部分↓

 

土屋さんが小指を動かして作った公式ホームページ

http://ryu123.net/about.html

 

みらいパブリッシングホームページ

http://miraipub.jp/news/朝日新聞で紹介されました「ぼくにできること」/

 

 

 

たま〜に発行する無料メルマガ

ぜひ登録してみてくださいね。

https://www.reservestock.jp/subscribe/82756

 

 

 

 

 


テーマ:

繰り返し読んだ

(正確には読んでもらった)

本。

 

なぜ繰り返し読んだのか。

それは

人生のテーマと合致していたからです。

 

宿命とでもいいましょうか。

生まれたときに決められていた(授かった)役割を

勉強するために、自然に

その本を繰り返し読んだのではないでしょうか。

 

私の場合も、いくつかありますが

5歳のときにこれを繰り返し読みました。

 

 

 

滴が空から落ちてきて

また水蒸気になって登っていく。

そしてまた落ちてくる。

この循環に

私は自分の生きるテーマを見たのだと思います。

 

幼稚園に通う前に、毎日

お湯をコップに入れて

窓辺に置いて出かけました。

 

そのようなことを

いまも出版を通じてやっているような気がしてなりません。

 

この本の著者の名前は未だに憶えられません。

マリア・テルリコフスカ さく

うちだりさこ やく

ボフダン・ブテンコ え

とあります。

 

今ここに書き写すのも一苦労です。

 

でもこの本は

私の手元にあるけれど

自分の内側(なか)にあるようです。

私自身とつながって一体となっているようです。

自分自身が「しずくのぼけん」をしているようなのです。

 

この本との出会いは

当然この本の著者や出版社とも出会いでもあります。

そして何かの出発点であり

道のりであるような気がします。

 

私が最初に出会ったこの本は初版本でしたが、

いまや100版をこえています。

 

 

著者が来日したときに

お会いしてサインをいただきました。(ブデンコさん)

 

そういえば

私、デブゴンです。

で、一生懸命

絵本を作っています。

(作らされています)

 

 

 

たま〜に発行する無料メルマガ

ぜひ登録してみてくださいね。

https://www.reservestock.jp/subscribe/82756

 


テーマ:

プロの作品は

安定感があります。

期待通り

だったり、期待をちょっと上回っていたり。

 

さすが、プロ! と思うわけですが…

 

プロの悩みは

一定レベル以上のものを出し続けること。

続けて期待を裏切れば、

職を失うことにもなります。

 

新人は、なりふりかまわず全力でいけます。

新人は、好きにやっていいわけです。

思い切り、やりたいことをやりたいように、

しかも「出し切って」しまっていいのです。

 

出し切ったあとに充電したり

作戦を考える

といいことでいいです

 

本を出すと

ファンが増えることはあっても

減ることはありません。

味方が増えます。

(敵も増えます)

 

新人が余裕をかまして

出し惜しみしたり

姑息なことを考えすぎ見透かされてしまえば

見向きもされず、残念な結果だけが残ります。

自分の成長もありません。

 

私がいうのは

素人の1発芸をやれということとは違います。

本気の1本勝負をしてほしい

ここ、重要です。

 

私は編集者として

本気の1発勝負、

力を出し切る挑戦を応援します。

 

なぜか私は、プロの本より

新人のデビュー作のほうがヒットが多い編集者なのです

 

 

札幌の詩の発信基地、

私の出版社でも応援している谷川俊太郎さん公認「俊カフェ」に集う

詩人たちが本気で勝負を掛けた1冊。

 

間もなく発売です。

 

 

 

たま〜に発行する無料メルマガ

ぜひ登録してみてくださいね。

https://www.reservestock.jp/subscribe/82756

 


テーマ:

本を出すということは

だれにも強制されることではありません。

 

出さないのも出すのも

当人の自由な意志によるもの。

 

私は、15歳のときに最初の本を出しました。

 

詩の投稿少年だった私は、作品が溜まってきたら

自然に出したくなったのです。

当時の言葉で言えば「暗い」目立ちたがり屋であったわけです。

 

塾の先生にどうやって本を作るのか

教えてもらいました。

先生は東大の哲学科をでて、

ちいさなアパートで近所の中学生を集めて塾を開いたいたのです。

その先生に、詩を見せて「書評」というものをもらいました。

切り取られたB5のノート20枚ほどです。

これは宝物でした。

 

先生に本の作り方を教えてもらったといっても

近所の印刷屋を紹介されただけです。

 

高校の授業が終わると自転車で

その印刷屋に原稿をもっていきました。

 

編集は見よう見まねで、好きな詩集や本をパクりまくったものでした。

それもあって、

序詩、目次、目次のタイトル下に紹介文、季節の流れで編集、もだんなパラパラ漫画のような模様(美術の先生に頼んだもの)、組詩、跋文(ばつぶん=塾の先生)、あとがき詩、と

企画性が溢れんばかりのものになりました。

 

それほどやりたいことが

たくさんあったのだと思います。

 

この欲張りな詩集は(著者の名前を表紙に入れ忘れてしまったのですが)

学校の友だちがこぞって買ってくれて、

たくさん売れました。

出版の魅力に取りつかれてしまったのです。

それで、書店営業に言ったりもしました。

 

出したいから出す。

それが自然であれば、悩むことは少ないでしょう。

向こう見ずな挑戦も

だれも止める人はいません。

 

それは幸いなことでした。

やりたいことをやりたいようにやる。

それは、だれにも頼らず「自分だけでやる」初心者の特権だったのかもしれません。

 

いや、ちょっと言いすぎかもしれません、

助けてくれる人がいたことを

忘れてしまうほど「夢中な感じ」だったのです。

 

 

 

↑谷川俊太郎さんのシステム手帳リフィル型詩集の校正刷り。

ポエムピースで、こんな本?もつくっちゃいました。

 

 

 

たま〜に発行する無料メルマガ

ぜひ登録してみてくださいね。

https://www.reservestock.jp/subscribe/82756

 


テーマ:

・・・といっても、毎年、正月は掻き入れ時。

普段できない仕事をしたり、ごちゃごちゃに散らかった頭の中を整理したり、

普段より忙しいのです。それに加えて慣れない正月行事もありますから、お正月が終わるとほっとします。

 

1月は4冊から6冊の本が出る予定です。

この時点(1/4)でスケジュールが未確定なのは当社らしい。

大手なら、数か月前からがんじがらめに決められているのが普通です。

 

ニッチで、小回りがきく。

小さい出版社はそういう「いい加減」さがないと成り立ちません。

 

12月には4冊の本が出て、そのうち2冊はすぐ品薄になり、1

冊は増刷を発注するといううれしい誤算もありました。

売り逃しの機会損失を避けつつ、適正部数を刷るのはとてもむずかしいのです。

 

すぐに増刷になった本は、

著者の広報力の勝利といっていいかもしれません。

著者がブログで告知を始めると同時にamazonで売れ行き好調のランキングに入り、

2位まで上り詰め、

それを見た書店から追加の注文も入りました。

その勢いは勢いを呼び、発売13日目に増刷決定。

書店でもいい位置に並び、1月に入った現在も総合の1000位〜5000位台をキープしています。

20000位以内をキープできる本は、大変優秀な売れ行きといえます。

 

著者の分身である本に、

愛情を掛けて育てることが、

出版社はもちろん、著者にとっても幸せにつながります。

 

この本、本音バシバシで手に取った瞬間、しびれますよ!

 

さあ、次の本にも愛情いっぱい注ぐぞ!

 

 

 

『人生は壮大なひまつぶし ゆる~くテキトーでも豊かに生きられるヒント』

一名源・著

みらいパブリッシング

 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/poempiecestore/00120.html

 

 

 

メルマガたまに配信します。登録してくださいね!

 

https://resast.jp/subscribe/82756

 

 


テーマ:

原稿を拝見します!
ポエムピースの出版ラインナップにくわわりませんか。
著者ご自身でも本を広める自信のある方はとくに大歓迎。
ジャンルは詩、文芸・エッセイ、絵本、写真、イラスト、アート、作品集、啓蒙、スピリチュアルなど。
映像作品やイベント、本以外の制作物と併せて企画したものもオーケーです。
小部数の企画でも、費用をご負担いただければ出版可能です。
とにかくなんでもご相談ください。

Tel 03-5913-9172
mail@poempiece.com
東京都杉並区高円寺南4-26-5 YSビル3階 〒166-0003
担当 松﨑義行(社長・編集者)
原稿募集

 


テーマ:


2015年12月8日、新刊、「笑ってみ。それだけで楽になる」麻生愛里沙・著を刊行しました。早速、尾藤克之氏により、Yahoo!ニュースで掲載されました。
在庫ありです。ご書店にない場合は、下記まで。注文後、すぐに出荷いたします


http://poempiece.shop-pro.jp/?pid=95973113

arisa

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。