福岡 発達支援セラピスト あんひろこのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:


{CFFEFAA5-8C6F-459F-B060-7995FE816885}

発達支援コーチのエクササイズの中に「湧泉と労宮を指で触れる」というものがあります。

本当に、ただ指で触れるだけのシンプルなものなのですが驚くほど身体が緩んで気持ちよくなってきて、寝てしまう人、続出のエクササイズです。

寝てしまう方が多いので、相手からの「もういいです」が聞けないので、どうしようかなと思っているときにあることに気づきました。

調ってきたな…と思う頃には、トクントクンと触れているところに脈が感じられるようになってくるのです。

なので私は、寝られた方に関しては、このトクントクンを目安にしていて、両足もしくは両手の脈が揃ったら次のポジションにいくことにしています。

そのことを意識するようになったときにまた、あることに気づきました。


脈を感じようとしている時って、全身全霊で相手のことを感じているんです。

ただひたすら、相手の身体の声を聴いている。

呼吸のリズムも相手の方と同調してきて、まるで一つの身体になってしまったかのよう

そのときにね、思ったんですよ。

私は、こんな風に子供のことを感じたことがあったかな?と…

親は子供を思うあまり、あれもしてあげなければ、これもしてあげなければ。

あれもできるようにしないと
これも教えなければ

何だか、不安や義務感から、与えなければと必死になっていることはあっても、

子供の心や思いを感じたり、受けとることはあったかな?と…

お友達と仲良くできない
落ち着きがない
ワガママばかり言うなどなど…

そんな時、「どうしたらいいんだろう?
何をしてあげたらいいのかな?」

そう考えることはあっても

「この子はその時に何を感じているんだろう?

と考えることはほとんどない気がします。


だけど人は、与えられることよりも、今の自分をありのまま受け取ってもらえることの方が心が満ちてくることの方が多いのではないか?


困っている時、悲しい時、むやみに「大丈夫大丈夫!〜したらいいよ!」と今の自分の心を感じとってもらえぬままアドバイスを与えられると何だか微妙な気持ちになりませんか?

アドバイスを与えてもらえることはありがたいけど、何だか心がスッキリしない。

それよりも「そっか…悲しかったんだね…」と心を感じてもらう。
そうすると、「自分の痛みを同じように感じてくれてるんだ。」とアドバイスなんかもらわなくても力が湧いてくる。

そんな経験を皆さんもしたことがありませんか?


このエクササイズをしていると、いつもそのことを思うんです。

与えることばかりを考えていたなって
もっと、相手を感じよう、受け取ろうって。


そうしてエクササイズをしていると、不思議と自分の心が穏やかになって、静けさで心が満ちてきます。

与えることは「我」
受け取ることは「無我」

どこまでも無我の境地で相手を感じることで、その人にとって本当に必要なものを与えることができるような気がします。

まだまだ修業中ですがあんぐりうさぎ

このエクササイズは、
与えることよりも
受け取ること、
感じることを大切に
子育てをしていきたいなと思わせてくれる大好きなエクササイズですつながる花1





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。