支援学級の教科書

テーマ:

こちらの支援学級では、普通学級で使うような教科書はもらえません。

交流で授業を受ける教科はみんなと同じものをもらえますが。

数年前までは、すべての教科でみんなと同じ教科書をもらえてましたが、変わりました。

それでも、小学校の時は、希望すれば実費を払ってみんなと同じ教科書をもらえていたので、そのようにしていましたが、中学ではそういう話もなく。

もらったところで、タロがどこまで活用できるのかはわからないけど。

小6までは、学年相応の学習をさせてもらってたし、力も付いていたのにな。

 

現在、中学でやっていること。

理科は栽培。

社会は都道府県や市内の地名(小3の妹が今、同じことを習ってるし)

国語は漢字と作文。

数学は、一応学年相応のことをやらせてもらってるようだけど、ちょっと足踏み状態。

英語はアルファベット。

4月からあまり進歩はない様子。

 

この前、タロの学習内容について先生と話した時に、どんな教科書をもらっているのか見せてもらいました。

 

 

 

 

これです。

タロは中1です。

算数は得意で、小学6年まで学年相応の勉強をしていて、力も付いていました。

それは、中学の数学の担当の先生も認めてくれているようです。

でも、与えられている教科書は、かずのえほん。

私の表情が曇ったことに気づいたのか、先生が慌てた様子で

「実際には使ってなくて、学年相応のプリントをこなしています」とプリントを見せてくれましたが。

使ってないなら、どうしてこの絵本?

ちゃんと使えるような教科書を与えて欲しいなと思うんだけど。

 

小学校の時にもらってたようなこんな感じの本はなかったのかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD