ポコマル日記

2012年9月11日生まれの足長マンチカンのポコ(♂)と、2013年7月3日生まれの折れ耳スコティッシュフォールドのマル(♂)と、2014年10月21日生まれの息子との日常をつづったブログです。

InstagramInstagramでもポコマルの写真をアップしてます(*´ω`*)ノ
よろしかったらぜひフォローをお願いします♪
http://instagram.com/pocoldy

テーマ:

第2子妊娠前から、次の出産は無痛分娩がいいなぁと思っていました。

 

第1子の出産の時は陣痛を味わってみたかったので普通分娩で出産。

 

まぁ痛かったです、陣痛。

 

陣痛室では夫と実母がいたので、ただひたすら無言で痛みに堪えていましたが、分娩室に移動してからは助産師さんと先生しかいないので(立会いはしませんでした)、プツっと何かが切れて、陣痛が来るたびに「いたいーーーー!!」と思いっきり叫んでました。

 

無言で痛みに絶えるよりも大声出した方が楽だと気づいたからです。

 

「いきんでいいよ!」って言われてからは、もう痛いっていうのも分からなくなって、とにかく必死にいきんでた感じです。

 

普通分娩を経験してわかったのは、「陣痛の痛みは耐えられる」ということ。

 

そして陣痛よりも辛いのが、産後の体力の消耗っぷりだということでした。

 

長男を産んだ日はアドレナリンがでまくっていたのか、体もそんなにしんどく感じず、「結構余裕じゃん」とか思ってました。(出産直後から熱が出てましたが…)

 

しかし、生んだ翌日以降から地獄の日々の始まりでした。

 

経験したことのない身体中の痛みとキズだらけになった会陰の痛み…。

 

排便もまともにできない状態でした。

 

そして初めての授乳で乳首は早々に切れまくり。

 

退院してからも、深夜授乳のために身体を起こすのが本当に大変なくらいあちこち痛くてもう泣きそうでした…。

 

私が長男を出産した頃とほとんど同じ時期に友人が第2子を無痛で出産し、「無痛おすすめだよ!」と言っていたこともあり、今回は無痛分娩を扱っている『レディスクリニック フォレスタヴェルデ』で出産することに決めました。

 

無痛分娩はお値段が高くなるのが心配でしたが、『フォレスタヴェルデ』では経産婦限定で、68万円で無痛分娩ができる『経産・無痛計画分娩コース』というのがあります。

 

このコースには下記のような制約があります。

 

・経産婦限定
・前日計画入院、産後4日目退院
・4人部屋限定
・子供との面会が不可(4人部屋は実子でも面会不可のきまり)
・出産育児一時金直接支払制度が使えない

 

『フォレスタヴェルデ』のサイト上でちゃんと紹介されていますが、病院では特にこのコースを案内されることはなく、自ら「サイトで見たんですけど…」と言って自己申告しました。

 

病院で行われた「無痛分娩教室」では「無痛分娩は特に経産婦さんに好評」だと先生が言っていました。

 

陣痛の痛みを経験済みの人にとっては、無痛分娩は本当に楽だと感じるようです。

 

2人目を生んだ後、退院したら2人の育児が休みなく始まります。

 

無痛で出産して、できるだけ体力を温存しておきたいという考えです。

 

特に私自身がすでにあまり若くないので、体力的に育児が大変だと感じる事も多くあります。

 

計画出産となるので、予定日よりも10日前後早く出産する事になりますが、いつになるかなぁ…。

 

保育園問題とも絡んでくるので、出産日がとても気になります…。

 

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。