柳家小きん オフィシャル・ブログ 小きん集

笑顔と幸せを運ぶ男!
しゃべるゆるキャラ 柳家小きんのブログです

     

NEW !
テーマ:
六月一日から十日まで、
池袋演芸場の夜席に、出演させて頂きます。

池袋演芸場
東京都豊島区西池袋1-23-1
エルクルーセビル
03-3971-4545
開演17:00 20:30終演
木戸銭 2500円(一般) 2000円(学生) 1500円(小人)
http://www.ike-en.com/info/index.html#access

私・小きんの出番は、17:45頃を、予定しております。
(終演後に、会食や面会を希望される方は、
前もって、ご連絡ください)

独演会と違い、持ち時間が短いですが、
寄席ならではの、リラックスした雰囲気を、
お楽しみいただけたら、嬉しいです。

ご都合がよろしければ、是非、いらしてください!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「お知らせ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨日、落語協会で開催されております、
「黒門亭」へ、出演させていただきました。

当日の番組は、以下の通りです。
       (敬称略)

一、たらちね    柳家 緑助
一、千両みかん  鈴々舎 馬るこ
一、らくだ      柳家 小きん
      ~中入り~
一、二人旅     三遊亭 金朝
一、三枚起請   春風亭 正朝

黒門亭は、今や、
落語と噺家を愛し、
聴く耳が肥えたお客様が集う、
落語の聖地。

特に昨日は、
トリの正朝師匠をお目当てにいらっしゃった、
お客様の反応が、素晴らしくて、
気合が入り過ぎて、持ち時間を越えてしまいました。

後の出番の、金朝師匠に、
ご迷惑をお掛け致しました。
誠に申し訳ございません。

寄席の出番が、延び縮みするのは、
よく有る事とは言え、
配慮が少し足りなかったと、反省しました。。


終演後に、楽屋で、正朝師匠から、
三枚起請の、キセルの件で、
ご指導を戴きました。

芸談につき、ここでは触れられませんが、
敬愛する大先輩の真心に、
大感謝です。


余談ですが、昨日の出演を通して、
大切なことを、学ばせていただきました。

「誰に対しても、きちんと挨拶をする」
「礼と心遣いを、欠かさない」
「感謝を、忘れない」
「精進する者には、智慧が授かる」

人が、最初に、幼稚園や保育園で教わる事が、
人が、最後まで守るべき、大切な事であるように、
私達が、前座の頃、身に付けた事は、
噺家として、人として、
最後まで守るべき、大事な事であることを、
改めて、確信することが、出来ました。

本当に、人生には、一切、
無駄はありませんね。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

隔月で、開催をさせていただいております、

私の独演会「北町寄席」を、

来月、開催をさせていただきます。


詳細は、以下の通りです。



第85回 北町寄席~柳家小きん独演会~


平成28年5月21日(土)


19:00~20:30 (開場は18:30)


木戸銭(入場料) 前売500円(当日千円)


出演 柳家小きん 二席口演

柳家花いち


会場:北町アートプラザ(かるがもハウス)

東京都練馬区北町2-35-4

※東武東上線「東武練馬」駅下車 徒歩4分

旧川越街道沿い 1Fがコンビニ・ミニストップのビルの2Fです


お問い合わせ&前売電話予約

ノエビア・ビューティーサロン練馬南

斉藤 03-3931-6902



今回は、何と、二席共、

ネタおろし(初演)に、挑戦します!


一席は、「落語の神様」と言われております、

名人・三遊亭圓朝師匠作の、

所謂“圓朝物”に、初めて挑みます。


もう一席は、元々は講談のネタを落語にした、

人情噺を、新たな解釈で、お届けいたします。



年金暮らしの方にも、小学生にも、

お小遣いで、気軽に落語を楽しんで頂けますよう、

木戸銭を、破格の前売・500円に、

設定しております。


私まで、メッセージを送っていただければ、

当日でも、前売500円で、ご入場いただけます。


ご都合がよろしければ、

是非、いらしてください!


ご来場を、心より、お待ちしております('-^*)/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は、私が隔月で開催しております、

「北町寄席~柳家小きん独演会」の、

お知らせをさせていただきます。


詳細は、以下の通りです。



第84回 北町寄席~柳家小きん独演会~


平成28年3月19日(土)


19:00~20:30 (開場は18:30)


木戸銭(入場料) 前売500円(当日千円)


出演 柳家小きん 二席口演

    柳家緑君


会場:北町アートプラザ(かるがもハウス)

東京都練馬区北町2-35-4

※東武東上線「東武練馬」駅下車 徒歩4分

旧川越街道沿い 1Fがコンビニ・ミニストップのビルの2Fです


お問い合わせ&前売電話予約

ノエビア・ビューティーサロン練馬南

斉藤 03-3931-6902


 

年金暮らしの方にも、小学生にも、

お小遣いで、気軽に落語を楽しんで頂けますよう、

木戸銭を、破格の前売・500円に、

設定しております。


ご都合がよろしければ、

是非、いらしてください!


ご来場を、心より、お待ちしております('-^*)/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

落語協会主催の定席「黒門亭(くろもんてい)」で、

真打(トリ)を、取ります。


詳細は、以下のとおりです。



平成28年2月27日(土)

開演12:00~(開場11:30頃)


会場:落語協会2F「黒門亭」

東京都台東区上野1-9-5

03-3833-8563




木戸銭 千円


番組(敬称略)


11:45

一、前座

12:00

一、林家 なな子

一、桂 藤兵衛

一、柳家 喬之助

13:30

一、柳家 小きん 「夢金」



私は、父でもあります、

師匠・六代目柳家つば女の十八番であり、

サスペンスの巨編・「夢金」を、口演いたします。


笑いの少ない噺ですが、

「鬼平犯科帳」の世界観を醸し出す、

人間の本質が深く描かれた、

落語の中でも、屈指の名作です。


他の出演者の演題は、

当日のお楽しみです(笑)


日本料理と同じく、落語にも、

二十四節季折々の、季節感がございます。

寒いこの時季ならではの落語を、

是非、お楽しみください!


ご来場、心より、

お待ちしております(^O^)/


追伸
いつも間際のご案内で、

誠に申し訳ございません。。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の大好きな、弘前のお店、

「おばとみ」さんで、お目に掛かって以来、

折々に、親交を重ねてまいりました、

ねぷた絵師で画家の、山内崇嵩先生が、

ご自身の作品集であります、

「ねぷた見送り繪 和暦」を、贈ってくださいました。



SH3E2294.jpg

佳麗な、画風。

描かれている人物の顔が、慈悲深く、

作品を拝する度に、心洗われるおもいが致します。


崇嵩先生、大変に有難うございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の小学校時代からの友人であります、

橋本君の紹介で、

埼玉県立狭山台中学校で、

学校寄席を、開催させていただきました。



内容は、以下のとおりです。


一、落語 「牛ほめ」

一、質問会

一、生徒の皆様からの、御礼の言葉と花束贈呈



落語のマクラでは、漫談&小噺の他に、

扇子と手拭いの使い方と、仕草あれこれ等、

落語を楽しんでいただくうえで、必要な知識の解説と、

高座と礼の意味など、師匠から教わった、

一般の方には、日頃は披露しない、

精神的なお話も、させていただきました。



質問会では、多くの生徒の皆様から、

質問が寄せられ、盛り上がりました。


狭山台中学校の皆様は、

純真で、向上心の高い生徒さんが多く、

私も、気持ち良くつとめさせていただきました。



特筆すべきは、

浅沼校長先生の素晴らしさです。


高い哲学を持たれて、誠実に、

エネルギッシュに、教育に取り組まれているお姿に、

感銘いたしました。



浅沼校長先生をはじめ、

準備に当たってくださいました、栗原教頭先生。

音響係りで助けてくださいました、渡壁先生。

狭山台中学校の教職員の皆様。


当日、ご高覧くださいました、狭山台地域の皆様。

そして、狭山台中学校の生徒の皆様。


お声がけくださって、私に、

生徒の皆様との交流の場を創ってくださいました、

橋本会長並びに、PTAの皆様。


大変に有難うございました。



狭山台中学校での公演は、今回が二回目ですが、

昔から、「二度ある事は 三度ある」と、言います(笑)


次に、狭山台中学校の皆様とお会い出来るのを、

今から、楽しみにしております♪



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

上七軒歌舞会・上七軒お茶屋協同組合から、

「第64回北野をどり」の、案内状が、

送られてきました。




私が、京都の花街の舞に、興味を抱いてから、

早、一年。


私が、生まれて初めて目にしました、

動いている?舞妓さんは、

上七軒の市知さんでした。

(市知さんは、現在は芸妓さんです)




今年、初めて、北野をどりの舞台を踏まれる、

「市こま」さんと、「尚あい」さんからの、

手書きのメッセージも、同封されておりました。


上七軒は、さりげない、心配りが、

本当に素敵です☆


先月の、京都五花街と、東京新橋・

金沢三茶屋街・博多券番の夢の競演

「八花絢爛」でも、一番お客様の心を掴み、

どこよりも拍手が大きかったのが、上七軒でした。


♪恋の手管は まだ知らぬー

「上七軒夜曲」は、何度聴いても良い、

名曲ですね。



ここまでしてくださったのですから、

今年は、おおきに財団からも、

北野をどりの招待状が、後日届く予定ですが、

他にも、自費で、北野をどりを観に行こうと、思います。


単純ですね ^^;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日、会合終了後に、

私が敬愛してやまない、

役者の本田博太郎さんに、

ご馳走になりました。


本田さんからは、折々に、

「久しぶり」

「今日空いている?」と、

お誘いをいただきます。


大の男二人が、少年のように、

キラキラと目を輝かせて、芸談に耽る様は、

第三者から見れば、異様に写るかもしれません(笑)


過日のNHKの「スタジオパーク」でも、

腕前を披露されたとおり、

本田さんの書は、ドラマの題字にも使われるくらいに、

定評があります。


その本田さんが、私に、

葉書に、書を贈ってくださいました。






ご存知、喜劇王・チャップリンの箴言です。


芸道修業の究極は、「気付くか、気付かないのか」です。

その"気付く力”も、溢れる“想像力”から、生まれます。


そして、その人ならではの工夫も、

表す勇気がなくては、日の目を見ることはありません。


本田さん。

このお言葉を胸に、さらなる精進を積み重ねて参ります。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日・2月3日は、私が、父でもあります、

師匠・六代目柳家つば女に、入門した日です。


お陰様で、今年で、

噺家生活30周年を、迎えることが出来ました。


今日よりまた、再び入門を許され、

新たに修業を始める思いで、

精進して参ります。


ちなみに、30周年のお祝い会食会(飲み会?)は、

今年いっぱい、受け付けております(笑)


寒暖の差が激しい、今日この頃ですので、

どうかお体には、十分にお気をつけください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。