日々是決戦 ー東京篇ー

東大法学部4年



テーマ:

入学試験が終わり、希望の進学先が決まった人、不本意な結果に終わった人がいるでしょう。自分はその両方を経験していますので、こうした方が良いよor良かったよということを書こうと思います。東京大学に限らない、最大公約数的な話も多いかと思います。

 

 

希望の進学先が決まった人

流れるように過ぎていく3,4,5月の過ごし方が大学生活の第一歩目として重要だがその際、バランス感覚をもって一人でも多くの知り合いを作ることと、進路の決定の2点が大事。まずは情報収集と人間関係の構築のためになるべく多くの新歓を回る。そこで知り合いを増やすとともに、親切な先輩がいたら積極的に絡む。サークル・学生団体・ゼミ選びはバランス感が重要。適当な軸(勉強系⇔趣味系、アウトドア系⇔インドア系、インカレ系⇔学内系)に基づいてその両方に属することでバランスが取れる。最終的に属するコミュニティは1~3個に絞る。進路の決定という意味では、東大では猶予があるけどそれでも無暗に棚上げするのは結局1年後に悩むことになってあまり解決にならないから、直感でもいいので将来何しようかなということは考える。資格・語学系なら早く始めた方が有利なのですぐに対策を始める(特に司法系と会計士)。第一志望に合格してあたかも自分が全知全能の存在に思えるかもしれないが、当然ながら錯覚である。

 

第一志望が不合格になった人

ーその中で再び受験をする人

自分が悲劇の主人公のように思えるかもしれないが、それは独善である。正しい方向性を持った努力が足りなかっただけで、本来味わう必要のない悔しさを味わっているだけ。反省して余計な感情が生まれる余地のないほど勉強すれば成績はすぐに上がる。

ー第二志望以下の大学に入る人

こうなったことが無いので無責任なことは言えないが、自分のかつての志向をマイナーチェンジしてその分野に全力投球するというのは手かもしれない。自分は東大に落ちていたら一橋経済(後期)か慶應法に行こうと思っていたが、前者だったら数学をやって経済をしたり、語学をやって留学をしたりしようとしていた。後者だったら即法曹志望になっていたと思う。学問面だけでなく、大学から新しく部活を始めたりもしたかもしれない。

 

 

どの道を選ぶにせよ、親には頭を下げよう笑

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。