1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年05月17日(日)

□チワワのお鼻の詰まりについて

テーマ:□病気&怪我と治療
最近また 同じようなお問い合わせを頂くことが多く
以前記事にしたのですがここで再度UPさせて頂きますので
ご一読下さいますようお願い申し上げます。



何故かしら、ポケにお問い合わせ頂くお客様は、皆様お目が高く・・・・
殆ど、お好みが共通しています。
そして、そろって皆様言われるのが「お鼻の詰まった子」

このお鼻に付いてなんですが、お鼻の詰まっていると言うのが、どのぐらいで詰まっていると言うのか・・・
これは、人それぞれで、見解の相違があると思うのです。

たとえば、きゅーちゃん家のみりちゃん みたいな子と言ってくださるお客様も少なくありません。
ですが、みりちゃんは、やはり大ママから言わせると詰まりすぎな訳です。

大ママはよく、「みりたんは、チワワじゃない。不思議ちゃんだ。」と飼い主様にもはっきり言います。
もちろん、大ママ家で産まれた可愛い我が子だから言える、飼い主様も承知でいてくれている言葉ですよ^^

やはり、みりちゃん程、お鼻が詰まった、とても小さい子は、それゆえのリスクも非常に高くなるのです。
みりちゃんは、みりちゃんの飼い主様だからこそ、育てることが出来、大ママも安心して託した訳です。


では、お鼻がとても詰まった子は、どのようなリスクが大きくなるのか。。。



顎が小さいため 一つは乱杭歯または欠歯になりやすい=歯石が貯まりやすく歯槽膿漏になりやすい
=進行するとあごの骨が溶け自ら食事を取ることができなくなる。
目の下部位が化膿し穴が開く等etc・・・・

なんといっても、もっとも大きなリスクは

それは、短吻犬(ブルドック、フレンチブル、シーズー、パグなど)に非常に多い
軟口蓋過長(なんこうがいかちょう)
http://ameblo.jp/pocketkennel/entry-10919151066.html
上記URLは、以前ブログに詳細を載せた記事ですのでご確認下さいませ。

に、なる確率が非常に多く、
ひどい子になると、手術を要する事にいたるケース
(この場合チワワの体重の少ない子の場合、麻酔のリスク、手術時の気管挿管の難しさという難題が伴うのです)
及び最悪は、呼吸困難を起こし死にいたるケースもあります。

そのようなことから、大ママは健全を優先するがゆえ、現在は、必要以上にお鼻を詰まらせたブリードを行っていません。

ポケ出身有名わんちゃん達(比較的皆様がご存じではと思う子達で例えますね^^)ですと

きゅーちゃん家 こりすちゃん、ふぁーちゃん(HPメディア掲載→
上記のわんちゃん達ぐらいのお鼻の詰まり具合が、大ママが思う健全性を出来るだけ損なわずに、
お鼻を詰まらせる限界ではと考えております。

大ママ家では、
「ストップが深く効いた、前デコの張った子=お鼻の詰まって見える子」
(ポケのワンコの特徴ボディ、見た目小さく見えるが持つと重い子と同じです)

をブリードするよう心がけています。


これは、どんな事でも言えることだと思うのですが
「なんでもほどほどが一番!」
大ママは、この言葉が好きです^^

無難・・・って、とても大切な事だと思うんです。。。


やはり、全てに於いて・・・
チワワのお鼻も・・・
体の大きさ?体重も・・・
「究極を求める=リスクが大きくなる」




「ワンちゃんは生き物です」

以上のことを、愛犬家の皆様に

「何か一番大切なことなのか」

今一度 上記を参考の上 ご家族でお話し合いをしていただければ幸いです。








ランキング参加しました。

応援よろしくお願いしますm(_ _)m

忘れずにキューちゃんをポチってしてね!!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ


AD
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。