Pocket***あなたに届け***

時代が流れても、そっと心に寄り添う作品を、
あなたにお届けいたします☆

【2016年7月以降のPocketの在り方のご報告】


3月頃より、今後の方向性を模索しはじめ、

紆余曲折、一つの結論を出しました。


今後は、

自分の赴くままに創作するスタイルを選択致しました。


突然では御座いますが、

現在ご注文が確定しているお客様迄で、

【精油のリネンバッグ】のご注文は、終了とさせて頂きます。

【精油のポケット】及び、その他のご注文に関しましては、

一時停止させて頂きます。 (現在再開は未定です)

※メンテナンス等はお受けいたします。


これからの《赴くままに生み出すものたち》を、

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。    


                
Pocket 作品集 こちら




テーマ:


東京に出た隙間時間、
どうしようか?と
ギリギリまで迷う。


でも、

行きたい!!

心の声に従って
以前から足を運びたかった
『グレース・ケリー展』へ。


銀座松屋さんで9月26日まで。
最終日は早く終わるし、
今日しかない!と立ち寄りました。







美術館へも、
展示会も、
一人行動が多い、私。


それは、
自分のペースで
見たいから。

マニアックな視点で
見てしまう私。


解説よりも、
必要以上に物に集中して
味わってしまうから、
時間がかかったり、
サッと通ってしまったり。(笑)

友人と行かない訳では
ないのですけれど、
そんなです。



グレース・ケリーの美しさは
周智の通りですが、

本当に、
内側からも滲み出る美しさなのだと、
会場で感じました。



展示品の数々。
ご本人が着用されていた
洋服・帽子・宝石、、etc...


ウェディングドレスは、
息をのむ美しさでした。


そして、
彼女が作られていた
押し花の世界。


写真だけでは知り得ない
見なければわからないこと。


52年と言う年月に
ギュっと詰まった世界。



どうしても、
洋服などは、
仕立てや、素材感を
凝視してしまいます。




私は、
その中で総合的に、
惹かれたのは、
Christian Dior
クリスチャン・ディオールの
ものでした。



これが、ではなく、
どれも、でした。



あのような
仕立てが出来るように
もっともっと腕を磨く。







鏡は苦手です。

でも、
いつも自分をしっかり見つめる。

そんな気持ちになって
彼女の名前の入った鏡を手元に。


女性には、
自分の目標を定めたら
どんなことでも
達成できる能力があると
信じています


出口に
展示されていた押し花と共に
この言葉がありました。



自分の目標を定めたら

グラッと来た。


どんなことでも

グッと来た。


達成できる能力がある

励まされた。



達成できると、
信じていこうと思う。





***あなたに届け***
creatist  原智子

■creatist(クリエイティスト)って?
こちらへ☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


2014年
Pocket【いれるもの はこぶもの】展
一日限りの初個展を開催。




あれから、
2年間と言う時間が流れました。




ブログに遊びに来て下さる方々には、
この個展にてブレイクした
『究極のサブバッグ』を
ご存知の方も多くいらっしゃるでしょう。




当時の私は、
個展にてコラボした
このバッグに
オーダーが一気に入って来て
戸惑いました。

続々入るオーダーを
ストップした時点で
30個と言う数に、
嬉しさを通り越し、

一人で全ての
納品を完了させられるのか、、?

一気に不安になったのです。


こんなにオーダーが入るとも
想像もつかず、


このバッグを作る工程は
麻生地なのに
しっかりバッグを立たせるとか、
刺繍の台詞部分を
引き立てる為に手かがりにするとか、

魅力的に見えるバッグに
仕上げようと考え抜いた結果の
仕事を施したので、

本当に
大量生産の工場のようには
出来なかった。


だから、
30と言う数に、
途方に暮れるような感じで、
チャンスとは、
捉えられなかったのです。



この数をこなせば、
勿論、
絵に書いたような
スタートを切ったのでしょう。
収入も増える。
認知もあがる。


でも、
30個を
しっかり
作りあげられなかった。



結果の違った
苦しい2年間でした。



この事を
知らない人は知らないし、
話さなければ、
知られないのか、、も。



でも、
それが出来ない。




何故、
作られなかったのか、、
何故、
作られないのか、、
何故、
作らないのか、、



自問自答、
他者からの声、、
そして、
お客様の声。



プロの仕事ではない。
一番、心に刺さった言葉。




自分の行為ではなく、
自分の人格まで、
否定された気持ちになりました。





死にモノが狂いになって
30個を納品出来ないのは、
やはり、
プロではなかったのでしょう。




そして、
自分以外の人にとっては
さらりと出来る事が、
さらりとは出来なかった。




でも、
やっと、
最後の一点を完成させる。




自分の問題は
自分の中でしか
解決は出来ないし、

自分を理解出来るのは
自分でしかないのだろう。




秋分の日、
今日と言う日に、

この2年間の、
今までの自分を解放し、
今までの自分を
手放すことが出来て、
本当に良かった。




新しい自分に変わって、
自分の求められる世界を
大切にしていきます。




この
『究極のサブバッグ』に関わった
全ての皆さまには、
申し訳無さと、有り難さと、
色んな思いが入り乱れます。

今は、完了が見えて来て、
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。





***あなたに届け***
creatist   原智子
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【Pocket】は、
お客様からの一点ものオーダーを
承っております。




【カード&
 リーディングマットバッグ




これからのお仕事に使いたい
カードとリーディングマットを
入れるものが欲しいと、
オーダー頂きました。




カードとマットが入るもの。




色んな形態を想像しますが、
お客様のご要望に
一番に寄り添います。


☑カードとマットが一緒に入るもの。
☑マットは、有りがちな怪しげな(笑)もの
 ではないもの。
☑マットには、
 エレメント(月・太陽・火・水・風・土)を
 入れて欲しい。
☑カードの滑りが良い生地が理想。
☑リバティ生地を使って欲しい。


上記のご希望がありました。


デザインは
大体想像は頭の中にありました。


使いたい麻生地で
滑りが良いもの、、
目が詰まったモノが理想だけれど、
生地が良くても、
色がピンと来ない。


そして、
リバティ生地です。
リバティは、
ほぼ花柄が多くて、
リーディングマットに合わせるには
ミスマッチな私の中での違和感。



仕入れに行った日、
ピッタリ見つけちゃいました!!




リーディングマットに
ピッタリのリバティです!!


有り得ない、
こんな柄!!


見たことない。


そして、
マット用には、
これまた、
麻生地に撥水加工が施されたもの。

スルッと
滑りが良いのです。



そして、完成しました。




持ち手は、取り外し可。




仕切りを着けて。





90cm×90cmのリーディングマットです。
エレメントを手刺繍。



お月様の顔、いいでしょ!





大きいマットも、
スッキリ小さく収納出来ます。





実は納品前に
なんか違う、、と、
このヴィンテージボタンから
鳥のチャームに変更。



お客様のイメージに
しっくり来ました。



これから
色んな方々のリーディングを
されて行かれるでしょう。





■オーダーに関するご質問・お問い合わせ
 こちらから☆

■creatist(クリエイティスト)って?
 こちらから☆




***あなたに届け***
creatist  原智子
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私にオーダー下さる方々は、
本当に
懐が、
どん底に深くて、
広いです。



もう、
信じられないくらいの
忍耐力を持って待って下さる。



じっと。



じっと。



忘れずに。





何なら
オーダーしたのを
忘れてしまうくらい?の、
二周して戻ってくるような、、
期間を待って下さる。




ピコンッ!!と、
当てはまるパーツが揃わないと
作業が進まないと、
私以上に私をわかって
下さっている方々に
支えられている、私。




普通なら、
とっくに、
閉店ガラガラ。




本当に有り難い事です。




最近、
素敵な人との出会いがありました。




正直、
人付き合いには、
深くなるほどに
辛くなったりするので、
自分の中に一線があります。


あっ、
ありました。



と、
過去形に変わりました。




今まで
そうとは思いもしなかったけれど、
相手に加担していって
自分がいつの間にか
どこかに置き去りになってしまう。



気づくと、
自分ではない自分に
ほとほと
失望すると言うパターン。



はっきり、
今回の素敵な人との出会いで
わかったんですよね。




ただの癖。


癖は、
直せます。




そう気づかせて貰えたら
目の前がパァ~っと晴れました。




真っ裸で
ぶつかれたら、
自然に
心が開いていた。



これから、
どんどん、
変わっていく。




そんな予感。





タロットカードと
カードマットを入れられるミニバッグ。



カードマットも
怪しげなものではなく(笑)
お客様のご希望と、
私のピコンッ!をプラス。






各エレメントを刺繍。
これは私の感じる火。





新しい世界へ挑戦するお客様へ
そっと寄り添うものを
お届けいたしました。





***あなたに届け***
creatist  原智子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

拘りが有りすぎて
その拘りをお話したい。



手に取って
初めて良さを
感じて貰える
生み出した子達。



伝えたいことが
沢山あって、



文にすると
長すぎちゃうし、



写真も
いっぱいになっちゃうし、、



見て下さる方々には
ウザって感じ、、



なんて
悩んでいた。




でも、
伝えたいことは
伝える。




それが一番だね☆




ちっちゃく
纏まっている
場合じゃない。






自分色になって来た
HIROKO HAYASHIさんの名刺入れ☆




もう、
散々の
諸々の
諸々はいい。




ちょっと、
言い放って、




また、
歩きます。




■creatistって?  こちらへ☆





***あなたに届け***
creatist   原智子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。