マリリン日々のつぶやき

昨年、長い独身生活にピリオドを打ちました。
カフェでの読書が気晴らし。
趣味のピアノ、読書、グルメ…何気ない日々のつぶやきを綴ります。


テーマ:

日中はマンションということもあって、暖房しなくてもこたつで十分なんだけど、夜はやっぱり寒いですね。



20代半ばに、発表会で弾いたリストの演奏会用練習曲「ため息」。

当時、半年ほど猛練習してなんとか仕上げたものの…

その後、何年も放置していたら、難しい個所を中心にところどころ弾けなくなっていました…汗


悔しいから、ここらで一念発起して、再挑戦するぞ~~アップ

せっかく念願のハイブリッドピアノをゲッチュしたことだし。

こっそり練習して、旦那さんとか(←クラシック音楽音痴、笑)できれば誰かに聴いてもらいたいなぁ~なんて。

出だしのアルペジオ。

うっとりするような美しい旋律です。

天国天使に行けそう(笑)

全部で9ページなんだけど、6ページ目の最後の方から7ページ目の真ん中あたりまでが難所。

すっかり忘れてました。

たった7小節なんだけど、一小節にありえないくらい(汗)♪が・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

地道に譜読みし直さなくちゃ。。。

大変~~。

でも、

たしか譜面はごちゃごちゃしているわりに、規則性があって、意外と譜読みし易かった記憶が。

頑張るぞ~。


本日、図書館で予約していた本を引き取ってきました。

「ジェノサイド」はすごい人気で2カ月以上待ちました。

うれし~クラッカー

早速読み始めましたが、面白い~~~音譜

昔読んだ、フリデリック・フォーサイス乃小説を思い出しました。

高校生の頃、彼の本にはまったのでした。

「ジャッカルの日」とか…(←古っ)

懐かしい~。


「本屋大賞」第三位の「ピエタ」も楽しみ~♪

ヴェネチアが舞台で、ヴィヴァルディも登場するということで、興味津津ですキラキラ

ちなみに「How Starbucks Saved My Life」は旦那さんの分。


ジェノサイド 上 (角川文庫)/KADOKAWA/角川書店
¥630
Amazon.co.jp

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)/ポプラ社
¥714
Amazon.co.jp

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチ♪応援してね♪
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


学生の頃、アルフレート・ブレンデルのピアノリサイタル・東京公演を聴きに行きました。

その時のプログラムの中で、とっても感動したのがこの一曲――。


ブラームスの「主題と変奏二短調」(Thema mit Variationen d-moll)


調べてみたら、オリジナルは弦楽六重奏で室内楽の曲でした。


長身でスマートな若き日の^^ブレンデル。

彼が背筋を伸ばして奏でるメロディーが、甘く切なく胸にしみいり、あれから20数年たつのに耳に蘇ってきます。


オリジナルの室内楽版のCDはすぐにゲットしましたが、ピアノ編曲版がなかなか見つからず…。

いつかさわりだけでも弾いてみたいと、ピアノの楽譜を探すも、やはり見つからず、長いことそのままになってました。


で、

最近、何気なくネットで検索して、見つけてテンションあがりましたにこっ


ピティナが運営する楽譜の通販サイト。

迷わずポチっseiたところ、翌々日には届いてびっくり。


(こちらのサイト http://www.musse.jp/



さっそく届いた楽譜がこちら。


じゃじゃ~ん音符


第一変奏(右ページ最初~4段目)が特にお気に入り。


とりあえず、ここだけでも綺麗に弾けるようになりたいなーキラキラ



にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日も、マイブームの朝マック(笑)&読書。

例によって洗濯だけ済ませて午前の早い時間から、読みかけの本をゆっくり読むのがプチハッピーHAPPY


午前中っていうのが自分的にポイント。

まったりのんびり読書タイムしても、まだまだお昼前。

超うれしー音譜


今日は、先週図書館で借りた英国女流ピアニストのエッセイの続きを読みました。

スーザン・トムズさんの「静けさの中から~ピアニストの四季」。


翻訳をされたのが、日本人女性ピアニストの小川典子さん。

有名な方なので名前だけは知ってましたが、訳文がものすごくナチュラルで美しいの。

まるで音楽みたい。

Poeticという言葉がふさわしいかも。

音楽家らしいリズム感のある美しい文章はため息もの。

私も仕事で翻訳をすることがあるんだけど、日本語として自然な文体に訳すのってほんと大変ですよね。

小川さんの訳文を読むと、天は二物を与えずって嘘だわーってつくづく思いました。

静けさの中から: ピアニストの四季/春秋社
¥2,310
Amazon.co.jp
帰宅してひとりでお昼食べながら、近所のgeoでレンタルした「のだめカンタービレ」のDVD1巻を観てみました。(←今さらですが)

原作は最初の数巻だけ読んで何気に放り出してたけど…・・・。

面白い~~~クラッカー

のだめが、原作に輪をかけておバカっぼくて(笑)可愛い♪

玉木さんも不機嫌クールなお兄さんって感じでイメージに合っているわ。

のだめと千秋が二台のピアノで弾いていたモーツアルトの曲。

大学生のころ、同じくピアノマニアだった友人とトライした懐かしの曲でした。

本物はあんなに速い曲だったのね(爆)

確か、楽譜は実家にあるはず。

今度帰った時にでも探してみよう。


あ、千秋が弾いていたベートーベンの「月光」三楽章。

超かっこいいから、さっそく私もピアノの蓋を開けて、出だしの数小節だけあの勢いをマネしてみたら(←無謀)、指がふにゃふふにゃでがっかり…泣。


そろそろ本気でハノンとチェルニー再開しようかしら。


うん、絶対やった方がいいわ。


レッスン受けてないと、好きな曲を好きな部分だけ(オイ)次々と気まぐれに弾いちゃって、ほんとよくない。。。


近くにいい先生いないかしら。

音楽教室と個人の先生とどっちがいいか迷い中です。




にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


結婚して新居に引っ越して、ぼーっとしているうちに(笑)7カ月近くたっちゃった、汗。


去年10月末に、念願の電子ピアノを購入。

いや、ホントは本物のピアノを嫁入り道具として持ち込みたかったんだけど、賃貸マンションじゃ無理><。


音出さなくて練習できる苦肉の策としての電子ピアノ。


でも、できるだけ生のピアノにタッチと音が近いものを…。


と、近所の楽器屋さんの親切なお兄さんに色々相談して、あれこれ試弾きさせてもらって、う~んと迷って決めたのがこれ。


ヤマハのハイブリッドピアノNU1


ヤマハのフルコンサートグランドピアノからサンプリングした音源というだけあって、痺れるような美しい音色。

う~~んしびれる~~~♪♪♪(笑)


上手くなったんじゃないかと、うっかり勘違いしちゃいそうなほど。(←んな訳ない)


音色とタッチについては、また改めておいおい記事に書くとして、とにかく素晴らしい。

大満足です。

清水の舞台から飛び降りる思いで(笑)買ってよかったわ^^


で、今日は夕方、小一時間ほど好きな曲をぱらぱらさらいました。


バッハのイタリアンコンチェルトの一楽章。

ドビュッシーのアラベスク一番。

ショパンの即興曲第一番。


どれも学生のころに習った曲。

かなり忘れてボロボロになってるけど、それでも折に触れて弾いているので手になじんでいる大好きな曲たち。


今年こそ、早いとこ、いいピアノの先生を見つけて10数年ぶりのレッスンを再開するぞ~!




にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旦那を仕事に送り出し、洗濯と水回りの掃除だけちゃっちゃと片づけて、はりきって朝マックへ。

週に数日、自分自身も都内仕事してるので、平日、近所の珈琲店で、コーヒー片手にのんびり好きな本を読み耽るのがいい気晴らし。


駅の近くに住んでいるから、図書館も近くてとても便利。

駅周辺は平日でも人が多くてざわざわしてるから、ちょっと落ち着かないんだけど…^^;


朝マックを注文して、窓際の席に座り、持ってきた江國香織のエッセイの続きを。。。


江國さん、始めて読んだかと思ってたら(笑)、大昔、映画になった「冷静と情熱のあいだ」を読んでました。

文章が美しくて、おしゃれだなーって思ったのでした。

映画も映画館で観た記憶があります。

主演の女優よりも、なぜか脇役の篠原涼子が印象に残っているという。

エンヤの主題歌もめっちゃヒットしましたね。


フィレンツェのドーモのてっぺんで、いつか自分も運命の男性と再会したい!


なんて、夢みたいなこと本気で考えていた、乙女だったあのころ(笑)。


その江國さんのエッセイ。

テーマはずばり結婚生活。

もうもう江國さんってば、どんだけ旦那さんのこと愛しちゃってるのかしら^^

愛する人と夫婦という安定した関係の中でともに暮らす、喜びと不安。

一応、自分も新婚なので^^すごくわかる気がしました。


で、サクっと小一時間で読了。

おもしろかった。

江國さんのエッセイ、他も読んでみよう。


いくつもの週末 (集英社文庫)/集英社
¥440
Amazon.co.jp

で、読む本がなくなったから、近くの図書館へ。


借りていたエラリー・クイーンの「Yの悲劇」を返却。


英国の女性ピアニストのエッセイを借りてみる。

なんか無性にピアノが弾きたくなるかも。


静けさの中から: ピアニストの四季/春秋社
¥2,310
Amazon.co.jp

ついでにCDコーナーで、クラシックのCDを二枚借りた。


自分の中で、何度目かのバッハブーム到来中。


本もCDも楽しみ~♪


イタリア協奏曲~バッハ:チェンバロ名曲集/ワーナーミュージック・ジャパン
¥1,050
Amazon.co.jp
悪魔のトリル~ヴァイオリン小品集/BMG JAPAN
¥1,680
Amazon.co.jp



にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。