陸前高田で、今できることを。 東北大学 ぽかぽか

東北大学陸前高田応援サークル「ぽかぽか」
学生主体で定期的に、陸前高田市にうかがって活動を行っています。


テーマ:

2月10~12日に、メンバー8名、教員1名、一般参加者1名で陸前高田ボランティアツアーに行ってきました。今回のツアーでは、実際に被災された方のお話を伺ったり、今年度中の解消が決まった仮設住宅で活動を行うなどしました。

 

2月10日

陸前高田到着後、一本松や4つの震災遺構の視察を行いました。その後、震災当時から竹駒にお住いで現在陸前高田市役所にお勤めの東北大OGの方のお話を伺いました。震災時の状況や、震災で助かった自分ならではのつらさ、陸前高田の市街地の将来展望など、様々お話しいただき、メンバーそれぞれが今後の活動や自身の将来について考えるきっかけになりました。

 

2月11日

この日はNPO法人P@CTさんとの子供支援班と今回初めての今泉公営住宅での足湯・手芸活動班とに分かれて活動しました。子供支援の方では、子供たちとドミノやドッジボールなどをして遊びました。ドミノでは、高学年の子が下の子をリードするなど、場に一体感が生まれました。今泉ではバレンタインにちなんで、チョコを入れるハートの小物入れを折り紙で作りました。住民さんには好評のようで、また来てねと言っていただきました!😄

 

2月12日

ツアー最終日のこの日は、今年度中の解体が決定している高田高校仮設へ全員で訪問させていただきました!こちらの仮設での活動は2012年9月から始まり、役5年半にわたっての活動もこの日が最後...!午前中住民さんと一緒に思い出の写真でコルクボード作りをし、住民さんたちの思い出話に花が咲きました🌼午後はたこ焼き・お好み焼き作りをしました。住民さんからの差し入れもたくさんいただきました!

長い間お世話になりました!これからもお元気で!😂

 

今回は、今まで特に親しくさせてもらっていた仮設の一つが解消されるということで、1つ節目のツアーになりました。今後おそらくこのようなツアーが多くなってくることと思います。そのとき、住民の皆さんにも、私たちにもぽかぽかした気持ちが残るツアーにしていきたいなぁと思いました。

 

※この活動はGakuvo Style Fundの助成を受けています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)