鈍感力

テーマ:

これは、もう、自分勝手にやるということで、

周囲の雑音は、無視するということなのでしょうね。

副のイワタさんみたいな感じ?!

「物価もなんだし、ええい、わたしだけは、利上げ見送りだあ」


鉄子も重子も銀子ですら、陰線引けですが、

ぬるい安心感が漂っていて、なによりです。

AD

KDDIについて

テーマ:

買いの場合に限定したほうが単純なので。

通信株が気になったので、この3連休中に、ドコモとKDDIの値動きをエクセルに落としてみました。


①Yahooの株価時系列データをコピペします。

②必要なのは、半年分ほどの毎日の寄付値とその日の高値です。

③横の列に、その日の値上がり幅の計算値(単なる引き算)を記入しましょうか。


わたしは、値幅をとってしまう一派ですから、この半年のKDDIの1日の上げの値幅を見てみました。

寄り付きでは、誰でも買えるわけですから、問題は、いくらの値幅を取って手仕舞えるかでしょう。

KDDIの場合は、この半年間は、3円では、なんとかなって、結局は、全勝という検証結果になりました。

ドコモでは危ういものがありました。

つまり、KDDIを寄り付きで買って、すぐに3円の売り埋めの指値を出しておけば、結果は、全勝でした。

引かれる場合もあるのですが、1か月(?)もたたないうちに何とかなったようです。右肩あがりの強さですね。

で、KDDI--。

きょう(14日)は、950000で寄り付いて、高値953000で、3円の幅をつけましたが、わたしは、売り埋めの指し値注文を出したのが遅れ、結局、950000の同事で手仕舞いました。

川重で取りましたので、無理せずにKDDIを手仕舞ったのですが、数日待てば、取れるのかもしれません。

なぜ13日にKDDIだったのか--ご理解いただけたでしょうか。

こんなやり方もあるということで。でも、どんな銘柄の場合でも、検証してから、どうぞ。

AD

崩れ(2)

テーマ:

もう1日だけ待ちたいところですが--。

①NK225もTOPIXの高値線も低い山をつけて下落した。

②TOPIXは10日線を割り込んできた。

で、売りはじめてもいいのかなあ、というのが、わたしの感想です。

で、あした(1日)は、売りから入ろうかな、と。


いま見たら、HKもSINも調子はよくないみたい。

昼までのFTも下げています、ね。

ああDAXも、下げています、ね。


きょう(31日)は、陽気に誘われて、隅田川の清洲橋から永代橋まで、両岸の河岸テラスを往復しました。

すばらしく良かった。

川面は、油を流したようにきらめいていて、白い、アレって、都鳥?(アジサシでもカモメでもない)が群れて漂っていました。

永代橋の河畔にあるIBMビルからも、たくさんのセレブ???たちが、テラスに降りてきていて、鳥のように漂うでもなく、ブラブラしていました。


オジサンが、カボチャのパンウンドケーキをテラスに撒いていました。

「何を撒いているのですか?」とわたし。

「--オレの食い物より、高いのだけれど」

その白い都鳥?が喜んで啄ばんでいました。

豊かで、美しい日本。

わたしも、ブラブラと。<THINK>しながら。

AD

定石

テーマ:

休みのはずが、あまりのことに、のこのこと出てきました。

台風で当面の山行きは中止したのです。

きょうは、TOPIXのETFを、1555でカラ売りをして、あわてて1572で損きりの買い戻しをしました。

これは仕方がない。下がるかもしれないけれど、逆をいったのだから、潔く損きり。



TOPIXでは、直前の頭を抜いてきましたから、ふつうは、さらに上昇で、今度は直前の頭あたりが支持線になります--というのが、経験則ですが、逆張りなら、反落を待って、直前の頭あたりで買いを入れることになろうかと。これが定石ですが。

今夜(9日)の米株、上げているみたい。売り玉、もうないから、まあ、いいけれど。


アメリカの金利は当面は打ち止めで、日本の金利が上がれば、投資資金は、ふつうなら金利の変化に応じて流れるので、円が買われて、日本の国内市場にお金が流れてくる--なら、いいな。


あともう少し?!

テーマ:

弱いはずが崩れない。

春先とは、ちょっと違い、地合いは、いいみたい。

「あと少しです」といったメールも流れてくるのだけれど、

わたしは、へそ曲がりだから、5411の買い玉を全部始末しました。


そろそろ、りそな銀子に備えようと思ったわけですが、みずほ銀子の下げが思わせぶりで--。


きょうは本業は休み。後場の途中で、30分ほど泳ぎました。

だれもいないプールで、昔みたいに思い切り潜ったり、跳ねてみたりもいいものです。

わたしは、某大の水泳同好会(水泳部ではない)の出で、

当時は、どんなスタイルででもいいから、1日1500を泳ぐのを自分に課していました。


損きりと買い戻し

テーマ:

まあ、当たり前のことですが、引かれ玉の損きりは、あくまでも、損きりした時点より株価が下がって、安く買い戻すことができると見極めが、あるいは、諦めがついたときと考えます。


同じように、リカクも、持ち玉を、そのリカクの時点より安く買い戻すことに見極めがついたときとも考えます。


きょうは、きのう買い戻したJFE(5411)をいったんリカクして、また買い戻して、またリカクして、持ち玉なしにしました。

鉄子(5401)もいいのだれど、たまには、JFEで。いまのところは、リズムが合っているみたい。


さて

テーマ:

この夏は、登山です。

中高年の「勝手にやります山のぼり」です。

8月中旬は、北ア縦走をもくろんでいます。

上高地の帝国ホテルにキャンセルが出たものだから、すかさず予約を入れました。

で、9月初旬は、ビアンカたちと富士山だ。


きょうは、ボルネオの専門雑誌を目にしたものだから、キナバル山もいいな、とも。

あそこは、KKから1週間もあれば、往復できるのだけれど、「ターザン」によると、山頂駆け上り、駆け下り大会があるのだとか。

でも、わたしは、そこまではしない。





銀子

テーマ:

銀子さんは、ようやくの本格反騰でなによりでした。


でも、わたしの場合は、弱気の虫も這い出てきて、買い玉は、引け際に処分して、3枚しか残せなかった。

いったん押すのだとはおもうのですが、ね。

でも、カラを売れば、この段階では、持っていかれそうだし。やや迷い中。


よく言われることは、押し幅の目安は、その前のピークまで、あるいは、直前までの抵抗線あたりで、それをつけて反発という流れです。



ご用心

テーマ:

TOPIXの月足は、なんと長いシタヒゲ付きの陽線となりました。

買いサインも出ていたし、日足も陽線で引けたので、寄り付きで始末したTOPIXのETF(1306)を買いなおしましたが、これはほんの少しです。


売るのはちょっと怖いので、買いの一辺倒ですが、きょうも出遅れの重工で--。

これも寄り付きで売ったものを、反発を見て買いなおしましたが、買いの1枚を残して引けで始末しました。


きょっと上げが急すぎるので、ご用心。

近未来の「荒れのシンポ月」の波乱の要因は、日銀かなあ。

自民党の山本幸三までが、「もう辞めろ」といい始めた。あれは、大蔵OBだから、ね。

金利政策の大変更を花道に辞めて、波乱ですか。

押したら、買いましょうね。

後任が既定の路線なら、金利を上げるのは、容易なことではなくなるかも。

まあ

テーマ:

鉄子と重子は、ストキャスの形が悪かったのですよ。

わたしは、重工の爆上げをいただきました。

ありがとう。


というのは、やっと暇ができたものだから、立花義正さんの本を読み返したのです。

やはり、いいことをおっしゃている。

「自分は逆張り派である」と主張なさっているのだけど、どうしてどうして、立派な順張り派のようです。


順張りは流れにつくのが基本ですが、その場合は、小刻みにとっていく手法が必須です。

でないと、結局は、ヤラレル。

立花さんは、右肩上がりなら、押し目で買い、下げ相場なら反発の頭を売っている。

これを「逆張り」といっているわけで、流れにつく点については、わたしとかわらない。