大底あたり

テーマ:

楽観派がはやくも、「大底、打った」の合唱をはじめました。

そんな断定調ではないのだけれど、強気というか。

--なのかなあ、8月8日は、五輪の日、ね。

そこをめがけて、のナンチャッテなら、あまりの無責任。


わたしは、なんでも食べるほうなのだけれど、

このところの不調が、ようやく癒えて、

食べ歩いても、OKになりました。


で、大きな台風が来て、荒川の堤防が決壊したら、

すぐに水没するはずの、その大底あたりの駅南口にある、

カウンターだけ5席という、だれかがご推奨の「ハルピン餃子」に行ってきました。


驚いたこと--。どうでもいいことなのですが。

①たまたま私が最初の客だったのですが、遠慮がちに「チャイコフスキー」を流していた。

ほかの客が入ってきたら、すぐに止めてしまった。

②ついで、勤め帰りのOL二人連れが、入ってきて、(常連?)それがそろって高島姐風の美人で、驚いた。

もちろん、もっとずっと若いのだけれど。

カウンターの向こう側の頭の上半分が毛沢東的なオヤジが、

ニヤっとしたのに、気づいたのだなあ、わたしは。

「ピノって、台湾系アメリカ人なの?、お姉ちゃん」

わたしの隣席のややふっくらとしたほう。

姉妹にちがいない。

(続く?)


AD