ナポリ

テーマ:

地元の図書館で、一番で<GET>はしたのだけれど--。


「死都ゴモラ--世界の裏側を支配する暗黒帝国」(2008・河出書房新社)

ナポリのギャング団の抗争の話なのだけれど、

かなりワイルドで、すさまじい。


「起」:あちらにも中国からの労働者がいて、給料天引きで、

自分が死んだ時の搬送費と埋葬代を払っている。

多くは、「(母国の)故郷に葬られたい」としたのだろう。

ナポリの港で、あるとき、冷凍コンテナを吊り上げていたクレーンが壊れて、

はずみで、コンテナが地上に落下して、内部のものが、転げ出たのだ、そうです。

冷凍された--。が--。束になって--。

率直にいって、誤訳が多そうなのだけれど、内容が、それを圧倒しています。


「承」:これは、たいしたことはなかったのだけれど。

「転」:本場の抗争で、なにがなんだかわからないのだけれど。

--うなされそう。

イタリアで、100万部超のベストセラーだそうで、

著者は、ヤバイので、逃げまくっているそうです。

「結」:まだ、読んではいないのだけれど。


梅は二輪ほどかなあ。まだ寒いのだけれど。

あれっ、106円になっちゃった。


↓の広告は、↑の内容だと、<google>は、どう出るのだろうかなあ、

まさか、ナポリ観光とか、は、ないだろう。


AD

梅一輪

テーマ:

梅一輪というか、春一番というか。


わたしは、地吹雪の雪山行から、なんとか生還(!)です。

某スキー場の最上部を下に眺めながら、

稜線を一線になって強風に耐えながら進んでいたら、

「あれって、バカじゃない」

と、いわんばかりに、スキーヤーが、こちらを眺めていました。

「そう思うのだろうなあ」、と思いながら、

頬にバリバリ当たる氷雪に耐えていました。

かなり冷えたというか、なんというか。

まあ、ひどい嵐ではありました、ね。


と、過去形にしてもいいのかなあ。

「もうは、まだ、まだは、もう」

という禅問答があって、ね。売っている方もいるようですが。


白梅が一輪。

AD

くるり

テーマ:

日経夕刊は、文化欄がわたし的には趣味なのだけれど--。


しかしながら、きょう(22日)は、「くるり」についての評論がほめすぎ。

「日本のライブ盤史上の金字塔に」

--おそらく一服、盛られた、ね。


これ は、もうすこし突き抜けた感じが欲しい?

寒かったんだろうなあ。

これ は、なかなかいいと思うのだけれど、

走っているからね。禁煙条例違反っぽいけど。

わたしのペースは、もう少し速い?。

--5月に駅伝出場です。


AD

ミシェル・オバマ

テーマ:

やっとご夫人についての話が広まってきました。

「折り込みはじめた」といったところですか?

共和党のほうは、候補者自体もうろ覚え状態だから、

その夫人なんか、--知らない。


プリンストンとハーバードのロースクール出の弁護士だったとか。

シカゴの黒人街のアパート育ちだそうで、アメリカン・ドリームの体現者のひとりみたい。

こちらは、奴隷の子孫。

ヒラリー女史を凌駕しそうな存在みたいです。


わたしは、相変わらずで、きょうは、5月中旬の駅伝大会の話になりました。

出場をキボンヌ。まあ、3キロぐらい。

10キロの話もあったけれど、わたしは、ごく謙虚だから。

でも、ムネオに負けてはいられない。


昔からの知り合いの旧システムエンジニアで、

いまは会社役員の方とご懇談。この方も、もう50歳台。

「iPodシャッフルって、<income>と<outgo>が同じ穴なんですよ」

「単孔類というか、食道と直腸が一緒になっている感じですよね」

こんなのは、日本が最初に製品化していてもいいのに、ね、で意見は一致。

「ちょっと、先行き、暗そう」。そんな話でも、意見は一致しました。

プリンスホテルに続いて、海自だから、--崩れるのも当たり前なのかなあ。


腱鞘炎

テーマ:

単なる、右腕の腱鞘炎です。

アレも、ついに逝ったのか、とういう、

ご懸念は、ご無用に願います。


↓の広告も、ご無用に願いたいのだけれど。

藤田さんのところも、減収減益なのかなあ。

と、勘ぐられることになる--。

よもやま

テーマ:

身近な例で、去年から年始にかけて、

2例ほど、そろって奥多摩で下山中に足を骨折して、

山道で動けず、ヘリで救出--。

年始の場合は、凍結しているのに、

アイゼンをつけずに行ってしまったのだとか。

きょうの例会では、救難隊長の「山を甘くみるな」との説教が、改めてありました。

で、わたしは、今週末の雪山行はキャンセル。天候も悪そうだし。

でも、下旬に予定の八ヶ岳の雪中訓練には参加を表明しました。


本日(6日)の某市場の下げは、L2点や重力波と同じく、

幅的には、私的には、ほとんど理解不能。

さすがに松井の顧客の買い方は、投げてはいない。

売り方は、すかさず買い戻しています。


これ もかなり、飛んでいるのですが、NK225ほどではなく、

常識の範囲内に、かろうじてとどまっている感じです。

昔の大ヒット曲ね。

わたしは、歌謡曲にはあまり縁はない。



L2点

テーマ:

いつも地球の影に位置して、太陽の周りを、

地球と同期で公転する”人口惑星”を置く位置が、

L2点と呼んでいて、そこから、太陽と地球のそれぞれの中心点を、

結んだ延長線上の宇宙の果ての漆黒の深遠を覗き込むと--。

ダークマターとダークエネルギーのその先は--。

そこからビックバンの直後のゆらぎが、検出されたそうです。

NASAの成果だそうですが--う~ん。


そろそろ売り玉の整理を考えましょうね。



TOPIX

テーマ:

なんか白けるのですが、25日線を超えてきました。

25日線そのものは、まだ右肩下がり、です。


いまは、農薬餃子の件を推理中です。

あれ って、4日の時点では、包装の部分が、どうも怪しそう。


それと、ミチオ・カク「パラレルワールド」(2006年・日本放送出版協会)に唸っています。

重力波を捕らえるために、長さ4キロの真空のtubeが2本の<LIGO >が、2003年に2か所できたそうで、

たしかに、googleの世界地図の該当場所(ルイジアナ・リビンストンとワシントン・ハンフォード)には、

なにか長い棒のようなものが、あるのだけれど--。

また、別の大型ハドロン加速器は、直径27キロだそうで--。

日本もいっそのこと、道路の代わりに、こんなものを作ってしまったほうが、

つぎの世代につなげることができそう。

「カミオカンデ」みなたいなものとは思うが--。

要するに、物理学はえらく大掛かりなものになってしまったわけで、

想像を絶する次元に行っているようです。



CME

テーマ:

NKの引けが<13497.16>で、CMEは<13800>。

で、週明けは、寄り付き300円高で、あとはバックドロップ??

そうならないことを、キボンヌ。

どっかの方が、

金曜日の午後に「(NKは)腰が定まらない」とかレポートしていました。


寒いなかを、きょう(2日)も3キロ走。

これ を聴きながら。このリズムも足の運びに合います。イギリスのロック。

これ も、イギリス。エルトン・ジョン。

で、こっち は、↓のクワトロの若いころ。ヒット曲の<can the can>。アメリカのロック。


イルカが、わたしがいる町にも歌いに来るとか--。

窓口で、チケットを買っておきました。

たまに巡回映画(!)も来るところ。

営業のほう、大丈夫なのかなあ。こんなところでやるなんて。