小陽の11月

テーマ:

11月に買って、

あとは寝ていて、

陽春の5月にさばく場合が、

統計的にも、

一番の楽勝とかの話を、

どっかで読んだことが、

あるのだけれど--。


そうかも知れないのだけれど、ね。

AD

ハードボイルド

テーマ:

きょうのご読了。

R..B.パーカー「アパルーサの決闘」(早川書房・2007)

図書館で、たまたままさっらな新刊本が、ころがっていたものですから。


う~ん。


一度に一人だ。

相手が何人いようとも、一度に一人を倒せ。

そうすれば、お前とその相手との対決だ。

そして、相手はお前の方が早いことを知るんだ。


--という表紙裏の惹句文。


う~ん。こんな乱高下は、勘弁して欲しいんだけど。



AD

反騰

テーマ:

んんん????


銀子は、とても、そそるのだけど--。

まあ、2番底は、

数か月後、かなあ、には、

きっとあるはずだから、

それからのことにしても、

いのかとも、おもうけど。


まあ、焦ることも、ないのでしょうよ。

ツエルト

テーマ:

所属している「山の会」の今夜の勉強会は、

緊急避難用の簡易テント「ツエルト」の張り方というか、使用法。

--本当の話ですよ。

地元の山岳救助隊長が、実演してくれました。


メンバーの多くは、わたしも含めて、自分のものを持っているのだけれど、

「お客さん、これを使うときは、本当にヤバイ時だから、ネ」

買うときに、わたしの場合は、店員からこう言われたものです。

わたし自身、ザックの底に潜ませて、使ったこともない代物です。


で、いまの心境は--。

「底を叩いてもいいや、買い玉は、投げ。一部は、現引きで--」

緊急避難には、「現引き」という手口があります。


それから、<youtube>への飛びは、もう止めます。

著作権法に抵触しかねない。ジャスラック?もうるさそうだし。



三井住友

テーマ:

まあ、買ってもいいのだろうけれど、

銀子のほうが安いし、

全般の状況は、それを許さないし、

かといって、売る売れない、このわたし--。


これ を見っけ。

本当のプロだよね。

「なんでこんなものを歌わなければならないのよ」

という表情は、ちらりとも見せない。

バハサでも、別の日本の曲を歌っていました。

金融機関の

テーマ:

金融機関についての、書き忘れ。

あまり能天気なカキコばかりだと、

ジャンル替えも迫られそうなので--。


きょう(18日)の日経朝刊のアタマは、

金融機関の投資解禁の打ち上げ花火的な観測記事でした。

明年2008年秋に具体化するお話を、日曜日の朝に麗々しくも、お取り上げで、

ちょっと、考えてしまう。


①19日は三住で、21日は東三なので、おもわず、そんなに悪いのか、とも。

②いや、それとも、これから、銀子一族の復活なのか、とも。


復活--そう願いたいものです。

ついでに

テーマ:

「ビーチ・ボーイズ」なんか、を引っ張りだして、

聴いてしまったのだ。

これを聴きながら走っていると、書いてあったけど--。

これは、多分、ウソだろう??。テンポがやや緩いものがある。

エルトン・ジョンも、ついでに聴いたけど--。これも合いそうにない。

ミック・ジャガーは良さそうです。

走りながら聴くのはいいのだけど、

揺れは、どう防ぐのだろう。

わたしのは、ちょっとの年季のWALKMANの1GBなんだけど、

シャツのなかに、たくし込んだら、汗がにじんで、内部にしみこんだみたい。

そのうち、壊れるのだろうなああ。


きょうも、9k/hで、3キロだけ。

「野口みずき」を見損なったのは、

バイク(ママチャリに毛が生えたものでも、こう表現すると、格好いい!?)で、

ちょっと出かけたから--。

ハワイ

テーマ:

というわけは--。


村上春樹「走ることについて 語るとき 僕の語ること」

(2007・文藝春秋)

の出だしが、カウアイだったものだから。

ただそれだけでも、ないのだけれど。


50歳も後半に入ると、42.195キロは4時間かかるそうで、

時速に直すと、10k/hなわけで、

わたしは、きょうも、60歳で、9k/hで、3キロなのだけど、

ムリはしないで、やっています。


ついでに

テーマ:

「森山良子」も「BEGIN」も、それは、もちろん、

とてもいいんだけど、

わたしは、これ が気に入っています。


日差しの強さと、それでいて、空気のすがすがしさ。

あまり、他人に言ったことはないんだけど、

わたしは、フラダンスは、かならずしも嫌いではない。