ダウン

テーマ:

きのう(30日)と月末のきょうは、涼しくでなによりなのですが、その前の数日は、暑くて--。

暑いなかを、ひたすらの散歩を続けたものだから、ダウンしました。

「こんなんで山行きは、大丈夫かいな」と不安に思う自分。


で、あまりやっていませんでした。

きょうは、JFEの手仕舞い(買いの100株が残っていた!暑さボケ)と先週末に買ったTOPIXのETF(1306)の買い玉の始末。--どちらも寄り付きで処分しました。


多くは楽観のようですが、TOPIXの月足は、陰線引けでした。シタ髭つきですがね。あしたあたりから、ちょっと押して、ダウンかも。


わたしの今度の本をお読みになって、もし、内容に物足りないとお感じの方がいらしたら、それは、その方が、この1、2年で、株巧者になって、相場がよく見えるようになったからだ、と思いますよ。だれでも進歩するのです。「戦い方」のときより、あなた自身が上手くなっているからこそ、内容に物足りなさを感じるのです。

--と、ヘボを棚に上げて、居直るわたし。

AD

損きりと買い戻し

テーマ:

まあ、当たり前のことですが、引かれ玉の損きりは、あくまでも、損きりした時点より株価が下がって、安く買い戻すことができると見極めが、あるいは、諦めがついたときと考えます。


同じように、リカクも、持ち玉を、そのリカクの時点より安く買い戻すことに見極めがついたときとも考えます。


きょうは、きのう買い戻したJFE(5411)をいったんリカクして、また買い戻して、またリカクして、持ち玉なしにしました。

鉄子(5401)もいいのだれど、たまには、JFEで。いまのところは、リズムが合っているみたい。


AD

さて(2)

テーマ:

ヒズボラは、しぶといのだけれど、ライスが行ったということを、米市場がどう受け取るのか、でしょうか。

いまは、双方が意地を張り合っている状態だから、予断は許さないのですが、ベイルートにつぎ込んだアラブの資本が(空爆で)消えていくのを、湾岸諸国が座視するとも思えない。

停戦なら、一気の上げもありますね。

わたしは、そんな材料とは、あまり関係なくやっていますが、目下の関心事が、これなので--。


きょうは、急落のときに買っておいたJFE(5411)を始末しました。

鉄子に比べると出遅れ。追い抜かれそうなので、買っておきましたが、いまは伸びに乏しい。

TOPIXは、買い転換。NK225も、もう少しで、25日線を下から上へ抜きそうで、なによりです。


シアトルに<KAVU>という帽子メーカー?があって、キャンバス地の帽子がOUTDOOR系のブランド品になっていて、わたしもご愛用。

きょうは、雨がやんだので、昼過ぎに自転車で動き回ったら、汗がべったり<KAVU>に染み込みました。

帽子は、<KAVU>。頭のなかは、<KABU>。--いや。<BOKE>もあるな。



AD

さて

テーマ:

この夏は、登山です。

中高年の「勝手にやります山のぼり」です。

8月中旬は、北ア縦走をもくろんでいます。

上高地の帝国ホテルにキャンセルが出たものだから、すかさず予約を入れました。

で、9月初旬は、ビアンカたちと富士山だ。


きょうは、ボルネオの専門雑誌を目にしたものだから、キナバル山もいいな、とも。

あそこは、KKから1週間もあれば、往復できるのだけれど、「ターザン」によると、山頂駆け上り、駆け下り大会があるのだとか。

でも、わたしは、そこまではしない。





想定外

テーマ:

小反発とは思っていたのに、大反発で、想定外--。

売り玉はひとつもなかったのですが、銀子のナンピンができない。

というのは、ナンピンは、逆張りだから。

やっぱり、他人の手法は、うまくいかない。


ヒズボラは手ごわいのに--地政学リスクはどうなっちゃったの?

ニュースで売買してはいけないという典型例ですね。


いくらなんでも

テーマ:

いくらなんでも--という値ごろ感での買いは、いけませんよ。

でも、6日レシオは、もう底に届いているので、小反発かもしれませんが、いまは下げ基調のままであるとは明白ですので、、、、と、一生懸命、自分を戒めているのです。

銀子は、まだ買い増してはいません。


率直にいうと、やはり他人(立花さん)の手法を試そうと考えたこと自体、不遜な行為ではありました。

ナンピン買い下がりは、わたしには、やはり難しいものがありそう。


というのは、きょうは鉄子で買いで--おお、なに、あの上げは。

重工でも買いで--おお、なに、あの往来は。

いずれも順張りのいつも手口でやれば、成果はまあまあなのですよ。


では、なぜ銀子を買わなかったのだ、という当然の疑問があろうかと思います。

立花さんの手法は、うねり取りなのです。その間、3か月。

バッと買って、バッと売る手法ではないのです。で、臍を噛む自分。

銀子をナンピンで買ったら、持ってなければ、ナンピンにならない。




BBC

テーマ:

ちょっとスノッブで、書くのはいやなのだけれど、朝はBBCを聴いています。

昔から。

きょうは、ちょっと面白かったので--。

G8の昼食会の席で、ブレアがブッシュに近寄って、なにげなく話している音を拾ったものを流していました。

「なんなら、わたしが(中東に)出向こうか」とブレア。

「いや--ヒズボラの件は、シリアが--(に責任を問うのだ)」と、傲慢に応じるブッシュ。

あれは、わざと流したのだろう、よ。

アメリカ(ブッシュ)のOKがなければ、イスラエルがあれほど強く出ることはないのでしょう。


アメリカとイランの代理戦争。とことんのチキンレース的な様相を見せてきました。

イランは、これまで挑発のしすぎで、ちょっと心配。


きょうの相場は、きょうの東京の天候みたいで、昼過ぎにちょっと雨がやみました。

銀子は、立花式だから、そのまま保有でしたが、あと7枚の買いはまだで、見送りました。

あとは、売り専。


鉄子と銀子

テーマ:

いくらなんでも、こんな日には、寄り付きで鉄子は買わない。

わたしは、450で買って、戻りの2円を指したのですが、どうもおかしいので、1円で手仕舞いました。

449円でカラ売りをしました。こちらは、手仕舞いがちょっと早かった。

鉄子は、従来の手法です。


銀子は、5枚を買い増しました。で、<00-08>になっています。

つなぎに、TOPIXのETF(1306)を引け成りでカラ売りしています。

SGXが上げているので、1306は引かれるかもしれません、ね。

まあ、銀子は、引き続き、立花さんの手法でやってみようかと思っています。


わたしの本の件。

著作者は、100部を印税なしで、出版社に頒布を許すのが普通ですが、発売翌日に「ブックオフ」で2冊が中古本として新刊が売りに出ました。その100冊のうちの2冊のはず。内容をよく読めば、本を売らずとも、稼げるのに、ね。救われない。

で、どうでしょうか--。今度の本は。今晩あたり、目を通される方もいらっしゃるのかもしれない。

ご質問には、喜んで応じます。

要するに

テーマ:

なぜ、きのう銀子をいったん手仕舞ったのかというと--。

買い玉を維持するには、つなぎの売り玉を少し持っておくのが常道なのですが、いったん売ったものを、それより安く買い戻すことができるのならば、そんなややこしい繋ぎの売りをする必要もないわけで、きのうの場合は、なん~となく、安く買い戻せるのではないのかなあ、と思ったわけで。


で、きょうは、銀子を3枚ほど買い戻しました。

今度は、買いなら、最大で30枚ほどのつもりですが、日銀があるので、きょうは打診の3枚だけ。

で、りそな銀子は、買い玉3枚の<00-03>です。

ほかはあまり持っていません。

手仕舞い

テーマ:

実験を終了して、銀子は、<00-00>としました。

きょうは、米株が持ち直したのに、外人さんが売るものだから、寄り付き直前に売り物がでて、寄り付きの成り行きが安値で、これは失敗。<00-10>を<00-05>にして、上がるの見て、<00-10>に戻して、そのあとに買い乗せをして、<00-13>にして、2円を取って、<00-08>にして、最終的に8枚を手仕舞いして、<00-00>にしました。


最大で銀子を13枚いって、2週間ほどで、揚がりは、20万ほどです。

基本は、立花さんのやり方ですが、ご本人は、3か月の「うねり取り」ですから、わたしとは、やはり違う。

自分なりのやり方で、行きましょうね。