想定変動幅(30日)

テーマ:
上限値:1185.59
下限値:1165.65

「すべてのエラーはヒューマンエラーである」
工学院大学の畑山洋太郎教授は「失敗学のすすめ」のなかで、こう書いています。
なにを生意気な、といいたいところですが、きょうのところは、おとなしくしています。
AD

セミナーをします

テーマ:
曲がったとたんの告知で、非常に恥ずかしいものがありますが、大阪でセミナーをします。

日時:4月30日(土)13:30~16:45
場所:エル大阪(大阪市中央区)

詳しくは、主催者の「クラビス」のサイトをご覧ください。
AD

読み違い

テーマ:
完全に曲がりました。
あわてて、再度の売り建てに走りました。
我ながら、ドタバタにあきれています。
調子が悪いのかもしれません。

間もなく開幕するプロ野球の球審談ですが--。
「球審なら、調子のいいときは、ボールが自分の方に滑ってくるように見える。ところが調子の悪いときは--」

昨夜はあれこれ考えてのことでしたが、考えること自体、曲がった証左だったのかもしれません。

AD

想定変動幅(29日)

テーマ:
上限値:1201.46
下限値:1186.62

28日は配当落ちの日でしたが日経平均とTOPIXは、陽線引けで終わりました。日経平均の上げ幅は、100ポントを超えています。
その一方、上げ銘柄は549で、下げ銘柄は978と多くの銘柄が下げています。
変な気配です。

日経平均に寄与する銘柄を上げたわけです。もう期末ですからね。
28日夜の「波動」は、新井邦宏さんの言葉を引いて、買い玉の損きりを勧めています。こうした局面で、露骨に買い方の投げを誘っている。--いやになる。わたしは、4月は強気相場になると期待しているのに。

わたしは自分の判断でやりますから、売り玉は、29日にいったん投げておこうと思っています。
どう転がるかわからない相場つきなので、売りからは、いったん撤収します。買い玉はそのままで、当分様子をみるつもりです。

バリュー投資(6)

テーマ:
候補の5銘柄は、それでも出来高は、1枚とか2枚で、これは困る。
いちおう、それなりに見て、そのうちに打診の買いから、ね。
配当落ちで、どれほど持ちこたえるのか、ちょっと興味があります。

バリュー投資(5)

テーマ:
新興バリュー派の四天王は、どうやら角山智、しん、四谷一、そしてinatoraに集約されるらしい。(敬称略でもうしわけない)
ほかにも、EBIだとか、KAPPAとかもあるみたい。
それぞれが、サイトを持っているので、どうぞ。

①仲良くやっているみたい。お互いの著作を「名著」として褒めあっている。キモイ。「戦い方」も「儲け方」も完全に黙殺している。--別に読まなくてもいいけど。

②それぞれが、この上げ相場でそれなりの実績を上げているみたい。

③相場にそれぞれが、真剣にかつ真摯に取り組んでいる。これはいい。

でも、オッサンが、この四天王のやり口を真似をするのは、大変なことがわかった。
inatoraさんが、抽出した306銘柄を、同じようにやって、リストにしてみた。
そこから、株価が低いものを、さらに抽出して、34銘柄に絞って、「銘柄発掘ナビ」にかけてみた。
残ったのは、11銘柄で、出来高が乏しいものは、さらに落として、5銘柄にしてみた。
これでいいのかな。

でも、わたしの場合は、TOPIXのETFとか5401を、適宜やっていたほうが、楽勝なんだけど--。

想定変動幅(28日)

テーマ:
上限値:1201.66
下限値:1185.88

きょうは、新興バリュー派のinatoraさんのセミナーに行ってきました。
バリュー派については、稿を改めます。
ちょっとお待ちください。

いま検証というか、銘柄設定というか、いろいろ作業があるので、
前半は、アルコールなしでやっていました。
今は、やってられないので、もう入ってしまいましたが。

会員権相場

テーマ:
どうやら動き始めたみたいです。
買いをいれたところは、この2か月で25万も上がりました。
まだ、初プレーもしていないのに、ね。

これが動くということは、インフレがひたひたと忍び寄っているわけなのでしょうか。


お詫び代わりに

テーマ:
みなさんは、個別の銘柄を選ぶときは、どんな基準をおもちなのでしょうか。
いまはバリュー株人気の末期?とも思いますが、こんなサイトがあります。
ここで、手がけようとしている銘柄が割安なのかどうか、買い付けの前に確かめることをお勧めします。
月3000円の会員制ですが、余裕があるなら、ぜひどうぞ。

ここは、「資産分割法」の若手論客の内藤忍さんから教わりました。