テーマ:
こんにちは。女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院です。

お許し頂いて、中村千代さまのお声をご紹介します。

中村さまは、深夜に首がズキンと痛み始め、少し動かしただけで首と腰にズキンと痛みが走る状態でお越しになりました。
千代さんのお声
てっきり今回もテニスで首と腰を痛めたものだと思っていたのですが、冷えが奥まで入り込んでいるとは思いもしませんでした。
問診で、あぁそういえばと思い当たるものが出てきたりするのですが、こちらがうまく説明できなくても、しっかりと汲みとっていただけるのは有り難いです。
ひと鍼ひと鍼、丁寧に刺していただくと、すぅっと痛みが和らいでいきます。
痛みの場所だけでなく内臓など身体全体を診ていただき、いろいろな面でアドバイスをいただくのは感謝感謝です。
私にとってなくてはならない安心で心強い鍼灸院です。
小竹先生これからもよろしくお願いします
「大好きなテニスを1日も早くやりたい」
症状を伺う中で、そんな中村さまのお気持ちがひしひしと伝わってきました。
ひどい寝違いの様な状態でお越しになりましたが、初回で痛みが、ほぼ治まって良かったです。
活き活きとテニスボールを追う中村さまの姿が目に浮かびます。
テニス頑張って下さいね、応援しています。

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。
今日は二月が旬の食べ物をご紹介します。

鶏卵や納豆にも旬があるというのが、一年中あるのが当たり前になっていますから新鮮な気持ちになります。

そして、ふきのとう、わらび等の、まさに春!の食材が出て来ました。
明日は節分、そして明後日の4日は立春です。
まだまだ寒いですが、暦の上では「春」になります。

野菜類(果物含む)
からしな
ふきのとう
わらび
いよかん
はっさく
デコポン

魚介類
しらうお
たい
わかさぎ
あおやき
あさり
あまえび
はまぐり

その他
鶏卵
とうふ
納豆
おから

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。

今日はデリケートゾーンの痒みについて書きたいと思います。

結構、悩んでいる方、多いです。

でも誰に相談したらいいの?というか......もしかしたら恥ずかしくて相談できないと思っておられたり、そもそも、そんな症状を鍼灸院で言おうとは思われないのだろうと思います。

というのも、お体の状態から「これは痒みがあっても不思議ないな」と思い、私から「痒みはありませんか?」とお尋ねした結果、「実は......」とお話し下さる方ばかりだからです。

原因は大きく分けて2つあります。

・熱によるもの
・乾燥によるもの

鍼灸院ではデリケートゾーンを診たりしません。
でも、オリモノの状態などはお聞きしますので教えて下さい。
診断上も大切なお話です。

使うツボは、手足やお腹、背中などです。

単に鍼灸の施術だけでは無く、日常生活で注意して頂きたいこともあります。
これは原因によって、またその方の習慣によって変わってきますので、ここで○○して下さいとは言えないのですが、日常をちょっと気をつけるだけで再発を防ぐことにつながりますので是非、お心にとどめておいて頂けたらな、と思います。

共通して言えることは、痒いからと言ってボディーソープ等で洗い過ぎないことです。
石鹸成分が刺激になって余計に痒みをひどくしている人が多いので。

どうしても洗いたくて我慢できない場合は石鹸類を使わず、ぬるま湯で軽くすすぐだけにして下さい(これも1日に何回もとなると、控えて頂く方が良いです)

心配し過ぎる必要もないし、深刻になることもありません。
でも痒いとイライラしてしまいますよね。
だから、ちゃんとケアして防いで欲しいから、デリケートゾーンのお悩みは我慢せずにご連絡ください。

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。

今日は花粉症の症状を抑えるために薬を飲むことについて思うところを書きたいと思います。

先日のブログを要約すると花粉症は「体内にある排泄すべき物が排泄し切れていないから、本来の排泄器官ではないところから排泄しようとして出ている症状ですよ」という話でした。

この排泄という症状を薬で抑えてしまうと、どうなるか?考えてみて下さい。

排泄で思い浮かぶのは(食事中の方は後で読んで下さいませ!)大便や尿、汗でしょうか。

排泄を薬で抑えるということは、例えていうと、この大便や尿を薬で出なくしているのと同じことと言えると思います。
つまり排泄したい、いえ、排泄すべき物が体に留まるということです。

その状況、嫌ではないですか?
少なくとも私は嫌です。
そして、周囲の人にも留めてほしくないと思います。

何故なら排泄すべき物を体内に留めてしまうと、その先はどうなるか誰にもわからなくなってしまうからです。
将来、体はどんな形で排泄しようとするのでしょうか?
腫瘍や血管の詰まりになるかも知れないし、爆弾を抱えるようなものです。

本来は出ている症状は身体からのメッセージなので、出るままにしておくのがベストです。
ですが、あまりに辛い花粉症の症状は、鍼灸でも少し緩和させます。
緩和させつつ、本来の排泄力を高めて体内に留まらないようにしていきます。

お困りの時には、ご相談下さい。

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
こんにちは、女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院・小竹代里子です。

今日は花粉症の原因について書きたいと思います。

花粉症の原因は花粉ではありません。
結論から言うと花粉症の原因は「排泄力の弱り」です。

花粉症の症状として何度も出る激しいクシャミも、止まらない鼻水も涙も、花粉という切っ掛けをもらって、体が排毒している症状の一つに過ぎないのです。

こんな辛い症状で排毒しなくても、人間には排毒する力がありますよね?

そうです、排便・排尿です。

胃腸が丈夫で、しっかり働いて、排尿や排便で体内の毒素がしっかり排泄出来ていたならば、花粉症の症状は出なくなります。

ですから「一度、花粉症になると治らない」といいますが、そんなことはありません。
排泄すべき毒が無くなれば、花粉症の症状もおさまりますから安心して下さい。

鍼灸では、花粉症の症状を少し緩和しつつ、排泄力を高めて、根本的に花粉症を起こしてしまう体質の改善を図ります。

次回は、辛い症状を押さえる為に薬を飲むことについて書きたいと思います。


女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。

少し遅くなりましたが1月が旬の食べ物をご紹介します。

野菜類
カリフラワー
みずな
くわい
小松菜
大根
長ネギ
菜の花
野沢菜
白菜
ほうれん草
芽キャベツ
蓮根

果物
いよかん
オレンジ
レモン

魚介類
あんこう
たら
わかさぎ
甘エビ
カニ
ホタテ

その他
豆腐
納豆
おから

ほうれん草は健康に良い!イメージがありますが、要注意な食材の一つです。
シュウ酸が多いので結石になりやすいことと、葉に肥料の成分の硝酸性窒素が溜まりやすいことが挙げられます。
この硝酸性窒素が葉の部分に溜まりやすい点については他の葉野菜の小松菜なども同じです。
ほうれん草は、大好きだから食べるのは百歩譲って良い(卵などのタンパク質の物と一緒に食べて頂く方が良いです)が、健康に良いから食べてますというなら、上記の理由から控えて頂くのがお薦めです。

先日、お友達のお宅でサラダをご馳走になりました。
生のカリフラワーにポン酢が掛けてあってビックリしました。
生のカリフラワー、意外でしたが美味しかったです。ご馳走様でした。

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。

今日はお許し頂いて関家英子様のお声をご紹介します。

平成22年、71歳の私は心身共に疲れ、弱っていました。 

ご縁をいただいて代里子先生に鍼治療をしていたたくようになりました。

風邪引き、じんましん、食中毒、胃痛、ぎっくり腰、肩こり、腕足膝の痛み、ヘルペス、不安感、不眠などなど
多くの痛み苦しみを治していただきました。

時には励ましていただいたり、アドバイスをいただいたり......と
本当に楽しい治療の時間です。

そして何より嬉しいのは、疲れきっていた心と体を元気にしていただいたことです。

本当に有り難うございました。
これからも宜しくお願いいたします。

関家さまは本当に根気よくご自身の症状と向き合われ、お体もお心も良い方へ大きく舵をきられました。

大好きな映画が済んで座席を立つ時に辛かった膝の痛みもほぼ解消、毎朝のお散歩も欠かさず行っておられます。

たとえ同じレベルのストレスが掛かったとしても、気や血の巡りが良いと、体がストレスによって蝕まれる程度は軽くて済みます。

その結果として健康に近づかれ、オマケとして付いて来たのが、お肌のキメの細かさと足のホッソリです。

関家さま、健康はもちろんですが、美しさと心の身軽さを、これからもどんどん手にしていって下さいませ。

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。阪急電車十三駅から徒歩2分、女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。

今日はM.Iさまから頂いたお声をご紹介します。

M.Iさまは、当院に来られる前に他の鍼灸院などで鍼を受けておられました。
ですが鍼の痛みが苦痛で、通うのを止めてしまわれたそうです。

それでも症状としての痛みがあったので何か治療法はないか?とネットで検索しているうちに当院の「刺さない鍼」を見つけて来て下さいました。

「刺さない鍼」をとても気に入って、痛みの症状が無くなった後もメンテナンスの為に続けておられます。
2016122518390000.jpg
他のところで、鍼を何度か受け、効果は実感じていましたが、やはり痛い事が苦痛になり、足が向かなくなってしまいました。
そんな時、ネットで女性専門の痛くない鍼というものに魅力を感じ、小竹鍼灸院にお世話になりました。
お部屋に漂うアロマの香りと心地よい音色、とても落ち着く雰囲気の中、先生は親身になって診て下さいました。外科的な痛みは早く改善しましたが、私たちは自分の体内が見る事ができない中、脈診・舌診等で体の不具合と、その臓器の関係性を教えて下さり、驚きと同時に感動しました。
東洋医学にとても納得でし、と同時に「ささない鍼」によって痛みもなく気楽に通え、不調が改善してきております。
何でも相談でき、日常生活の注意点も丁寧に教えて下さり、本当に安心しております。
信頼できる鍼灸院に出会えて本当に感謝しております。

M.Iさま「お声」を有り難うございました。
お伝えした日常生活の注意点をマイペースで守り続けて下さっているのも、症状の改善につながっています。
マイペースが続けられる秘訣だと思います。

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。

12月が旬の食べ物をご紹介します。

他にも大根や人参もあるのですが数カ月が旬になって幅があるので、今月はあえて除きました。
冬の味覚、鍋に向きそうな食材が山盛りです。

温かくしてお過ごし下さい。

野菜類
小松菜
サツマイモ(もうすぐ終わり!)
野沢菜
白菜
芽キャベツ
レモン(国産レモン)
そば(もうすぐ終わり)

魚介類
イイダコ
ヤリイカ(諸説あります)
カニ(諸説あります)
あんこう
さば(もうすぐ終わり!)
たら
ぶり
たらこ

女性の痛み悩み・女性専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院 小竹代里子です。

今日はU.U様のお声をご紹介します。

U.U様は「最近、エステに行って頭痛と疲れが出た」と仰いました。
お体を診せて頂くと、かなり弱っておられました。
弱っているところへ、しっかり系のマッサージなどの強い刺激が入ると、だるさや疲れ、ひどい時にはU.U様のように頭痛が出ることもあります。

ですので鍼灸施術は最も刺激の軽い刺さない鍼をさせて頂きました。
下記は、その初回の時のご感想です。

U.Uさまのお声

先日はありがとうございました。鍼灸施術は初めてだったので少し楽しみでしたが、1つ1つツボを確認していただきました。お腹に刺さない、くぎを打っていた時には正直きくのかなと思っていましたが肩が楽になってきて、続けていきたいなと思いました

ストレスがたまっていることは、あまり気づかない事ですが実際、食事もよくなく、睡眠不足も当たっていて体はウソをつけないのだなと思いました。

たくさん質問したりしても1つ1つていねいに答えていただき、とても楽しかったです。ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お手紙もあってとても良い接客だなぁと思いました。私も将来、参考にさせていただきますね(笑)ありがとうございました!!

U.U様お声を有り難うございました。
夢に向かって頑張って下さい!応援しています。

女性の痛み・悩み専門の小竹鍼灸院(完全予約制)
ショップ住所
阪急電車十三駅から徒歩2分
大阪市淀川区十三東2-6-8第2高田ビル601
営業時間営業日時
9:00~19:00(水曜定休)
目基本情報
メニュー
アクセス
患者様の声
よくある質問
大阪市淀川区十三駅徒歩2分小竹鍼灸院のホームページ
でんわご予約・お問い合わせ
06-6777-7640
ご予約・お問い合わせは「ブログを読んだ」と言って頂くとスムーズです。
24時間対応メールフォーム
info@sinkyu.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)