ありがとうございます

テーマ:

アジュンマの長女のすみんです。
 
 
母が亡くなってからもこのブログを覗いて頂き、コメントやいいね!を残してくださる皆様
 
 
母に代わってお礼を申し上げます。
 
 
本当にありがとうございます。
 
 
こんなにもたくさんの方々から思われている母が誇らしいとともに、私もうれしいです。
 
 
 
11/11日は母の初七日でした。明後日の18日は二七日です。
 
 
時間が過ぎるのはあっという間ですね。母がいないのに日常が普通に過ぎていくこと、母に対するおもかげが薄れていくのではないかという焦りがあります。
 
 
先週の土曜日、父と私の主人とであちこち行ってきました。
 
 
 
周南でひらかれたモーターショーに行って、広島のゆめタウンに行って、下関の海峡タワーに行きました。
 
 
計画性のない行き当たりばったりなお出かけでしたが、下松のSAでまだがんと告知される前に父と母と妹でご飯を食べたこと
 
 
がんと告知され膀胱全摘してから父と母と美東のSAに行ってご飯を食べてアイスクリームを食べたこと。
 
 
そこの身体障碍者用トイレが新しくきれいで、オストメイトの方用にもなっていて母と一緒に入ったことなど、思い出しました。
 
 
今となってはですが、どうしてもっと早くわからなかったのか、どうして母にもうちょっと詳しく検査してみようといえなかったのか、
 
 
 
まさかがんとは。。。まったく医療知識のないものですから…
 
 
やっぱり後悔は残ります。
 
 
母が私が幼いころに、家庭に一人でも医療従事者がいればと言っていたことを思い出しました。私に看護師になれば?というようなことを言ったことがあるのも思い出しました。
 
 
 
周りの方からは「娘さんはよく頑張った!お母さんによくしてあげた。」って言われるけど、本当にそうなのだろうか。。。
もっともっとしてあげたかったこと、もっと話したかったことなど。。。
 
 
後悔しない人はいないと思いますが、後悔は尽きないですね。
 
 
親はいてくれるだけでありがたい、と母方の祖父がなくなってから母がよく言っていましたが、その言葉が今はよ~くわかります…。
 
 
 
治らない病気というものがこの世からなくなればいいですね。
 
 
 
だんだん寒くなってきましたね。皆様もお体お気をつけください。
 
 

 

 

 

 

生前お花が大好きだった母は今もお花に囲まれています。

 

 

お花を送ってくださったお友達もいます。 ありがとうございます。

 

 

アジュンマの長女 すみん

 

長女のすみんです

テーマ:
アジュンマの長女すみんです。

母のスマホから代わりに書かせていただきます。



11月5日 19:31 母は皆に見守られて、安らかに眠りました。



4日の夜から急に容態が悪化し、肩で息をするようになり


言葉を発することが難しくなり、意識ももうろうとしているような状態になりました。



とても辛そうに見えましたが、主治医の先生は薬でコントロールしてあるから、こちら側が考えるほど本人はえらくないはずだと言われました。



呼びかけると反応もしてくれて、ときどきアーと声も発してくれました。



お昼過ぎには体を自分で動かし、しばらくあーあーと何か言っていました。



多分、ありがとうと言っていたんじゃないかな?と思います。



口の中は乾燥でパリパリ、舌もひび割れみたいになって、スポンジで少しずつ濡らしてあげましたが、たんもからむようになりだし、本当にえらかったと思います。



それでも最期まで本当に頑張りました。



回りに迷惑をかけるのが嫌だった母は最期まで母らしく生き抜きました。




お母さん、ありがとう。




支えて下さった母のブロともの方ありがとうございました。



また後日改めて書きたいと思います。