女性宅に押し入りわいせつ行為をしたなどとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた沖縄県浦添市の廃品回収業川満秀樹被告(40)の裁判員裁判で、那覇地裁(鈴木秀行裁判長)は14日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
 裁判員6人、補充裁判員2人全員が女性だった。判決後の記者会見で、裁判員を務めた50代の会社員は、全員女性だったことについて「意見が言いやすかった。男性がいると言いにくいこともあった」とした。一方、別の裁判員だった50代女性は「一般男性の意見を聞けたら良かった」と話し、評価が分かれた。
 また補充裁判員だった60代会社員は、裁判官が全員男性だったことを指摘。「裁判員に男性が、裁判官に女性がいた方がバランスがとれた」とし、制度改正を主張した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕
わいせつ行為撮影し販売=DVD所持容疑で調理師逮捕
鳥取連続不審死、捜査終結=裁判員裁判で審理へ

首相動静(5月11日)(時事通信)
<掘り出しニュース>ゴリラ研究科×狂言師が“異色”コラボ ゴリラ題材の新作狂言披露(毎日新聞)
6月1日に緊急対策案―障がい者総合福祉部会(医療介護CBニュース)
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)
3月下旬に県の検査すり抜け=口蹄疫感染の水牛―宮崎(時事通信)
AD