第四銀行(新潟市中央区)は19日、糸魚川支店に勤務していた40代の女性行員が、現金自動預払機(ATM)補充用の現金など計900万円を着服したため、12日付で懲戒免職処分にしたと発表した。既に全額弁済されており、同行は女性を告訴しない方針。
 同行によると、女性は同支店で、店内で扱う現金の管理を1人で担当。2007年6月から今年1月までの間、計7回にわたりATMに補充する現金の一部を抜き取るなどして着服、借金の返済や生活費に充てていた。1月6日、同じ職場に長期間勤務する職員を対象にした内部調査で、着服が発覚したという。 

【関連ニュース】
元県職員に有罪=道路回数券着服
ノリタケ元社員を逮捕=「着服金、競馬に使った」
ノリタケ元社員を逮捕へ=9100万円着服で告訴
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円
生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職

防波堤に大発生? 木更津のヒトデ干し(産経新聞)
<JR山陽線>トラック接触で線路点検 19本運休(毎日新聞)
中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)
車上荒らしに警察手帳盗まれる 千葉県警巡査長(産経新聞)
北教組の深い闇 選挙活動、指導要領否定…諸悪の根源「46協定」とは(産経新聞)
AD