popo♪のブログ

かの孔子も孫子も「治世救民」を我が天命とし、そこには我欲のカケラもなかったという。
趙雲将軍の「無欲」と季布将軍の「誠意」を目指して。
ささやかながら小運を1つどうぞ。


テーマ:

やはり、日本のマスコミは腐っていたというお話。
下の記事によれば、復興予算のうち、30億円を超えるお金が、TVなどの「復興支援CM」に消えたという。

被災地の漁業組合など地場産業は、政府からの援助金はなく、資金難で倒産に追い込まれたものも少なくないという。

そういう急迫した財政難の折に、復興予算のおこぼれでTV局などの大手メデイアが、潤ったという。
これが事実なら、即刻、東京キー局などのマスメデイアは解体すべきだろう。
資本主義だろうが社会主義だろうが、中央政府とその取り巻きの腐り方は同じことがわかる。

ここ1ヶ月間で、民主も自民も公明も、ついでに維新の会も、3回以上はクビになっている。

国民の意思を軽く見る議員や役人は要らない。


『震災復興予算の流用問題 大メディアと国会は2か月も頬被り
2012.10.16 07:00 週刊ポスト

 本誌が8月10日号(7月30日発売)でスクープした震災復興予算の流用問題がここにきて大騒ぎになっている。
 9月9日のNHKスペシャルが「追跡 復興予算19兆円」と題して報じると、朝日、毎日、読売など各紙や民放各局が10月に入って一斉に批判報道を展開し、国会にも飛び火。

 自民党は衆院決算行政監視委員会の閉会中審査を要求し、政権側は委員会を開かせないために民主党委員を欠席させる暴挙に出た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この復興予算流用問題の本質は、財務省をはじめとするシロアリ役人と政治家が「復興のため」と国民に増税を強いながら、巻き上げた税金を被災者のためではなく、庁舎の改修やハコ物公共事業などシロアリの利権拡大に好き放題使っていた「騙し増税」の構造にある。

 消費増税も同じだ。

 国民には「社会保障のため」と説明しているが、実際は社会保障の充実には使われず、民自公3党と霞が関の間には、「増税による税収のうち毎年5兆円は防災の公共事業にあてるという暗黙の合意がある」(自民党大蔵族のベテラン議員)という。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大メディアは決して報じないが、復興予算には、総額30億円超にのぼる「新聞・テレビへの口止め料」が含まれているのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 また、TBSは今年2~3月にかけて、BS番組『ニッポン美味しい笑顔紀行~東日本ギョギョうま編~』を5回にわたって放映。

 萩本欽一、農水省「お魚大使」のさかなクンらが石巻、気仙沼、釜石など被災地の漁港を回っておいしい魚の食べ方を紹介した。

 これも農水省の「食べて応援しよう!」事業であり、復興予算から5250万円の制作・放映料が支払われている。

 税金丸抱えの復興支援番組である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 TBSはバラエティ番組『ひるおび!』で、「ココがヘンだよ復興予算」と題して流用問題を取り上げたが、補助金水増し請求までしていた同社はシロアリの同類であり、税金の使途を批判する資格があるとは思えない。

 復興予算ではほとんどのキー局で大量のテレビCMが放映された。

 TOKIOのメンバーが野菜を食べる「食べて応援しよう」のスポットCMは昨年夏に首都圏各局で800回、今年春には全国のテレビ局で1200回放映された。

 農水省がテレビ局に支払ったCM料首都圏分で総額7860万円、全国分は8700万円だ。
 ちなみに、このCMに出演したTOKIOは出演料無料のボランティアだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例えばテレビ岩手(日本テレビ系列)では毎週土曜日『手を、つなごう。岩手』という約3分の内閣府提供番組を放映。

 番組制作費・放映料は1本80万円で、2年間の総額は4億5200万円。

 これは生活再建に取り組む被災者を紹介する内容だが、目的は住民支援というよりスポンサー難に苦しむローカル局支援の色合いが強い。

※週刊ポスト2012年10月26日号』(news-postseven)
http://www.news-postseven.com/archives/20121016_149218.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

popo♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。