30代を自分らしく生きるために。東京・渋谷 ライフデザインコーチング

今のあなたの本気の選択が、あなたの願う未来につながっています。

 たくさんのブログの中からご訪問頂きありがとうございます。


 あなたは今、自分らしく生きていますか?

 私たちは、自分の地図を描き、旅するために生まれてきました。
 このブログでは、あなたらしい地図を描いて生きるための
 ヒントをご提供しています。

 芽NEW 大切な人とのよりよい関係を育むために。ご夫婦や
    パートナーの方のためのパートナーシップ・コーチングを
    スタートしました。詳しくは、こちらから。
 芽インタビューして頂きました。インタビュー音声はこちら です。


テーマ:

コーチングは、

「願う変化を意識的に起こしてゆく」

ための対話と行動のプロセスです。

 

そして、私たちは誰しも、

変化することへの恐れと願いの両方を持っています。

 

だから、その願いと恐れが拮抗して、

身動きが取れなくなって、

アクセルとブレーキを両方同時におもいっきり

踏んでいるような状態が起こることがよくあります。

 

私も、そんな状態になることがあります。

 

特に、数年前に、

「ここからは、複雑な問題で悩んでいる

ご家族の応援のために自分を使いたいんだ」

と心から確信したとき、

同時にそのことを思うと

恐くて恐くてたまらなくなりました。

 

拒否されたらどうしよう。

これはだたの私のエゴなんじゃないか。

家族でもないあなたにはこの苦しさは

分からないって言われたらどうしよう。

自分が役立たずだということに直面するんじゃないか。

 

そして、その恐れは、

ご家族と向き合っている今もあります。

 

でも私は、ご家族とともに歩むということを

今やっているし、これからもやっていきます。

 

それを可能にさせてくれたのは、

ある方が数年前に言ってくれた言葉です。

 

・・・・・・・・・・・・

 

「恐れは一生なくならないんだよ」

 

「大事なことは、恐れがありながらも、

前に進むか、とどまるかを選ぶことだと思う」

 

・・・・・・・・・・・

 

この言葉は、私にとっては大きな衝撃でした。

 

なぜならそれまでの私は、

自分の中に恐れがある限り、自分は準備ができていないし、

この先に一歩踏み出してはいけないと思い込んでいたからです。

 

でも、本当に恐れがなくならないとしたら、

私はこの場所に留まることを選ぶのか、

それとも前に進むことを選ぶのか。

 

この選択肢を自分で持っていることは、

私に大きな力を与えてくれました。

 

今、恐れを持ちながら歩んでいて思うことは、

ああ、本当に恐れはなくならないんだなあ、ということ、

そして、前に進み続けている人たちの多くは、

そうして恐れとともに歩んでいるんだなあ、ということです。

 

だから私は、

恐れがあって前に進めない!と今ここに留まっている方には

「恐くていいよー!そんなの当然だよーー!!!」

と心から言いたいです。

 

そして、

恐れが大きければ大きいほど、

それは、一歩踏み出した先の世界が

自分にとって大事なことだよ、のサインだから、

その一歩を、心から祝福して

一緒に踏み出したいと思っています。

 

 

ジャンプ!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

ライフデザイン・コーチの上田あきこです。


「ああ、今、人生の次の生きかたに

 向かっていらっしゃるだなあ」


コーチとして出会い、伴奏させて頂く中で、

クライアントさんの今に触れ、

そう感じることが多くあります。


そして、そんな時を迎えていらっしゃる方から

共通して感じるのは、一種の「居心地の悪さ」です。


これまで当たり前だと思っていたことが

そうじゃなくなってきている。


でも、現実は、それがまだ当たり前のように

存在していることへの違和感。


これまで無意識のうちに脇においてきたものが、

自分の中でむくむくと大きくなってきていて、

どう扱っていいかわからない心地の悪さ。


次を描いて選んで動いていきたいのに、

鮮明に描けない、選べないはがゆさ。


変化してゆくことへの願いと恐れが

拮抗して、動けない感覚。


そんな今、に触れるにつけ、

次に向かうための、必要なことが起こっているなあ、

と感じます。


何の変化もない、これまでと同じ領域にいたら、

「居心地の悪さ」なんて起こらない。


そして、「居心地の悪さ」が起こっているということは、

すでに変化の入り口にいるということだと思うからです。


だから私は、

このことを、心から祝福して、

クライアントさんと一緒にいたいと思います。


居心地の悪さに留まり続けて、自分に問い続けることは、

時にとてもタフなプロセスです。


居心地の悪さから逃れようとするために、

一時的な、安易な答えじみたものを選ぶことは、

とてもとてももったいないことだと思います。


そんなこと、

自分のためにも世界のためにもならないと思います。


私は、その居心地の悪い場所に一緒に留まりながら、

その奥にある今、現れようとしている光を見つけることを、

コーチとしてやっていきたいと心から思います。


今、私の人生にもそんな居心地の悪さが起こっていて、

私自身がこのプロセスをしっかり経験することが、

たくさんの方たちの力になると信じています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
ライフデザイン・コーチの上田あきこです。

先日、あることで主人と言い争いをして、

私が「キイイーーー!」となって、最後は
「もういい!私がこれ、やるから!」と
引き受けて終わりました。

引き受けて自分がやったはいいけれど、
なんだかとても後味が悪くって、
なんだろうこれは・・・と考えていて、
気がついたことがありました。


それは、

私は、自分が引き受けることを選ぶことで、
対話し続けることを手放したのだな、

ということです。


十分に対話をして、お互いの合意の上で
自分が引き受けるならいいのだけど、
それがなされないまま自分が引き取ることは、
自分が責任をとっているようでありながら、
2人の責任において対話し続けることを
放棄するということなのだなと。


だからこんなに悶々としたのだなあ、
とわかりました。


そして、この感じって、
今回だけじゃないなあ、と思いました。


これって夫婦の間で
とてもよく起こることなのではないかと思います。


ものごとが前に進まずスタックしていることは
時に居心地が悪いし、
夫婦の間で、日々やる必要のあることがある。

それらの「やること」を2人の間に置いたとき、
どれだけ向き合って、対話し続けることができるのか。


それは、今この瞬間、
ものごとを決めたり前に進めること以上に
大事なのではないかと思います。


そして、

対話し続けた先には、
それらの「やること」が、この先もっと気持ちよく、
2人の間で大事にされながら進んでゆくのだと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
ライフデザイン・コーチの上田あきこです。

「自分は、何を大切にしたいのか?」


この問いは、とてもシンプルで、本質的で、
そして「はじまり」の問いだなあ、と切に感じます。


2008年からコーチングを学び、実践し、
受け続ける中で感じることは、


この問いの答えを探すところから、
すべてははじまるのだということです。


コーチングは、
具体的に選択をして、行動してゆく
プロセスを、自分の人生において確実に、
そして丁寧に起こしてゆく対話です。


その時に、
「自分が大切にしたいこと」に
その選択と行動がどれだけつながっているのか。


それともつながっていないまま
選択して行動しているのかでは、


天と地ほどの違いがあると私は思います。


自分が真に大切にしたいことに
つながっていると、
私たちは、どこまでも力が湧いてきます。


それを大切にするための行動が、
どれだけチャレンジングなことだったとしても。


途中でうまくいかなかったり、
失敗した!って思ったり、
へこむことがあったとしても、
自分はこれが大事だからやってきたんだ、
と思い出すと、ちゃあんとまた力が湧いてきます。


そして、本当の意味で
「自分は、何を大切にしたいのか?」
の答えを見つけることは、そして、
その答えを生きるプロセスは、
時にとても混乱や葛藤や恐れや、
いろんなものをもたらします。


そして私は、
それでいいし、
それがいい、と思います。


それは、自分自身がそんなプロセスを
経験し続けていることを通して、
とても豊かに生きているなあ、と感じているし、
そうして生きている人たちが、
人として本当に美しくてパワフルだなあ、
と感じるからです。


そして、人として、コーチとして、
そんな方たちと共に歩み続けていたなあ、
と心から思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ライフデザイン・コーチの上田あきこです。

ずいぶん長くブログの更新が滞っていましたが、
ここからは、意識的に、丁寧に言葉にしていこう、
と昨日決めました。

ここ数年は、
何か文字にして書いて伝えるよりも、
人と直接出会うこと、
出会い、通い合う場を創ること、
自分の言葉で直にお伝えすることを
大切にしてきました。

今この瞬間、
目の前に人はいないんだけど、
今自分からわき起こってくることは
きっと私以上の多くの方にとって、
とても大切なことなんじゃないか、
という気持ちがわあーーっと
起こってきたときは、
facebookに言葉にして投稿することは
ときたましていました。

ブログは、自分の中では
手つかずでほったらかしの
お庭のようになっているイメージでした。

だけど、最近お会いした何人もの方から、
ああ、私のブログを見てくださっているんだなあ、
とても丁寧に読んで、
受けとってくださっているんだなあ、
と感じることが多くありました。

そして、今のこの瞬間も、

まだお会いしたことはないけれど、
私からこぽこぽとわきあがる何かを
受け取り感じてくださっている方がいるとしたら、
そして、それがその方の生きる力の一部になるとしたら、
私は、私を通じて生まれゆくものを、
丁寧に言葉にし続けることをやりたいと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)