国土交通省は19日、東北新幹線(八戸-新青森)の12月の延伸開業に伴い、JR東日本から経営分離される東北線(八戸-青森、96キロ)を引き継ぐ第三セクター「青い森鉄道」と青森県の事業申請を許可した。
 青い森鉄道は2002年12月の東北新幹線延伸時に目時-八戸間で開業。今回の青森までの延長で全長121.9キロとなり、地方鉄道では熊本、鹿児島両県間を運行する「肥薩おれんじ鉄道」(116.9キロ)を抜き全国最長となる。ただ、経営状況は厳しく、青森県などは国に財政支援を求めている。 

【関連ニュース】
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界
山梨、茨城などで積雪=気象庁

岡田外相「ぶら下がり取材」廃止 記者クラブが押し切られる(J-CASTニュース)
公明、露骨な民主寄り 介護政策提言 代表、協力姿勢を強調(産経新聞)
「撮り鉄」本格捜査へ 「犯罪行為」「タブー」 マナーめぐり論議(産経新聞)
千葉大生殺害 「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認(毎日新聞)
<入試出題ミス>理科で、全員に得点 国立高専(毎日新聞)
AD