Plusui(プラスイ)〜伊藤紀美子のビューティフル・エイジング〜

「素敵に輝くあなたの為に」
水とスキンケア Plusui(プラスイ)より、
高品質でお買い得なコスメだけでなく、あなたの
毎日を輝かせる心身健やか情報をお届けします。

みずみずしく活きる、肌も。心も。プラスイ

NEW !
テーマ:

今日はのどかな建国記念日。来週から又寒くなるそうですから束の間の穏やかな一日です。小春日和と呼ぶには少し早いかもしれませんがあまりに気持ちよさそうなので外を歩いてみることにしました。






日頃は花時計をゆっくり見ることもありません。パンジーがシックな色でまとめられていてきれいです。






休日のフラワーロード。静かで平和です。これから三寒四温を繰り返しながら春に近づいて行くのですね。もしかしたら春を心待ちにする今のこの時期が1年のうち一番好きな時かもしれません。

2月11日の建国記念日ですがこの日は何の日かと言うと日本が建国されたという事実を記念する日。日本と言う国がこの日に建国されたのではないのです。 国を愛する心を養おうという趣旨で50年前に制定された記念日です。

もとの紀元節にあたるこの日は日本書紀による日本誕生の日。つまり神武天皇即位の日です。

国民の祝日に日の丸を立てる家はほとんど見られなくなりましたが、日本と言う国の素晴らしさを今更ながら感じます。日本人の精神性の高さ、日本文化の素晴らしさ、美しい国土・・・・・日本を誇りに思うと共に日本人に生まれた幸せを感謝する日でもあります。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

この間ビルボードライブの前に軽くお食事したハービスプラザのイタリアンバル、「アンシャンテ」。 何気なく入ったお店で頂いたのはクレソン鍋。こんなイタリア風のお鍋は初めて。





たっぷりのクレソンにトッピングはガーリックオイルにトマト、チーズ。豚のしゃぶしゃぶイタリア風。あっさりしていてとてもおいしい。クレソンはアントシアニンが豊富なお野菜なので抗酸化力もぐっとアップ。これからの春が旬のお野菜、特有の香りやほろ苦さが食欲をそそります。

冬は鍋料理が最高ですね。冬と限らず一年中鍋が大好きなんです。毎日鍋料理でも構わないくらい。スタンダードなふぐちりやしゃぶしゃぶの他最近はいろいろな素材を組み合わせたアイデア鍋の種類が豊富で楽しいですね。いろいろトライしてみたいと思うけどやはり定番に落ち着くようです。

温かいお鍋で心も身体もほっこり。冬は鍋に限りますね。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




冬は乾燥肌や敏感肌、肌荒れなど肌トラブルでお悩みの方が多い季節です。


そもそも乾燥肌とは何でしょう?それは体内の水分の蒸発を防いでいる「角質層」の衰え、角質層を保護している皮脂膜の分泌の衰えにより肌のバリア機能が低下しそれにより身体全体の水分量が低下している状態のことを指します。

又間違ったスキンケアーで角質層を傷め、自ら乾燥肌になってしまうケースも意外と多いのです。実はスキンケアーのステップの中で最も乾燥肌の原因となりやすいのはクレンジングなのです。

つまりクレンジングにはもっとも注意が必要なのです。角質層に影響を与えにくいように洗浄剤が設計されている良質な物を選ぶことがとても大事。つまり洗浄力があまり強くなく角質層の細胞間脂質や天然保湿因子への影響が少ないクレンジング剤を選ぶようにしてください。

合成界面活性剤不使用や使用していても肌への毒性が低く浸透性が低いものが使われているクレンジングは角質層への影響が少なく安心です。

そして乾燥肌の最大の原因は「こすりすぎ」と「洗いすぎ」。

こすらないでメイクを落すマイルドなクレンジングを。少し濃いめのメイクの時は、その部分のメイクを落すのに必要な洗浄力の物をパーツごとに使い分けるといいですよ。例えば目元のポイントメイクは界面活性剤が入ってないオイルやクリームで事前に落としておくとか、普段のちょっとしたお手入れの積み重ねで潤いのある健康的なお肌がキープ出来るのです。






プラスイのプラチナアクアクレンジングはお肌に優しく処方されたマイルドなクレンジングです。汚れを落としながらトリートメントするプラスイアクアクレンジングで脱・乾燥肌を目指しましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

神戸の県庁の上、相楽園の北西にある1年ほど前にオープンしたモダンイタリアンのお店、「T,N」。同じ場所に以前は「モンテ」というフレンチレストランがありました。ここにも何度か行きましたがこじんまりとしたお店でくつろげるところが気に入ってたのにいつしか閉店。そのあとに今度はイタリアンのお店が入ったのです。

料理のレベルが高くてそれでいてあまり有名でなくて穴場的な店。いい素材を上手に料理してワインのセレクトもいい。とにかく予約の取れないお店が流行っているけれどその手前で行くのがいいですね。






お店はシンプルモダン。 こじんまりと落ち着ける雰囲気。 斬新な盛り付けと器。







35歳のオーナーシェフは東京のミシェラン2つ星店、「リストランテASO」で3年修業を積んでの独立。最近は若い料理人やシェフが独立して作る小さなお店がとても多いですね。居心地の良い又行ってみたいと思わせるお店を見つけるのも楽しみの一つです。







ところでフランス料理の世界では、2014ミシェランフランスで日本人シェフの星つきレストランはなんと20件もあるとか。日本人の活躍は目覚ましいようです。そもそも2002年に初めて日本人オーナーシェフとして1つ星を獲得した「レストラン平松」の平松シェフ、2006年、「ステラマリス」の吉野シェフの第一世代が日本人への評価のベースを築いたのでしょう。

今やフランスでは2つ星、3つ星の有名店でシェフに次ぐNO2のポジションを務める日本人が多くなっているようです。食の世界でもメインストリートで活躍する日本人が多くなったのはとても良いニュースです。日本人シェフがフランス料理を進化させているとまで言われるほど評価が高いのは嬉しいことです。

フランス人に比べて労働意欲が高いこと、仕事も早くて丁寧と真面目な日本人の気性がここでも生かされているのでしょう。日本料理のブームも相まって世界的に日本の評価が高くなるのは喜ばしいことですね。





スタイリッシュで気取らないモダンイタリアンのお店「T,N」。上質な時間が過ごせるお店でした。
いいね!した人  |  コメント(0)

怒涛のような1週間が終わりました。今日は穏やかな土曜日です。外を歩くとひんやり寒いけどとてもいい気持ち。今朝、歯医者さんに行ってその後は珍しく何の予定も入ってないのです。予定が入ってないって開放感があっていいですね。何をして過ごそうかしら。

自然に足が向いたのが本屋さん。ゆっくり本屋さんで時間を過ごすのは本当に久々です。実は一番の目的は今朝歯医者さんの待合で目にした「3分間クッキング2月号」を買う事。この本の中に作ってみたい料理が沢山あったものですから。どうしてもその本が購入したくてさんちかのJUNKUDOに行ったらなかったので今度はそごうの「紀伊国屋」まで行ってようやくゲット。なんとラッキーなことに最後の1冊でした。






ねぎ、しょうが、にんにくをたっぷり使った冬のお料理、何となく体が温まる気がします。今月はこの本のレシピを参考に、果たしてどれだけ作れるかしら?





本棚をゆっくり見ていると読みたい本が沢山です。 あれもこれも買いたいけれど今日は5冊だけにしておきました。その中の1冊は
篠田桃紅さんの「103歳、ひとりで生きる作法」。ベストセラーになっているようですね。タイトルに惹かれました。篠田桃紅さんは作品も生き方も凛としていて魅力に溢れた方。本を開くのが楽しみです。






もう1冊は心理学者の父と呼ばれているアルフレッド・アドラーの「人生に革命が起きる100の言葉」。表紙の裏は、「アドラーに出会えたならもう大丈夫」とあります。面白そうですよ。読み終わったらご紹介しますね。

あとは健康関連、自己啓発関連の本を買いました。今日はなんだかとても贅沢で豊かな気分になれた午後でした。
いいね!した人  |  コメント(0)