Plusui(プラスイ)〜伊藤紀美子のビューティフル・エイジング〜

プラスイが考えるビューティフルエイジングとは何事も前向きに、しかもみずみずしくしなやかに歳を重ねる事。プラスイ開発者の伊藤紀美子が美容、食、毎日を輝かせる心身健やかな情報,折に触れて感じたこと、日々の体験等を自由に記してます。 

みずみずしく活きる、肌も。心も。プラスイ


テーマ:

昨晩は珍しく主人とディナーショーに行って参りました。友人の貴志まさみさんと菅原洋一による~夏の夜のソワレ~。場所はリッツカールトン大阪です。

普段はデイナーショーにはあまり行くことがないのですが、今回はせ
っかくのお誘いだったこともあって主人を誘ってみました。貴志まさみさんのコンサートも久しぶり。





スペシャルゲストは菅原洋一さん。もう83歳になられたそうですが歌声も以前と変わらずむしろ円熟味を増しているようにすら思えます。

この方が兵庫県出身だったとは知りませんでした。国立音楽大学大学院修了とのことですからさすが本格派。心に沁みるようなしっとりとせつなく物悲しい歌声が心に沁みます。とてもお歳には見えません。

遅めのデビューは30歳。デビューしてからしばらくはヒットに恵まれなかったそうです。7作品ほど出しても一向に売れずラストチャンスのレコード、「知りたくないの」が大ヒットし一躍人気歌手に。それから53年間も歌い続け、今なお現役でコンサート活動をなさっていらっつしゃるのはご立派です。
柔和で温厚なお人柄がにじみ出たようなとても良いコンサートでした。

ちなみに歌を歌う事は腹式呼吸をするので体に酸素が行き渡り健康にとても良いそうですよ。其れに声帯を鍛えることは全身の健康につながるそうです。どうりで菅原洋一さんの若さの秘訣が分かりました。

歌を唱ってBeautiful Aging ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間の夏休みには伊勢神宮へ十数年ぶりに行って来ました。賢島への旅行の2日目はゴルフ組と伊勢神宮組に分かれて行動。私は娘や孫たちとせっかく近くまで来たのだからと伊勢神宮へ行くことにしました。幸い内宮までホテルからシャトルバスが出ているので行きは楽々です。





まずは内宮の正宮を目指して、深い森に包まれた参道を歩きます。ちょうどお盆の頃という事もあり人でも多く暑さも厳しいでしたが内宮の神々しい空気を感じます。


正宮ではお願いごとではなくて日頃の感謝をするところだそうです。正宮の前では参拝の長い列が出来てましたが、ここでも省略しないでせっかく来たのだからと列に並ぶことにしました。

境内には別宮が数か所あるのですがその一つ、荒祭宮ではお願い事をしても良いところ。お願い事も一つに絞った方が良いのでしょうが、ついついあれもこれもとお願いしてしまします。神様はこんなに沢山の願い事、聞いてくださるかしら?





内宮の広い境内は神々しい空気です。何百年もの年月を経たと思われる巨木にも神聖なものを感じます。長く日本の歴史を見つめてきた大木なのですね。感慨深い想いです。

20年ごとに神殿を立て替える式年遷宮は1,300年も前から始まったとか。伊勢神宮が日本人の心のふるさとだと言われる所以が分かります。

外宮も参拝したかったのですが、子供たちがぐずぐず言い出したので今回は外宮はあきらめました。おかげ横丁でぶらぶらしたあと赤福でかき氷を食べて今回のお伊勢参りは終了。

次回は外宮を参拝したいです。早朝の参拝は午前5時ぐらいからだそうでが、早朝のすがすがしい空気の中での朝まいりさぞ気持ち良いでしょうね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神戸で素敵なイタリアンレストランを見つけました。三宮、ハンター坂の東にあるRistorante Due.。実は友人がランチに案内してくれたのです。カウンター7席、テーブル3卓の店内は温もりのある雰囲気でとても居心地の良いリストランテ。

素敵なお店なのでご紹介いたしましょう。1年前にオープンしたばかりだそうですがもはや話題のお店のようです。






オリーブオイルより昆布だしの出番の方く和素材を用いるのが特徴。






一品一品こだわりの器に美しく盛り付けられてどれもとてもフォトジェニック。まずは目で楽しんでから頂きます。

日本の食材、技法を用いた洗練されたガストロノミーイタリアンンの数々には感動です。こちらのお店のメニューは食材しか書いてないのですよ。例えば最初の一品は、桃 ウニ ジャガイモ コンソメ。次は毛蟹 根セロリ フレンチキャビア シトロンキャビア。とても個性的ですね。

バターやクリーム、にんにくを多用せず日本の食材を感性でイタリアンにしてしまうシェフはかなりの凄腕。30歳代の若手の気鋭のシェフです。

世界各国で料理がボーダレスになってシェフもあらゆる食材を自由に使い独創性を競う傾向があるようです。こちらのお店の独創性もかなり高度なもの。絶品創作イタリアンとても気に入りました。

昼も夜もコース料理のみ、ランチタイムは12時から一斉に始まります。ランチコースは8皿~9皿を2時間半ほどかけて。

ちなみにRistorannte Due はドゥエと読むんですよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の夏はオリンピックの話題でもちきりでした。水泳と柔道の躍進から始まって体操、卓球、バトミントン、陸上と連日のメダルラッシュで新たなヒーロー&ヒロインが誕生。史上最高のメダル獲得数ということで日本選手は素晴らしい活躍でした。


日本人の底力が見えたようで嬉しかったです。毎日オリンピックのニュースを見るのが楽しみでした。2週間にわたる感動のドラマがとうとう終わってしまいましたね。少しさみしいけど4年後の東京オリンピックが期待されます。日本から世界にどんな感動を与えられるのでしょう。

でも4年後って私はどうなっているのだろう?皆、同じく4才歳をとるわけですが、自分を取り巻く環境も、社会もどのように変化しているのか少し気になります。






日本人は世界一団結力があるのでしょうか。シングルよりも団体戦の方が良い成績を残してます。特に最後の陸上の400メートルリレーの銀メダルはお見事でしたね。何度画面を見ても感動します。日本中が感動した瞬間でした。

栄光をつかんだトップアスリート達。4年後東京での活躍を目指す人達もあればこれを機に引退を表明し第二の人生に向かう人達もいるでしょう。リタイア後も燃え尽き症候群にならず幸せな第二の人生を歩んでほしいと思います。

政情不安や治安問題など取りざたされたリオオリンピックでしたが、無事に終了して本当に良かったですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この週末、大阪のソーニディソーニと言うイタリアンレストランで催されたセミナーにお誘い頂きました。タイトルは「もっと素敵に貴方は輝ける」。実はタイトルに惹かれて参加してみ
ようと思いました。輝く女性と言うのは「プラスイ」のキーワードの一つですから。

ブライダル、プロトコールやマナー講座など幅広くご活躍のトータルライフコンシェルジュ、加藤淳子さんと心理セラピスト、三宅マリさんのコラボレーションセミナーは息の合ったお二人の楽しいトークが印象的でした。





レストランを貸し切っての会場はきらきらと輝く女性達で大盛況です。

人生を豊かに生きるためのエッセンスは豊かな人間関係。本当の美しさは美力ではなく知力から。知識、教養、マナーを身に着けてエレガントな女性を目指しましょうという内容でした。

エレガントであると言われることは女性にとっての最高の褒め言葉。エレガントな女性の代表は欧米ではグレースケリーとオードリー・ヘップバーン。日本では美知子皇后だそうです。

そういえば最近の海外や日本の女優さんの中でエレガントだと思う人はいなくなりましたね。なんでも簡略化されカジュアルなライフスタイルが好まれる現代ではエレガンスと言う言葉が少し不釣り合いになった気がしないでもありません。

もともとエレガンスの語源は"eligere"、エルグレと言い”注意深く丁寧に選ぶ”と言う意味があるそうです。他の人と比べることなく、周りに流されることなく、自分の意志で、自分の感性で選ぶことが本当のエレガンス。

女性であれば”エレガンス”を追求するのも大切な自分磨きの一つになるのでしょう。そして本当のエレガンスは内面からの温かさからにじみ出るものであることを忘れてはいけません。

ところでこの会場となったレストラン、ソーニディソーニはオーナが郷ひろみだそうです。心斎橋にあるイタリアを思わせる雰囲気の素敵なお店でした。





元気な女性パワー満載の一日でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)