こんばんは。


プラスナナのななこです。


今話題になっているポケモンGOが日本で配信開始ということで、

早速やってみました。


朝、家族と散歩がてらポケモンを捕まえにいくと、

いるいる「ポケモンマスター」達が!!


事故などの危険があり散歩両論ではありますが、

私の個人的な感想としては素晴らしいアプリだと思いました。


こりゃ~、ポケモン好きな人は外出るわ!


とか、


社会現象を巻き起こし経済効果があるわ!


とか、


理由を付ければいくらでもあげれますが、



何よりも・・・



ポケモンにハマった人なら誰でも一度は考える



『 あー、本当にポケモンが存在して捕まえられたらなぁ・・・ 』


という夢を叶えたアプリだからです。


にわかファンの私でもピカチュウが本当にいたら

すっごいかわいいじゃーん!!


と思うのですから、ポケモンファンには

たまらないゲームですよね。





使い方については、使う側のモラルの問題ですから

また、別問題だと思います。


ただ、子どもについては地域や大人が

きちんと見守って、使い方をきちんと教える。


危なげな子どもがいたら、

家族や知り合いだけでなく

周りの大人が声をかける


ということは徹底したいですね。


日本での配信が後回しになったのも、

きっと、日本では良いところよりも
規制の方が早くかかってしまうと
考えたからではないかなと思います。


便利になった現代で、世の中を変える商品って

なかなか難しいと思っていましたが、


多くの人がこうだったらいいのにな!


と、思うことを実現する。


そりゃぁ、もうワクワクします!!


多くの人を巻き込みます!!


まだまだアイデア次第!

夢を追うことで社会現象を起こせると

ポケモンGOから教わった気がします。



ただ・・・


なぜかうちの庭先のオブジェが

ポケストップになっていました・・・・


少々複雑です・・・。


ポケモンマスターの皆さん、ようこそ!笑。





では、皆さんお互いに安全にモラルを守って

プレーを楽しみましょうね^^


AD

こんにちは。


プラスナナのななこです。


たまたま、今日お会いした方と

子どもの話が出ました。


子どもを作るには適齢期の男性経営者さんですが、

もともと、子どもはどちらでも~という考えでありながら、


どこかで、逃げていると感じているそうです。


やはりご自身は忙しくて家事にどれだけ関われるかわからない。

作って終わりというわけにはいかない。


でも、奥さんのためを思うとどっちがいいんだろ~。。。


と、お話されていました。


子ども生んだ私からすると、


『 1回でいいから、生んでみて!! 』

(私も、まだ1回だけど・・・)


という感じです。


もちろん、反論があることは承知で書きますが、


私は、今のところ思ったより子育てが

大変じゃないと感じています。


子どもは1人1人違うことも理解していますし、

うちは夜泣きがないので、ラッキーだったというのもあります。


自分の時間が減る・・・

体力の消耗が激しい・・・

イライラする・・・


そんなこともありますが、

「かわいい」方が多いですし、


何とも言えない、「幸福感」みたいなものの方が大きいです。


(ちなみに、私はこの「幸福感」は動物として繁殖していくために

人間の遺伝子レベルで組み込まれたものと勝手に思っています。)


何が言いたいかというと、


子育てする女性の苦労や大変さが

メディアなどでかなり広がりました。


それでも、理解や環境がまだまだ整って

いないのも事実です。


理解を得るためには、声を大きくして

訴えていかなくては社会は変わりません。


でも、苦労だけではなく楽しいことも

他では味わえないこともたーっくさんっあります!!


結局、子どもを生むこと育てることは、

体験するまでは未知ですから、


あまり情報に左右されずに、

将来の自分や、子どもがいる生活の楽しさを想像して、

どうされるか選択してほしいなと思いました。


そして、


「 生きてるだけで丸儲け 」


という言葉があるように。


この世に、産み落とした。


それだけで、親ってすごいんです。


出産して、母親への感謝が強くなりました。



だから、子どもの将来に、

それほど責任を感じなくてもいいと思います。


(生まれたら当たり前ですが育てるし、

この子の教育どうしよう!!なんて思うんですけどね。笑。)


私は、毎日生活していて生まれてこなければよかった

なんて、一度も思ったことがありません。


時に、落ち込み立ち直れないかもと思う時だってあります。

それでも、楽しいことの方が大きいです。


きっとほとんどの人がそうじゃないでしょうか?


子どもも成長して、自分の人生を楽しみます。


その先のことは、子ども自身の可能性を

信じてあげればいいのだと思います。


多くの方が「子どもを持ちたい」という

気持になってほしいなぁと思います。


では、雨が続いていますが、

皆さま、体調お気をつけくださいね。


AD

強さとは

子どもを生んでから少し強くなりました。


「母は強し」とよく言われますが、

自分が母親になって少しわかった気がします。


守るものができるとは価値観がはっきりすること。


人を育てる。人の親になるということは、
自分を律することでもあると感じます。


こんなえらそうなことを書いていますが、
家事は全然できていませんし、
仕事に子どもを連れ歩き
かわいそうな思いをさせています。


それでも、私は0歳から
保育園に入れる気はありません。


仕事に手を抜くこともしませんが、
付き合いで時間を使うこともしません。


その時間があるなら子どもと一緒にいたい。


私の場合は、子どもが生まれて
自由がないとか大変というよりも、


迷いがなくなった。


したいこととしたくないことの
価値観が明確になったと感じています。


今は、女性も選択肢が多い世の中です。


さらに、メディアの影響も大きいです。


働く女性がかっこいい?
子育ては大変?
いつまでも自分が主役でいることが幸せ?


全部、誰かにとっては正解で、
誰かにとっては不正解。


大事なのは、自分がどうありたいか
自分の中で譲りたくないもの
大切なものは何かが大事ですね。


元々子どもはあまり好きではありません。
自分の子どもができたら確実に自由が減ると思っていました。
独身の方が絶対楽しいと思っていました。


でも、そんなことありませんでした。


というか、上記のようには感じないからです。


子どもに時間を使えないことを不自由と感じます。

やりたいこと行きたい場所もたくさんあります。
でも、子どもをほっておいてまで
行きたいという衝動はありません。


たまの息抜きや、絶対にどこにも行かない
という意味ではありませんよ。


子どものせいでとか邪魔だなんて
絶対に思わないということです。


周りの友人からすると私が
180度変わったようで驚くそうです。


自分でもビックリです。笑。


全然、ロマンティックではないですが、
『 人間の本能 』ってすごいのです。


子どもを抱くだけで幸せって思うように
出来ているのだと思います。


先程も言いましたが、女性も選択肢の多い世の中です。


どんな人生も素晴らしい人生です。


でも、チャンスがあれば子どもを生むことを

選択する女性が増えればいいなと思います。

AD