カバノアナタケ生活!

カバノアナタケ(チャーガ)こと“樺のあな茸”商品の紹介や、美容健康の知恵、生活に役立つ情報をお届けします!健康に笑って生活できる!そんな元気を少しでも皆様にお届け出来るよう頑張ってまいります。


テーマ:
こんにちは。
元気に楽しく!カバノアナタケ生活!
プラスケアのブログへようこそ。

当ブログでは、カバノアナタケ(チャーガ)に関する情報や
オススメの健康情報・美容情報などプラスケアからのお知らせを掲載しています。

●プラスケアのご挨拶→こちらから
●カバノアナタケって何?→こちらから
●【目次(サイトマップ)】→こちらから




■腸内環境のバランスと自律神経

なぜ腸内最近のバランスがよくなると自律神経が整いやすくなるのでしょう。

最大の理由は、腸における栄養吸収がよくなり

その結果、血液の状態がよくなるからです。


人間の体においても、

もっとも大切なのはやはり「栄養の吸収」なのです。

そして、栄養の吸収には腸内細菌が必要不可欠なので、

そのバランスが悪いと栄養の吸収が悪くなります。

栄養の吸収が悪ければ、ものを食べていても体は低栄養状態になってしまいます。

このとき、体の細胞は栄養が足りませんが、

腸の中には吸収できなかった栄養分が残り、

その残った栄養分が腐敗していきます。

どんなに高級なご馳走も食べずに放っておけば、腐って異臭を放ちます。

それと同じことが腸管の中で生じてしまうと思ってください。

腐敗した栄養は毒素を出し、

その毒素が腸内細菌のバランスを悪化させるとともに血液を汚し、

血液が汚れると肝臓や心臓や腎臓などの臓器も傷つけ、

それらの臓器をコントロールしている自律神経のバランスをも崩していきます。

自律神経のバランスが崩れると、末梢血管が傷つき、

全身の血流が悪くなるのはすでに述べたとおりです。


ここまで行くと、体はまさに負のスパイラル状態です。

何事においても自体を改善したいなら、

悪化させた最初の原因を変えなければなりません。

体の場合、その最初の原因が「栄養の吸収」なのです。

ですから自律神経のバランスが崩れた時も、

腸内細菌のバランスを良くする乳酸菌を意識的に多く摂取し、

善玉菌を増やすと、血液が綺麗になり、

自律神経のバランスも整いやすくなるのです。


こうして自律神経のバランスがよくなり、

血液が改善され抹消まできちんときれいな血液が行くようになると、

腸管での栄養吸収がよくなるので、

肝臓や心臓、腎臓などの臓器の状態もよくなります。


このように、最初の栄養の吸収をよくしたうえで自律神経のコントロールを行うと、

すべてがよくなっていく「正のスパイラル」へと転換していきます。

なぜ「これ」は健康にいのか?小林弘幸

つづく



$元気に楽しく!「カバノアナタケ」生活!


 ∇カバノアナタケ製品情報はこちらから∇
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード