1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
March 15, 2007 13:13:24

F1開幕!豪州GPの予想!!

テーマ:Formula1
f14


今週末にいよいよ開幕するF1GP。長いシーズンの始まりです。初戦は慣れ親しんだオーストラリアのアルバートパーク。メルボルンの市街地サーキットで毎年サバイバル・レースとなるのが特徴です。カナダのモントリオールより狭く高速コーナーも少ない退屈なレイアウト。いきなり開幕から市街地コースなので各チーム様子見が常套手段です。こーゆーシチュエーションで俄然強いのはミハエルでした。

今年はミハエルが抜けアゴンソ、キミライが揃って移籍、大形新人ハミルトンとコバライネンの参戦、Eg開発の凍結、タイヤのワンメイク化などレギュ改訂が目白押しですが、陰に隠れてロス・ブラウンが抜けたり、マイク・ガスコインが戻ったり、エイドリアン・ニューイーのマシンが出てきたりとマシン開発も動きが盛んです。Egもセカンド・パーティでは大きく動きました。注目はトヨタEgを搭載したウイリアムズとルノーEgにスワップしたレッド・ブルでしょう。タイヤもブリヂストン・ワンメイクですが2種のコンパウンドを1レースで使うちゅうレギュが出来たため、ピットインでどっちを使うかが鍵となりそう。Egもイコールコンディションでタイヤもワンメイクと、マシン差がかつてないほど拮抗していますからパッシングは相当難しい。如何に周回遅れが絡まないクリアースティントでソフト・コンパウンドを投入出来るか、チーム戦略が凄く重要です。

さて、期待の日本勢ですが今年も精彩なし。トヨタ、ホンダともまたもや期待薄。ホンダは開発が進んでいないのを福井さんが認めてますし、トヨタに至っては記者会見をドライバーが欠席。理由は「セット・アップでアップアップですぅ~」だって。TF106使えば?って感じ。アグリーも昨日やっと新車発表と日本経済が上向きとは関係なく横這いから更に下がる勢い。とりあえず様子見の序盤はイイとこなさそうです。

f11


で、開幕戦の予想をあえてしてみます。優勝可能なチームは、フェラーリ・マクラーレン・ルノーにウイリアムズの4チームと見ています。参考は事前テストですが、好調だったのはフェラーリのマッサとマクラーレンのアゴンソです。荒れる予想のレースですが、Egは昨年型のキャリーオーバーちゅうことで開幕に有り勝ちなEg廻りによるトラブルは予想し辛い。ハイドロリック系かギアボックス廻りのトラブルが多いでしょうね。するってぇと、その辺りで信頼性がイマイチなマクラーレンは除外。

mp422


チーム戦略に最も強いのはジャン・トッドが下がったフェラーリではなく、魑魅魍魎代表のフラビオ・ブリアトーレ率いるルノーでしょう。ドライバーのタイヤ・コントロールとチームのピットイン戦略、これらを高次元で実現したドライバー&チームが勝ちます。

つーことで、ワイの予想は・・・・


◎ルノー:ジャン・カルロ・フィジケラ  
 寸評:天才のベテランとチーム総合力で本命

f15


○フェラーリ:フェリッペ・マッサ
 寸評:ミハエルが抜けやっとエース格。キミライが跳ね馬慣れる前に絶対勝ちたい筈

f12


×ルノー:ヘイッキ・コバライネン
 寸評:ミハエルに勝って2005年世界選手権優勝の実力者。不安は経験だけ。

f13


△ウイリアムズ:アレキサンダー・ブルツ
 寸評:大ベテランゆえ荒れれば勝ち目アリ。
△レッドブル:デビッド・クルサード
 寸評:超大ベテランだけに振り返ればデビクル・・・かも?ニューイーの新型は果たして?!


優勝候補はフィジーかマッサ、2人のどっちかですわ。
個人的には新人コバライネンの開幕&ルーキー初戦&初優勝に期待!!

さて、週末が楽しみです・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
January 19, 2007 13:04:25

動き出した2007年F1!

テーマ:Formula1
モータースポーツはオフ・シーズン真っ只中ですが、Formura1はそろそろ新シーズンに向けて動きが出て来ました。

まず、1/13に先陣を切ってトヨタが新車「TF107」を発表。

tf107

毎年、開発だけは早いんだけどね。過去5年で全く結果がゼロと言って良いでしょう。ガスコインを解雇したりでテコ入れしましたが、今年も昨年とは大きく体勢は変わらずヤルノとラルフのコンビ。新車を写真で見る限り、カラーリングのせいか昨年のTF106と余り印象変わらず。ドライバーやら技術やらディレクターどーのこーの言うより、$5000万でシューミー雇った方が良いんじゃナイの?期待は薄し。


続いて早くも本命フェラーリの新車「F2007」が1/15にローンチ。

f2007

天才2人、ロス・ブラウンとミハエルが抜け、ジャン・トッドもスポーティング・ディレクターから降りた後の重要な再スタートです。新車「F2007」はフロント・ウイングがまた違うしリア・セクションが非公開のまま。リア・サス廻りのカバーが無く、ぱっと観F3000クラスのような風貌。また新しいチャレンジと好感を持っております。

f20072

フィオラノのシェイクダウンも好調なよーですが不安も少し・・・。

fkimirai

キミ・ライコネン、やっぱアカは似合わんなぁ・・・。


翌1/16には宿敵フェラーリからタイトル・スポンサーのボーダフォンをかっぱらったマクラーレンの新車「MP4/22」がデビュー。

mp422

ボーダフォン・カラーとメルセデスの銀の融合でメタリック・レッドな感じを期待してたんですが、結果はご覧の通り昨年とたいして変わらず。こちらも天才ニューイーがレッドブル移籍後、完全新設計と思われます。車体は低く見えますが、エアポッドの四角い後端が好みに合わず嫌いな感じ。新エース、アゴンソ加入で帝国復活なるか?な感じですが、果たしてマシンが付いて来るかな~?個人的にはアゴンソより新鋭ルイス・ハミルトンに注目してます。


してローンチはまだながら、ルノーの新車「R27」の極秘テスト写真がネットに流出。

r27

更にヘレス合同テストでシェイクダウンも敢行。タバコ・マネーの締め出しでJTマイルドセブンのシアンからINGにスポンサーが変更された関係で、濃紺にオレンジのINGカラーとルノーの青×黄を融合した(?)デザインになる予定。こちらは、アゴンソ流出で繰り上げエースのフィジコと、昨年のドライバー・マスターズでシューミーを下し世界一になった新鋭コバライネンのコンビ。今年のF1では、このコバライネン要注目デス。



f107
↑BMWも新車ローンチ済なれどコメントはなし




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
October 11, 2006 11:21:04

シューミーの最後っ屁?と最後の鈴鹿日本GP

テーマ:Formula1
schu


最後の鈴鹿開催日本GP、堪能しました?3連休は秋晴れの鈴鹿サーキット。まさに快晴と言って良い天候でした。

結果はご存知の通りですがおさらい。
2戦残してポイントランキング同点のシューミーとアゴンソ。ポール・スタートのシューミーが逃げ、アゴンソが追う展開なれど、2回目のタイヤ&給油ストップ終了時点でその差は約5秒。シューミーにとっちゃ、セーフティ・マージンだったでしょうなぁ。248F1もブリヂストンも問題なし。ラップはアゴンソが少しだけ速い程度でしたから、周回遅れなど絡まない限りは、70%勝ちだったでしょう。しかし残り17周目のデグナー侵入、5速全開からブレーキングして4速にシフトダウンした瞬間に左バンクから白煙。あえなくエンジン・ブローでリタイアとなりました。
して、序盤の優勢からの予想通り、アゴンソがシューミーに10ポイント差で最終戦を迎えることとなりました。最終戦でシューミーは優勝以外なく、アゴンソは1ポイントでチャンプ決定です。ま、90%アゴンソで決まりでしょう。ま、前半であれだけボロクソにヤラれてたシューミー&フェラーリですから、良くぞここまで盛り返したと言って良いでしょうね。ある意味、思惑通りになりそうで嬉しいやら悲しいやら、複雑な心境です。ま、非常に面白いシーズンでした。  ←既に過去形

さて、来年から富士開催をFIAが発表して、まさに青天の霹靂だったであろう聖地、鈴鹿サーキット。ドライバーからも好評なテクニカル・カースは、国内でも屈指の高速サーキットへと舞台が移ります。どっちも走った経験があるドライバーに聞けば、面白いのはどっち?と聞かれれば、ワイも含め9割方「鈴鹿!」と答えるのではナイでしょうか。
鈴鹿のイイところは走るリズムが非常に良いこと。「タン~タン~タタン~」とか「タン~タン~グワァァ~」とか、コンビネーションがリズミカルなんですねぇ。決まった時は非常に楽しい。特に勝負どこの1・2コーナーからリズミカルなS字、逆バンクで我慢してタンゴなデグナー、ヘアピンに到るまでは大好きですね。それだけに、乗れてない時(リズムの悪いとき)はタイムが出ません。
対して富士ですが、新コースを走ってると、旧コースが残る前半は良いんですね。100Rからヘアピンなどはダイナミックです。ところが新設された後半セクションは退屈です。全体的に単調と言うか、機械的と言うか。何周もしてると操作が機械的になってきて詰まらなくなってくるんですなぁ。あれが300ps以上あるハイパワー車であれば様子は違って来るでしょうけど、150ps位までのNAであれば、何の問題もなくクルマなりに走ってしまいます。

今回の日本GP見てまして驚いたのは、裏直後の130R。6速全開なんですね。90年代のターボ時代は1速落とすか、ちょいブレーキで抜けてましたから、タイヤとシャシーの進化は相当なモノです。富士は最終手前などのパナソコーナーやネッツコーナーは路面のカントが微妙に変わり難しいところはあるにせよ、大変なのはドライバーの方で、観てる方はソレが伝わらない気がします。しかもロングストレートの後、1コーナーは相変わらず狭いし。なのでF1マシンと言えど、TV画面含めて単調になりそーです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
October 02, 2006 18:20:29

中国でもやはりシューミー。

テーマ:Formula1
flug



いや、凄かったねシューミーの中国GP決勝。あの大雨後もポツポツでレコードラインだけ微妙にドライな微妙~なコンディションで良くもまー優勝したモンですわ。今回の中国GPはブリヂストン不利と言われた中で、スタート直後に落としたポジション挽回したことと、フィジコを刺した後でペースを緩めなかったことでしょうねぇ。それにしてもブリヂストンはインターミディエイト気味のタイヤだったと聞いてます。序盤でアゴンソにソコソコ離されず、更にポジション上げていくとは凄い集中力ですなぁ。雨のレースで速いドライバーはホンモノって言いますけど、やっぱシューミーは別格。偉大なドライバーだわ。

対して、次世代の旗手、アゴンソは途中不可解なペースダウンでシューミーに逃げられたものの、バランス回復した後半は存在感見せました。キミライも良かったねー。まま、キミ達はそのように活躍しててくださいな。来シーズンもあるしね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 11, 2006 14:28:58

マッサもクビカ?

テーマ:Formula1
agonso



ま、というコトで伝統のイタリアGPはシューミーが逃げ切り貫禄の横綱相撲。とは言っても精神力で勝ったよーな感じ。完璧な強さではなく、薄氷を叩いて渡る、くらいの危うい勝利だったよーに思います。レースラップは安定して速かったのが勝因。しかしその差はタイヤとレースマネージメントに起因するもので、マシンやドライバー間での格差は殆どないのが実情かと思います。

今回誤算だったのはアゴンソ。なんとEgブローという憂き目に逢いました。しかし、シナリオないゲームとは言え、シチリア・マフィアがEg狙撃したんじゃないかと思うほど、ここで!ってトコで壊れましたねR26。まさか表彰台まで挙げて来るとは誰も予想してなかったでしょう。ポチマッサもクビカに引っ掛かるよーじゃ、もークビカ?

更にアゴンソに追い討ちを掛けたマッサの予選アタックを妨害したという「妨害ペナルティ」。これで最速タイム取り消しとなってしまいました。これはオンボード観ると明らかにレース・スチュワードの間違いですな。↓

YOU TUBEのオンボード

ね、別にアゴンソ普通に走ってるデショ?!
これシューミーが逆転チャンプになったら物議かもすよきっと。

ザウバーは全体通して速かったデス。流石BMWワークスと言うところですか?しかし、欧州のメーカーってどーしてこーも短時間でTOP争い出来るマシンに仕上げて来るんでしょうねぇ。ルノーにしてもそーだしね。日本のメーカー、特にトヨタはどないなっとるんでしょ?情けないを通り越して、最早恥ですわ。販売では独り勝ちだけど、レースは勝てないネ~。



あ、左近?ダレそれ??
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 11, 2006 14:03:18

超高速イモラに射した光と影

テーマ:Formula1
ご無沙汰しとります。ちょっとイロイロありまして更新サボってました。しかし、この事件は書かねばならんでしょう。


sda


F1界の赤き皇帝、フェラーリのミハエル・シューマッハーがフェラーリの聖地イモラ・サーキットで引退宣言させられました。させられた?だってそーでしょう。アノ人が肉体的な衰えとか、精神的に引退したい!なんて思う筈ないからね。誰よりもF1をドライブするのが好きで、そのコンペティションを愛していた人物ですから。それに伴う精神力、知力、体力とも全盛期より衰えたとは言え、まだまだトップに通用するのは、イモラの結果を見ても明らかですからね。それを結果的にFIA含む関係者が許さなかったのでしょう。後釜の正式な発表はありませんでしたが、これでキミライコネンがファースト・ドライバーで決定しました。

シューミーの一番の印象は、マイルドセブン・ベネトン時代です。Aセナが散った後、F1界をしょって立ったのはデーモンでもミカハッキネンでもなく、明らかにシューミーでした。人間的な精神のムラがない、弱さやスキが全く無いスタイルは、この人から始まりました。そのスタイルは、現在の若手、アゴンソやキミライもしっかり引き継いでます。それが面白くないだの、機械的だの、どうとか言う問題じゃなく、そういうスタイルを築き挙げた元祖であるのが凄いことです。事前に知ってれば、続くモノは遥かに楽ですからねぇ。確かにアイドルとしてはアゴが出過ぎとか、勝つためには何でもするダーティな部分も垣間見える(だからこそ「皇帝」って渾名なんですが)人ではありましたが、歴代見回しても偉大なナンバーワン・チャンプであることは間違いないでしょう。

既に生ける伝説とまで言われた人ですが、ひとつの時代が終わろうとしています。あと3戦でアゴンソとのポイント差は僅かに2。最早、横並びからシューミーが半歩、前に出た気がします。嫌々ながらも引退の決断をしたシューミー。だからこそ、次世代を担うアゴンソ、キミライ、バトンには頑張って貰いたい。この生ける伝説に挑めるのはあと3戦しかないのだから。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
August 07, 2006 01:41:47

ホンダ、悲願の初優勝!!

テーマ:Formula1

jb


いやね、不覚にもポデュウムで「君が代」が流れた瞬間には涙しましたよ。A・セナ時代から数えて何戦目?本田さんが亡くなってから何年??ホント、この瞬間をどれ程待ちわびたことか。

ALLホンダとして3回目。ホンダは日本の誇りですわ。マジオメデトウ!!ホンダ万歳っ!!!



で、ハンガロリンクのハンガリーGPは、今シーズン初の雨天レースで非常に面白かったですねぇ。シューミーはアゴンソがリタイヤで一機にポイント詰めるチャンスを逃しましたが、あの雨天でのR26の速さは一体ナニ?
しかし、デラロサに追われているシューミー、あのときの繊細なアクセルワークはセナ足を彷彿とさせるモノでしたねぇ。タイヤがこれだけ進化してて、MOTO-GP含めクリップはアクセルオフで廻るのが常識となりつつある現在で、旋回途中に微妙にアクセル入れるドライバーは余り居ないですわ。流石シューミーですねぇ。



ハイ、左近くん、アト3戦ネ。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
July 31, 2006 18:15:48

F1ドイツGP ~山本左近ってどーなのよ?~

テーマ:Formula1
sa06


久々にちょっと面白かったF1ドイツGP
レイアウト変更ですっかり詰まらないレイアウトになったホッケインハイム。ヒトラーが建設したグランドスタンドのインフィールドも、特徴的だった「悪魔が棲む森」のロングストレートが無くなってから全然威厳なし。歴史と品格漂うホッケインハイムも過去のモノです。
Bエクレストンも同意見なのか知りませんが、ここでF1やるのは最後とか・・・?↓

エクレストン氏、ホッケンハイムでのGP終了を示唆

なモノでコース的には特に期待してなかったんですが、イザ始まってみると
R26が遅いじゃないの!
アゴンソも予選7位に沈みましたし。こりゃ、ちょっと面白いかも?ポールは地元のシューミー。ポチマッサが2番手。参戦300戦目のジェンソンが4位。新車、SA06をやっと投入したSアグリのタクマが19位と。見所はこんな感じ。


で、FIAから締め出し食った井出選手 → 代役Fモンタニーに替わり、山本左近選手が合流。ところがフリーで虎の子SA06をクラッシュさせてしまいます。
ワイね、この山本選手ちゅうのは、ちょっちビッグマウスなトコが嫌いなんですわ。
井出選手が大人し過ぎサトタクが優等生過ぎなんで、こーゆー個性ある怖い物知らずな新人類系はF1みたいな世界にゃ、合ってると信じたいですが、本音は嫌い。
フリー後にサトタクよりいいラップで周回してたのを、さも嬉しそうにコメントしてたのがムカつく。予選じゃ新車使えずタクマにしっかり3.2秒差、フリー最後にコースオフしてマシン壊すし。挙句、本番ではスタッフが徹夜修復したマシンが結局ダメで僅か1周でリタイヤ。それでも強気なコメントを繰り返すワケですわ。これが、F1に飲まれないように繰り返す強がりならカワイイけどね。ちょっとふてぶてしい。この手は実力と結果伴わないと一気にヒールになるからねぇ。庶民ウケ悪いとスポンサー離れるしね。ま、ロクにテスト出来てない現状を顧みても4~5戦で完走サトタクのタイムから0.5秒以内くらいの結果は要るでしょうなぁ。アグリが最初にこいつじゃなく、井出を連れて行ったのも気になるしね。ま、ともかくイロイロな意味で非凡な才能はありそうですから、期待させる人材に成長して欲しいモノです。

で、まぁSA06はトラブってリタイヤなんですが、フェラーリ248F1は好調。結局1-2フィニッシュ。ルノーは5-6位でフィニッシュし、コンストラクターズ・ランクで10ポイント差となりました。しかしドライバーズ・ランキングはアゴンソとシュミー11ポイント差。ん~詰まって来たが微妙な差ですわな。あと6戦、R26がこのままとも思えないしね。ま、盛り上げてくれよなー。

で、ストーブリーグの話題。注目はシューミーの去就と、キミライの移籍先だったんですが、今回も進展なし。シューミーは残るでしょうなぁ。キミライはフェラーリと断言してますが、発表なし。アゴンソはマクラーレンでジャックはクビでしょ?ま、兎に角キミライの去就が最大関心事ですねぇ。






何度も言うが、キミライに赤は似合わないよきっと・・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
June 12, 2006 13:37:20

シルバーストーンは旧過ぎ

テーマ:Formula1

eggp

↑アブアブ・・・


昔からイギリスとフランスGPって見逃すんですよ何故か。有名なセナの「雨の快走劇」も本放送は見逃したしねぇ~。今回は、W杯メキシコVSイラン戦が放送時間にカブってまして、チャンネル替え替え観ました。つーことは、細かいトコまで観なかったつーことで。いっくらアゴンソが凄ぇコトやってても、レース的に詰まらんかったし。


ま、イギリスGP観ての感想と言えば、以下の2点でしょうねぇ。

●シルバーストーンの改修
以前からイギリスGPは見逃すとこが多かったのは書きましたが、改めて観るとシルバーストーンって旧いですねぇ施設が。特にコースサイドの隔壁とランオフエリアはボロボロ。突発性の空飛び系重大事故が起こると、ちょっち恐い設計ですねぇ。特にインフィールドはどーかと思います。FIAのBエクレストンが再三、改修指示出して毎回揉めてますけど、ありゃ施設は改修した方が良いですねぇ。コースレイアウトは希少な高速コーナーとリズミカルなS時が面白いのでままで。ま、後任がデイモンですから期待してませんけど。

●FIAの介入は何時?
面白くないよねF1?!
アゴンソ独走は分かり切ってましたが、シューミーVSキミライ主観切り替えるのにえれぇ時間掛かってしまい、ついつい同じアジア系のイラン応援に注力しちまいましたよ。例年、フェラーリやらマクラーレンやらウイリアムズが独走すると、FIAが難癖付けてレギュ改訂(結果に影響ないんだが毎回)するんだけど、同じマシン駆るフィジコがあーゆー結果だから、アゴンソが凄いとしか言いようがないですな。それがまた面白くないんだわ。


ん~どーしたモンかな~F1ってば。まだ半分も終わってナイのになぁ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
May 29, 2006 14:44:09

モナコGP ~大根役者めっ~

テーマ:Formula1
釈然としませんでしたねモナコGP。
予選終了2分前、シューミーがLAPチャートTOPに出たタイムが1分13秒だったでしょ?(十分立派なタイムです)予選でキミライが1分13秒でしたからポールは1分13秒5~8近辺が想像されてましたからシューミーってば、

ちょっと遅い!

と思ったんでしょうなぁ。続けて最終LAPもアタックしてたんでしょうが、1stセクションで0.2秒のビハインド・・・。こりゃ無理だ。咄嗟に思い付いたんでしょうなぁ。

止まっちまうべか・・・ヒヒ」って。

eee3
↑大根役者!!

フリーん時からフェラーリは遅かったし、改善してこのタイム出してれば相当凄かったのに、もともとR26に対する脅威を感じてたんでしょうねぇ。ワイのごとき素人予想でも

「市街地コース(低速・低ミュー路)R26+ミシュランが有利

でしたからねぇ。結果論だけど、シューミーはレースカー失ってもクラッシュして見せるべきだったね~。直前に微妙~にテール滑らして演出してたけど、ワザとらしかったね。結果、失ったのはポイントもさることながら、

偉大なチャンピオン

の称号も失ったと思うね。
※シューミーがんなコトやんの初めてじゃないけどね。デイモンにもやってたよなぁ。

ま、俯瞰から観るとそんだけ追い詰められてるフェラーリ・チームがあったワケですよ。何が何でもここで勝たないと追い付けないでしょ!って危機感だね。それが如実に分かるGPでしたわ。が、結果見ればアゴアロンソとのポイント差は拡がって21ポイント差だわ。もー修正不可能。こーなったら伏兵マッサに、アゴンソが入院する位突っ込んで貰うしか方法ないね。


で、アゴンソだ。レース後、キミライに突付かれてたコトを

「コントロールしてた」

みたいな強気のコメント出してましたが、明らかに速さ足りなかったね。ローズヘアピンの極低速時回頭性が悪かったし。でも中速域のトルクツキとトラクションがイイんだよルノー。上はともかくトルクでグイグイ感は出てましたね。つーか、メルセデスEgが駄目なんでしょうけど。つーことで、流石のアイスマンも愛想つかしてですな。最早当確

終わってみればモンテカルロが似合わないドライバーNo.1のデビクルが3位でしょ。速かったニコやらバリケロやらヤルノやらボコボコ壊れちゃうし。まー面白いっちゃぁ面白いんだけど、アゴンソが勝つの観るのは飽きた!!



ドラマが欲しいゾF1っ!!!


eee

↑帰えんの速過ぎっ!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD





ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。