November 28, 2006 14:41:52

WOM (クチコミ) の恐い話

テーマ:広告
aidma



最近、消費者の購買行動が変わってきた、と言われてます。ちょっと外出しただけでも、実に様々な情報が氾濫していますよね。これだけ情報過剰な状態ですと何を指標に消費者が購買行動を起こすか、広告制作側でも困ってしまいます。

消費者が、

朝起きて→通勤→会社→外出→帰社→帰宅→寝る

つーよーな普通の1日で、接触すると想定されるメディアは、CM新聞雑誌ラジオweb駅貼り中吊りビルボードDMチラシなどなどまぁ凄い量です。
ある調査によると米国の一般的な有権者が1日に接触する広告量は、1990年代では「500」であったのが近年では、「3000~3500」になったという結果が出ています。メディアが増え”発信する情報量は10倍”とか言われてますが、全部吸収出来るワケではありません。記憶に残るのは30%程らしく、残りの60~70%の情報は”クラプター”と言って、記憶から落とされてるんですねぇ。視覚情報を脳が自動的に無視しているのと同じです。今朝、乗っていた通勤電車の中吊りを覚えていますか?余程インパクトや興味がないと殆ど覚えていないと思います。ま、それでも受ける側も進化はしていて、人間が消費出来る情報は従来に較べて約4倍に増えてるそうです。


4大媒体と言われていたTV、新聞、雑誌、ラジオにwebが割って入ってきたのはご存知だと思います。

「TVやラジオは視聴しなくなったから、メディアとしての価値なんて下がり捲り~」

とお思いでしょうが、実はんなコトはなくて広く一般認知を目的としたメディアとしては、依然有効な手段です。しかし、購買を意識した瞬間に情報媒体はTVではなくwebに移るのがここ10年の傾向です。なモノで、”web連動型”と呼ばれる広告手法に変わって来たんですねぇ。「詳しくはwebで”カチカチッ”」ってヤツです。

例えば、クルマを買うとしましょう。新聞の15段でふと見たクルマに興味を持ちました。家で見たTVCMでも再び接触して好感度がUPします。ちょっと欲しいカモ・・・。ここで従来であれば、DLRにカタログの請求をしたり、DMやチラシに接触したりして情報収集しますよね。ここから”webで検索”になったワケです。マーケティング分野では、従来の消費者行動を「AIDMAの法則」と言います。これは、

注目(Attention)→興味(Interest)
欲求(Desire)→記憶(Memory)
購入(Action)


といった行動を法則化したものです。
これに対して、webを介在した消費者行動はこのように変化しました。

注目(Attention)→興味(Interest)

検索(Search)→購入(Action)

共有(Share)


これを「AISASの法則」と言います。
この法則が最近になって更に変わって来ています。いわゆるWOM(Word Of Mouth:口コミ)です。

従来型の「AISASの法則」では、3番目の検索における有力な情報源は、企業でした。TVCMや限られた誌面では流し切れない商品説明や特性など、自社のwebに誘導して説明するワケです。これが、ここ最近では企業HPに行かなくなったんですね。※ま、アナタの消費行動もそーだと思いますケド。

つまりは、家電であれば価格.comであったり、化粧品であれば@コスメ、旅行であれば4travelのように、口コミサイトで情報検索しているワケです。「オーナーが語る真実」ってヤツですな。企業側が発信する情報は基本情報でしかなく、実際購入した人の体験や価値判断を、購買動機の一因にするよーになったんです。しかも動機付けのかなりのウエイトです。

ところが、情報発信側もんなコトは重々承知してるんですよ。つまり口コミで商品が売れるなら、口コミを仕掛けよう、ちゅう動きですな。これを

WOMマーケティング

などと呼びます。恐いところでは、大手企業にこれらの対処する専門部門を設置する動きが加速してるってトコです。相当、仕込みの準備をやってる、もしくは実施しているのです。これらは、「BUZZ」とか「Advocate」とか呼びます。

ま、企業側で仕掛けたWOMは凄く問題も多くて、殆どの場合はバレます。有名どころでは、某家電大手が携帯MP3プレーヤーのSP活動の一環でブログを設置しました。モチ、個人ブログと偽ってです。これ、文脈やトラバから直ぐ、企業制作とバレまして、かなりnetで叩かれました。いわゆる「ブログ炎上」です。して、何の説明もなくいきなり閉鎖したモノで、その後更に叩かれる羽目に陥ったことがあります。ちゅうことで、ここのところでは、「××の社長のブログ」やら「××会社営業のブログ」などと身分を明かしてWOMするケースが散見されます。(効果あったとは思えませんが)


で、今日のまとめ。
WOMもまだ始まったばかりですが、

口コミは、信憑性が高い!のではなく

口コミは、信憑性が高い!と思われる

が正しい。
結局、情報は溢れんばかりにあるんですから、有益な情報を見抜ける目を持つため、知識を累積して総動員で対処するしかなく、個人が持つしかないのです。それが出来ない人は出来る人に頼るしかありません。


口コミを鵜呑みにするのは止めましょう。


というお話でした。





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
November 25, 2006 07:52:10

SCCJ 2006 最終戦 Photo集 その2

テーマ:ALFA-RACING
ARの皆様、なるべくアバタは消しましたが、不味い画は削除依頼してください。下手ですがとりあえず勝手に持って行ってくださいませ。因みにクリックすると「」になります。

10

08

09
↑ホントは全車、このゼロ戦のよーに撮影する筈が・・・バッテリ切れましたすみません・・・。

15



14
13
11
15
12
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
November 24, 2006 23:06:17

SCCJ 2006 最終戦 Photo集 

テーマ:ALFA-RACING
06
05
04
03
02
01
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
November 23, 2006 20:33:43

SCCJ 2006 最終戦

テーマ:ALFA-RACING
sccj05



つい先日、開幕戦の撮影やったと思ってたら、なんともぅ最終戦でした。久々にレーシング・アルファの全開サウンド聞いてたら、ウズウズしてしまいましたわ。やっぱこの音聞くと走りたくなります。

sccj04


sccj06
↑ちょっち危ない場所でヘンな方向向いてます・・


さて、昨年度参加していた耐久イベントは、MMチームが1-3フィニッシュで盛り上がりました!!途中までTOPの赤9番GTAがトラブルからスローダウンしたところを、お仲間の白31番さんチームが見事食い、目出度く優勝でした。おめでとうございます。Aさまも息子帯同で見事優勝!カッコいいパパ振りでした。

sccj03


sccj02


しかし、降水確率50%だったのに曇天の中、レース中に雨が落ちてくることは遂にありませんでした。初めて行った98年以来ホント、雨降らないイベントですわ。

この優勝チームのメンバー、関東在住の1名を除いてオーナーは自走で関西まで、1名はそのまた更に西、本州の端まで日帰りで帰って行きました。オーナーはこれから7時間、更に耐久ですわ。しかも明日は仕事&娘の誕生日と。それでも優勝のオマケが付けば強行スケジュールも甲斐がありましたね!

いやはや、凄ぇ人達です。


sccj01



Sr.4で出たくなってたりして・・・。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
November 15, 2006 09:47:38

フィアットが中国製Eg採用?!

テーマ:乗り物
fia


え~っと、イタリアのフィアット社と言えば、言わずもがなフェラーリやアルファロメオの親会社です。イタリア最大の財閥で、平たく言えばトイレットペーパーからミサイルまで扱うコングロマリットですけど、自動車関連については”不況”の二文字がすっかり似合ってしまったブランドです。スティーロがコケて以来、同一顔統一路線で来てましたが、MCされるたび(プントやムルチ)全て×で、やっぱり販売も比例して下降気味でした。そんなFIATが1昨年には大掛かりな企業CI(ロゴね)の変更を行いました。変更されたロゴはナカナカ良い出来で、ワイ含め消費者にも好意的に映っていたと思います。して、その良い流れから出たNewパンダ、先ごろ日本でも発売したグランデ・プントが久々にヒット。欧州でも販売を伸ばしてます。FIATから人気車が出るなんて久々です。

でね、調子乗ってくるととんでもないことするんですよ、あの会社。自ら変テコなコトするんですわ。大丈夫か?みたいな。フェラーリのOLIO FIATロゴ事件やら日産との合弁事業やらGMとの提携やら解消などもそーです。SUPER FIREエンジンや付随するシャシー共用もそーですわ。それでも何とかやってきたんですよね。ソコソコ売れる車種出しつつ、トリノでデモに遭いながらリストラしてやりくりして。で、ちょっと上向きかと思ったらまた調子乗って、やらかしてしまいました↓

中国で開発のエンジン、フィアットが採用

供給先の奇瑞汽車(チーロイキシャ)なんて初めて聞きましたけど、1997年の設立。過去には上海汽車と資本関係にあったらしいですが、デザイン盗作疑惑で現在は解消したようです。車体のみ製造でEgはNewミニのトライテックや、三菱の4G63を輸入してクルマを造ってるメーカーだそうですわ。ま、Eg開発については殆ど無名の筈です。直近でちょっと覚えてるのはチェリーQQでしょうか(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBQQ)。来年から北米進出を画策してるそーです。FIATもどっから探して来たのやら。

報道によると調達するEgはガソリンの1.6Lと1.8Lだそーですから、グランデ・プントやらムルティプラがモロ影響受けることになりそーです。Egのスワップと言えば、先ごろレンジ・ローバーがBMW製からJAGUAR製V8にスイッチしましたが、それとはワケが違う。なんせ出自が中国製のEgにスイッチだかんね。しかも中国の新興メーカーだし。デザインとEgありきなイタ車なのが分かってナイのでしょうか。

いや、またコケるぞフィアット。
とても心配・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
November 12, 2006 00:46:23

サディスティック・ミカ(エラ)バンドの木村カエラ!

テーマ:雑ネタ
kk


日本の女性ヴォーカリスト、誰が記憶に残っていますか?
ワイらの同年代でNo.1と言えば、やはりREBECCANOKKOでしょう。中山秀行主演(笑:1985年)のドラマ「ハーフポテトな俺たち」の主題歌「GIRLS, BRAVO!」「FRIENDS」同エンディング「MAYBE TOMORROW」でブレークしたREBECCAは、小柄な彼女が搾り出すビートフルなヴォーカルで一世を風靡しました。
他にはプリプリ(PrincessPrincess)の奥居香とか、LINDBERGの渡瀬マキアン・ルイスとか、JAM(JUDY AND MARY)のYUKIとか、ドリカム(DREAMS COME TRUE)の吉田美和など。ここ10年では元ピッチカートファイブの野宮真希がNo.1だったんですが、それらに匹敵するヴォーカリストがいます。先ごろ、高中正義、高橋幸宏、加藤和彦擁するSadistic Mika Bandの再結成時、ゲスト・ヴォーカリストで注目を集めた木村カエラがそうです。(前回は桐島かれんでしたわな)

いや、久々に来ましたね。i-podで毎日聞いてますが、ビートフルなヴォーカルはNOKKOや渡瀬マキを彷彿とさせるモノ。それにちょっとレトロなSadistic Mikaela Band のサウンドがあいまって、オヤジ共の郷愁を誘います。これがイイんだなぁ。ブライアン・アダムスとヒューイルイスをこよなく愛するワイ的にここ最近のベスト。超お気に入りです。

サディスティック・ミカ(エラ)バンド「NARKISSOS」=http://columbia.jp/smb/narkissos.html

このアルバム、唯一気に入らないのは木村カエラがヴォーカル参加した楽曲が4曲しか入ってナイこと。木村カエラ好きは彼女のアルバム集めませう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
November 11, 2006 11:59:53

スパイダーにETC

テーマ:Alfaromeo
etcsp



ここのところ、プライベートで良く富士吉田の基地に通っとります。仲間内でイロイロ遊んでるのですが、通うとなると高速代もバカになりません。スパイダーだと左ハンなんで高速料金の清算も面倒です。なによりETC一度使うと、普通料金が非常に高く感じるんですねぇ。しかも東名経由で富士吉田行くとき、富士五湖道路を通るんですが、あそこの料金所ゲートにゃ左ハン用レーンがない!いちいち降りて清算せにゃならんのです。ムカツク。
で、やっぱETC装着しよーと思いまして近所のSA(スーパーオートバックス)へ行ってみました。年末にSAはETC装着作業が混んでた関係から、テメーで足のボルボには装着経験済だったんですが、配線の際に頼りにしていたsonyのフィッティングマニュアルサイトが閉鎖されたため、AC電源と常備電源探すの面倒かな~と思いまして外注することに。

で、SA行って端末選びます。ボルボにはアンテナセパレート・タイプで唯一、アンテナ側にも作動ランプのあるDENSO製を付けてるんですが、特に問題ないし使用感も良いので、同じ系統の新しい機種にしました。本体はなにせスパイダーですからセキュリティ面考えるとどーしても隠しますよね。アンテナ側に作動ランプあると動作確認しやすく便利です。

で、イザ取り付けお願いしよーとしたら、作業工賃が@¥3,000とか。ま、イイんじゃない?と思って頼もうとしたら、「あ、外車は@¥8,000デス」とか言われました。えぇ?!高ぇよオイ。たかがACと常備にコネクター入れてアースするだけなのに。なのでアタマ来て結局自分で取り付けました(貧乏性丸出)

懸念してたのは、スパイダーの配線が分かるか?ってコトだけ。なにせ10年以上前のイタ公が造ったクルマですからねぇ。念のため、テスター持って作業始めます。オーディオは購入時からKENWOODのMDデッキが付いてました。ネジ外してユニットを引き出します。ズラズラ配線が出てきます。と、あらまぁ。配線に全部何のコードか書いてありました。ラッキー★流石日本人!作業細かいデス。で、コネクティングして結線は終わり。(思うに、常備電源は赤コード、アクセサリー電源は黄色か黄色縞コードが多いよーな気がします。)

で、配線ですがAピラーの内装部品外して埋め込みました。そのままAピラー辿ってスキ間からグローブBOXの中へ。オーディオ背面の配線も、エアダクトの隙間縫ってダッシュの隙間から捻じ込み、完璧にフィッティングしました。チリが適当に合ってないのが幸いした初めての例ですわ。


ってコトで几帳面な日本人と適当なイタリア人のお陰(?)であっさり取り付け終了しました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
November 01, 2006 11:49:18

画家「田中一村」を知ってますか?

テーマ:雑ネタ
田中一村という画家をご存知でしょうか?

2son


http://www.cc.toin.ac.jp/MA/orgn/tanaka/index.html

栃木県生まれ。東京美術学校(東京芸大)中退。7歳のときに児童画で天皇賞、17歳で全国美術名鑑に名を連ねたほどの天才でしたが、人に恵まれず中央画壇から遠ざかり、47歳のとき出たスケッチ旅行で南国に魅せられ、50歳で奄美大島に移住。69歳で生涯を閉じるまで脚光を浴びることはなかった不遇の南画家です。奄美大島では余りに有名ですが、現地の「田中一村美術館」で観るまで恥ずかしながら知りませんでした。

画風は繊細で緻密。奄美の強烈な太陽で表現される原色遣いは、精密なデッサンの上に成り立っており、雅を感じるよりむしろ「鬼気迫る集中力」と言ったほうがピンとくるものです。奄美大島の名瀬市(現在の奄美市)には彼が亡くなった家が保存されていますが、バラックといった風情で、かなり困窮した生活をしていたようです。奄美大島の自然は甘いモノではありませんしハブも居ます。そこで大島紬の紬絹染色工をしながら3ヶ月働いて金を溜め、4ヶ月掛かって絵を描く、という生活を送っていたそうです。それだけ集中する必要があったのでしょう。

写真はかなり大きく有名な「奄美の杜」ですが、ちょこっとデッサン程度に書いて水彩を施した、奄美の魚や甲殻類などが好きです。特にスケッチ旅行の時に色紙に描いた「由布風景」はお気に入りの作品です。

田中一村の作品は、各地で展覧会も開かれていますが、奄美では空港近くの「奄美パーク」に素晴らしい「田中一村記念美術館」があります。画集などでは絶対に再現出来ないこの色調は本物を見るしかありません。何処かでご覧になってみてください。


1son


http://www.amamipark.com/isson/isson.html

http://www3.ocn.ne.jp/~amami21/tanaka.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。