1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
February 28, 2006 10:37:42

1日1回トムキャット3~退役後の末路

テーマ:F-14 Tomcat
このブログ書いてて読者の方にお会いするケースもあるンですが、ジョリー・ロジャースネタは流石に

ワケ分かんね

とのご意見多数・・・。ですが、自己陶酔型テーマは最初から判明してたコトですから、続いてしまうんですなぁ。ジョリー・ロジャースはひとまず置いといて、退役していったトムキャット達、どーなってんでしょうか?ってコトが第3回のテーマ。

退役した機体はスクラップになるのが当たり前ですわな。家電と違って専用開発品のオンパレードですから、流用&再利用出来る部品なんぞ、ミサイル吊下のパイロン位なんじゃナイでしょうか。しかも軍事機密も多いでしょうから、バラすってもデカいし、ホカすワケにも行かず、嘆かわしいコトに管理場所で野ざらし放置されるコトが多いよーです。

その場所で有名なのがアリゾナ州にある航空機廃棄場。映画の撮影(コン・エアーとかでも使ってましたな)などでも使われる場所ですが、過去のF-104とかF-4F-5A-4C-130なんかもあり、その中に改修されずに廃棄されたF-14Aなどもあるよーです。



↑その墓場。長期に渡って活躍したファントムが多いですなぁ。


↑駐機場に放置されたF-14B。外装はところどころ塗装されてますが、意図は不明。無残。


一部の機体については、ミュージアムや基地の正面玄関でオブジェとして残されますが、飛行可能な機体となると年々少なくなって行くでしょうねぇ。因みにスミソニアン博物館には展示が決定しているよーで、既に搬入されているとか。



↑どこぞの基地に設置されたブラック・エーセスの機体。こうしてくれればまだマシ。


↑これまた場所不明ですがVF-84の機体。何処かの公園のよーです。


長きに渡って空母を中心とする艦隊の守護神であったトムキャット。退役したアトのこのよーな末路はどの兵器も同じですが、ナニが言いたいかっちゅうと・・・・



捨てるんならクレ!!





よしんば貰って来ても嫁に怒られるだけだろーなー・・・。河口湖自動車博物館とか展示してくんないかな?





それでもトムキャットは永遠なのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
February 27, 2006 12:48:45

バーレーンGP今年はどうなのよ?!

テーマ:Formula1
jbいよいよ来週末に迫ったF1GP2006。初戦は中東サヒール・サーキット、バーレーンGPです。
2005年のバーレーンGPはアゴアロンソがポールtoフィニッシュ。ヤルノが2位ゲットして注目を浴びました。で、ライコネン、シューミー、デラロサの順。BARは期待外れの14・15位という結果でした。

さて、バルセロナのテストも終了して各チームの新型車も出揃い、ほぼ戦力が判明してきました。なので、恒例のBarたま的勝馬予想してみましょう。初戦+新エンジン+タイヤ交換復活と要素が多くてこりゃ混戦予想&リタイヤ続出です。まずはBarたま主観による各チーム分析から。


1>ルノー・チーム
新車R26は誰が乗っても速いタイム出してました。アゴが乗るとTOPタイム連発。更にシェイクダウンから速かったところを見ると、今年もルノー+アゴは大本命。気掛かりは2007年移籍のアゴが後半、チームにどのように影響するか?キーはフィジーの出来如何か?!

2>マクラーレン・チーム
昨年はNo.1マシンを持ちながら信頼性に泣いたマクラーレン。当然、今年も最初から速いと思いきや、Eg開発遅れ更にメインの技術スタッフが他チームへ流出。よってテストでも詰めが甘く遅い遅い。それでもキミライの実力はホンモノ。フェラーリ流出も騒がれてますが、今年は大人しくするのかな?!新車MP4-21のエアロダイナミクスは斬新。なれど実戦ではちょっち弱いか?

3>スクーデリア・フェラーリ
奇才ロリー・バーンが一線から手を引いてる、と予想した昨年はボロボロだったF2005から新車248F1へ。Egはともかく、マシンデザインは相変わらず イマイチ?マッサ加入でセットアップがどう変わるか。シューミーはそれなりに走らしてますが、果たして。タイヤ交換とジャン・トッドの奇策でも優勝はしてもはっきり言って年間3位止まりかな?!

4>トヨタ・チーム
もうね、今シーズン終わりっす。TF106は完全終わってますので、次に投入する新車に期待。バルセロナで投入した新エアロダイナミクスも終わってます。ガスコインどーした?!

5>ウイリアムズ・チーム
昨年、意外に活躍したウイリアムズ。とは言っても中堅チームが板に付いてきました。BMWからコスワースV8へレベル・ダウンと思いきや、意外に速い。でもこりゃ、シャシーによるところ。各チーム開発が進めば中盤から苦戦必至。新人2世、ニコ・ロズベルグに注目。

6>ホンダ・チーム
BARの妙な干渉が無くなり、すっきりしたかテストでは非常に好調。バリケロVSジェンソンはサトタクの時と同じく、ちょいと先行くジェンソン。マシンRA106はOK。問題はタイヤ交換含めたレース・メネージメントのチーム力か?!とにかく初優勝が必須

7>レッドブル・チーム
テストでは今イチ目立たなかったレッドブル。エイドリアン・ニューイー加入で俄然盛り上がるも、効果は後半から?序盤は苦戦必至。デビクル&クリエンちゅうドライバーもイマイチ。結局イマイチ?!

8>ミッドランド・チーム
ロシア資本でどーなる今年?はっきり言って未知数。トヨタEgでアグリ・チームのホンダと代理戦争。アルバース&モンテイロね。誰それ?

9>スクーデリア・トロ・ロッソ
レッドブル傘下で旧ミナルディよりゃマシな状態?セカンド・チームと思いきや、反則技の制限つきコスワースV10は唯一認められた政府公認の隠密部隊。あれ?スコット・スピードってF1来たの?アメリカから来ても大成せんぞアンドレッティ・・・・。

10>スパーアグリF1チーム
え~タイムマシンですとりあえず。普通は最新で過去行くんですが、今回は逆。アルベルト・トンバが2mの板でトリノオリンピック出るよーなモンです。完走だけしてくれ頼むから。



ちゅうことで、初戦バーレーンGPのみ入賞圏内結果予想ね。


1>Mシューマッハー
2>Jバトン
3>Fアロンソ
4>Mウェーバー
5>Rバリケロ
6>Dクルサード
7>Kライコネン
8>Fマッサ


寸評:はっきり言って予測不能。だが優勝の可能性ありなのはフェラーリ、ホンダ、ルノーの3チーム。シューミー優勝は希望的観測。リタイヤは初戦のNロズベルグ、Fマッサも危ない。YトゥルーリとJフィジケラは接触してダブルノックダウン。JPモントーヤもやってくれるでしょう。


大注目の初戦は3月12日(日)決勝スタート!!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
February 24, 2006 19:51:27

1日1回トムキャット2!

テーマ:F-14 Tomcat
「1日1回トムキャット!」ですが企画倒れの自己陶酔型テーマかと思ってましたが、意外にも喰い付いていただきましたありがとうございます。PS2ソフト、エースコンバット・シリーズで、如何に反則機体のベルクトとかSu-37とか出てきても、最終章は必ずF-14で出撃するワイは続けますデスよ。
毎日続けるとネタ切れますので、小出しに行きますけど・・・。

とりあえずジョリー・ロジャースで2回目です。ちょっとコアなオタクネタに行きますヨここから・・・。マジで深いデスヨ。





この部隊、もともとVF-17として1943年にF4Uコルセア(USSバンカーヒルに搭載されてたよーです)で使用したマークが元祖だって書きましたが、当時はジョリー・ロジャースって部隊名じゃ無かったよーです。クロスボーンの髑髏マークが入ってただけのよーですから、信憑性は不明っす。そもそも、クロスソードに髑髏ちゅうのが海賊の旗ってイメージありますし”ジョリーロジャー”って海賊旗って意味がありますしね。



↑VF-17のコルセア。機首に髑髏マークが確認出来ます。


その後にF6FヘルキャットとかF8Fベアキャットとかに機種転換したよーです。してVF-61に編入されてF9FクーガーFJ-4ヒューリーなど導入して、1955年にVF-84になったみたい。で、1959年にエリア88の風間真が最初に買って有名になったF8U2Mクルーセイダーに機種転換してます。



↑VF-84で運用していたF8U-2。ハセガワからキット化されてます



ベトナム戦争が始まった1960年にはまだクルーセイダーを運用してましたが、1965年にF-4Bファントムに機種転換し苛烈な戦場へと向かいます。有名な垂直尾翼に髑髏マークは、ファントムから採用したよーです。して当時、最新鋭であったトムキャットへ機種転換したのは、終戦する当年である1975年です。ですが実戦配備されたのは1978年に空母USSニミッツ(CVW-8)に搭載されたのが初となりますから、VF-84はトムキャットでベトナム戦争に参加してないよーですね。

エリア88にミッキー・サイモンのベトナム戦争回顧録でVF-84が出てきますが確かにトムではなくファントムでした。
(流石わ新谷先生。史実に忠実っすわ。)  ←妙~に感動



↑非常に画像が少ないVF-84のファントム



余談ですが、「ファイナルカウントダウン」も「トップガン」もUSSニミッツで撮影されてたの知ってました?確認してませんが、トップガンの後半、空母主体のシーンはVF-84が担当しているかも知れません。

1980年代に入るとロービジ塗装が全盛となりますが、士気が下がる、との理由からCAG機(キャグ:空母航空団指令機)とCO機(飛行長機)のみハイビジが容認されてたよーです。

で、VF-84/JOLLY ROGERSが解散してVF-103/SLUGGERSが引き継いだのが1995年。機種はEgを高出力型F110-GE-400に換装したF-14Bになったよーです。 搭載されたのはCVN-65エンタープライズ。

で、余談ですがこのとき偵察用のポッドLANTIRNを搭載した偵察用の通称「ピーピング・トム」を初実戦配備した部隊となったよーです。



↑ジョリーロジャースを引き継いだ旧VF-103の”SLUGGERS”の機体。マーキングが時代。


↑翼付け根にLANTIRNを搭載した偵察用トム


で、つい先ごろF/A-18Eに機種転換して既に実戦配備されています。


↑VF-103に新たに装備されたF/A-18Eスーパーホーネット





ね、濃いデショ・・・。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
February 24, 2006 14:09:31

アグリF1、スポンサー決定?!

テーマ:Formula1
aguriにゃんと、注目のスーパーアグリF1のスポンサーが決定!

アグリのスポンサーにオートバックス

3月の開幕までドキドキしてよーと思ってたのに、あっさり発表しやがったなぁ~・・・・と思ったら





サブ・スポンサーだって。

なんだよ、ビックリしたわ。オレンジ色になんのかヨ~ENEOSのロゴ分かんねぇ~じゃねぇ~かよ~、とか思ってた自分がバカ。


してバルセロナのテストは3日目となり、サトタクが最多の58LAPを刻みました。↓

バルセロナ合同テスト3日目 佐藤琢磨58周(2/23)

これを見るとサトタクはTOPのジェンソンの5.8秒差まで詰めたよーですね。初日なんぞ13秒以上違いましたし、3LAPしか出来なかったんっすからねぇ。やっとスタートした感じです。それにしても、EgとタイヤはHONDAと同じ2006年仕様でしょ。シャシーと空力とサスとギア、電子機器の違い。それで約6秒オチなら十分なんでないの?!



バーツクならもっと差が出ないかもねぇ・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 23, 2006 17:05:14

1日1回トムキャット!

テーマ:F-14 Tomcat

U.S.NAVYの海上戦闘機グラマンF-14トムキャット。好きなのは既に宣言済みですが、余りに好きなので秘蔵画像から「1日1トムキャット!」として蔵出し決定!ついでにテーマに昇格しまつた。 
→だーれも喰い付いて来ないケドね・・・。



最初は、トムキャット飛行隊で恐らく全世界1番人気の”VF-84戦隊ジョリー・ロジャース」です。(↑はホント昔のです。機首のアイボリーがポイント)


VF-84は旧くはF4Uコルセアから始まった由緒正しき部隊で、ベトナム戦争にも参加しています。映画、”ファイナルカウントダウン”に出演したのがきっかけで人気爆発。その後、部隊は解散となりますが、VF-103戦隊(Sluggres)が部隊マークと「ジョリー・ロジャース」を引き継ぎ、現在に至ります。しかしそのVF-103戦隊も、既にF/A-18に機種転換済。髑髏マークのトムキャットは既に過去のモノっす。

↑これはVF-84の機体。後ろのF-4と言い、ハイビジカラーが時代ですなぁ。


↑これはVF-103の機体郡。ベトナム戦争以降の視認性低下のための地味ロービジ塗装。手前のは隊長CAG機。CAG機だけは後にハイビジでもOKとなりました。まーロービジでもカッコいいけど


↑歴代受け継がれる部隊パッチ


ワイがこの印象的な「黒地に髑髏マークと黄帯」を意識したのは小学校くらいですかねぇ?多分、ハセガワとかプラモだったと思います。その他には厚木基地に飛来していた「ブラックナイツ」とか「ソーズメン」とか「ブラックエーセス」とか「トムキャッターズ」とか「サンダウナーズ」とかありましたけど、やっぱジョリーロジャースが一番カッコ良かったんですねぇ。それを決定付けたのはアニメ”超時空要塞マクロス”に出てきたバルキリーなる変形ロボット。これに出てくるロイ・フォッカーが乗るVF-1SバルキリーがまさにVF-84のCNG機をモチーフにしてたんですねぇ。


ま、そんなワケで、時間が出来たらタミヤの1/32トムキャットのプラモを作ろーと、10年前から計画してます・・・。



はぁ~カッコ良過ぎさF-14・・・。まさに一家に一台・・・。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
February 21, 2006 19:33:29

F1最終カタロニア・テストをモニター

テーマ:Formula1
さて、本日(2/21)からスペインのカタロニア・サーキットで、再来週開幕するF1の最後のテストが始まります。空力パッケージやチェックの最終テストだし、テストでは最多の8チームは参加してるし、なんつってもスーパーアグリ・チームのSA05が初めて公に姿を表すちゅうことで、要注目だったんです。で、カタロニア・サーキットってwebcamが設置されてるの知ってました?↓

Circuit de Catalunya

もーね、仕事中もエクセルの横にモニター開いて、ずっと観てましたよハイ。SA05は確認できませんでしたチクショー!
仕事はどーした?!仕事ってナニ??


↑この緑のマシンはナンでしょ?!


更にLiveでタイムモニターもチェック出来ます。それによると、SA05はサトタクの手で3LAPしてますねぇ。とりあえずまともに無事、走ったよーです。

して、最注目のメイン・スポンサーわっちゅうと、こんな報道がありました。↓

『新日本石油』、スーパー・アグリへもオイル供給

これによると、ENEOS、ブリヂストンタイヤ、タカタベルト、NGKプラグが確定、それに井出選手へのmobilcastがあるよーですね。無論、ホンダもですが。メインは未だ発表ありません。ひょっとしてメインなしか?!


因みにテストは24日まで続きます。


↑ピットアウトして行くのはウイリアムズかな?




2/22 SA05の画像追加!!↓



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
February 20, 2006 11:14:00

159スポーツワゴンのデザイン

テーマ:Alfaromeo
アルファロメオの159が2/11に発売となりました。ロメオ乗りの反応は156の時ほど騒いでいる様子もなく、静観の構えです。本国ではセダンは既にデビューしてまして話題がスポーツ・ワゴンに移ってます。

前にも書きましたがロメオ乗り、特にヒストリックの105とか115系お乗りの方々は、FF化した以降のモデルナには余り興味なく否定的な意見が多いよーな気がします。とは言っても、これはアルファに限ったコトではなく、英車でも仏車でもあるコトです。(独車はそーでもない気がしますが)159も「デカい」とか「Egがネムい」とか「イカつい」とかの意見を多く聞きますが、ワイ的には結構イケてる、との評価済みっす。
(過去記事参照)

で、159SWっすが、これも156SWよりは好きです。156は75から伝統のヒップ・コンシャスなデザインが好きでしたので、SWの間延びした感じと、ズゴックがクシャミしたよーなテールがイマイチ好きじゃなかったんですねぇ。その伝統の筈な159セダンはイマイチ、ヒップ・コンシャスでナイ感じがしたのでSWのデザインが気にならないのかも知れません。ま、とにかく159SWもイケてるんじゃナイかと思います。

ネガも勿論あって、フロントのオーバーハングがちょっち長いよね。そのワリにリア・オーバーハングは短目だし、ホット・ロッドじゃナイんだからねぇ。バランスがどーも・・・。仮にもワゴンなんだからリア伸ばしてフロント短い方(BMW3ツーリングみたく)が理に叶ってるしスタイルもイイと思うけどなぁ。


→ま、百も承知であえてデザインしてるんでしょうけど。それを新しいと取るか、ダサっと取るかはアナタ次第・・・。


ま、実物含めこのクルマ、濃い目の色が似合うと思われます。


そー言えば、既に159の中古車が店頭に並んでるお店が江東区にありました。赤の右MTで18,000km走行、298万だって。なんじゃそりゃ?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 17, 2006 11:46:04

Pirates of the Caribbean2のプロモとVOLVO OCEAN RACE

テーマ:Volvo
既にご存知かも知れませんが、ディズニー映画

「Pirates of the Caribbean 2/deadman's chest」

がまもなく日本でも公開されます。公式発表は未だですが、学生達が夏休みに突入する近辺の公開となりそうです。ジョニーデップがイイ味出してましたからねぇ。今回も期待が持てます。

で、この映画に登場するブラック・パール号がヨットになって世界一周レースやってるのって知ってました?↓




ここのところ、いろいろな媒体で告知されていたので、観る機会もあったと思います。先日、取材でアメリカズ・カップ元日本代表の西村一広さんにお会いしまして、いろいろ伺ったんですわ。したら、これが凄いのよ。

ボルボ・オーシャンレースは、4年に1回開催されているイベントなんですが、なにせ地球1周、31,000海里(約51,000km)7ヶ月掛けて走破するのです。レースは9つのレグに分かれますが、最も長い第4レグだと6,700海里(12,000km)もあり、走破するには3週間掛かります。しかもこの間は昼夜問わずノンストップ。更に南米大陸のホーン岬を通過するため、氷山に遭遇する危険も高く、海もかなり荒れている難所です。
で、3週間ってもどんなモンか予想出来ないでしょ?
それがですね、このヨットがハイテク満載でして、ボディはF1と同じカーボンモノコック製で、なんと船底のキールがコンンピュータ制御で左右に動くんですわ。(カンティング・キールと言います)なので速度だけ取れば有名なアメリカズ・カップの艇より速いんですって。





で、速度優先の設計してるために重量制限してるらしーです。具体的に言うと、


食料は全部フリーズドライ。

飲料水は海水を蒸留して作るため積載なし。

クルーの着替えは1着のみ!。



こんな感じなんですわ。1着の着替えで3週間よ?!勿論洗濯しながらだろーけど、極寒でメシはフリーズドライしかないし、ビールも無けりゃ、タバコも吸えない状況でしょ。しかも着替えはなし寒い寒いと来れば、気が狂ちゃうよ全く。

クルーは各レグが始まる前に、20キロくらい食い捲くって太ってから出発するんですって。で、大体5,500キロカロリー/1日くらいフリーズドライで摂取してるそーなんですが、各レグが終わると、太る前の体重からマイナスになってるそーです。こわ。





出場してる選手はアメリカズ・カップにも出てるよーな、殆ど世界的なトップ・セラーだそーで、スポンサーから纏まった給料も出てるそーです。まー、裕福目な生活は出来るよーですね。それにしても、家族から離れて殆ど半年は世界中駆け回って、死ぬ可能性も結構高い、となると割に会わん職業でもあります。



↑これは前回大会photo。因みに後ろのは氷山ね


で、まぁ前回大会からボルボがメイン・スポンサーになりまして、昨年暮れにスペインを出港してレース中です。現在はニュージーランド辺りで第3レグを航行中です。これに、ディズニーがスポンサードする「Pirates of the Caribbean」チームが居るんですなぁ。映画のプロモーションの一環ですが、なにせディズニーが後ろ盾なモノで、F1で言うならトヨタみたいなチームなんですわ。優勝候補筆頭。しかも、カッコ良い。

ところが第1レグでキールが折損するトラブルが出てDEF。第2レグでは調子出ず、第3レグで巻き返し中です。



スカパーとかGAORAとかで放映してますんで、面白いから観てみてくださいな。




いくらワイがレース好きっても、間違っても出たくねーです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
February 16, 2006 10:03:18

Sアグリ、マシン&ドライバー確定!

テーマ:Formula1
aroows今シーズンからF1に参戦が決まったアグリのチーム「SUPER AGURI FORMULA 1」の暫定マシンSA05がやっとシェイクダウンしたよーです。↓


スーパー・アグリ『SA05』、シェイクダウン果たす
↑これはベースとなった旧アロウズ

まー、アロウズの流用とは言え良くもまー間に合ったモンですなぁ。K4GPのマシン仕上げるのに半年も掛かったのに、この短期間で作るなんぞ素直にすげぇと思いますヨ。情報がちょろちょろ漏れて来てますけど、やっぱ最初はホンダの昨年版007シャシー流用で行くつもりだったみたいですな。それが知的所有権問題で使用不可になってから、3~4ヶ月でアロウズ・チーム買収とマシン準備したワケですからねぇ。凄ぇ。更に保証金60億近くと、ファクトリーや100人以上のスタッフ配備、スポンサー探しとか、考えただけで気が遠くなりますよねぇ。

で、ついでにドライバーも発表になりまして、当初の予想通りの結果となりました。↓


スーパー・アグリ、ドライバー・ラインナップ正式発表!


やっぱサトタクと井出選手でしたねぇ。ま、これは想定の範囲内。ワイが最も気にしてるのは、スポンサーですわ。保証金の準備やらでそりゃ、金掛かるだろーに、いったい何処??したら、こんな記事が・・・。↓


モバイルキャスト、井出のサポートを継続


モバイルキャスト凄ぇな。
ウイリアムズとも契約したって話は誤報か?(過去記事参照)そーじゃないなら、相当バブリーな会社ですなぁ。ま、どっちにしてもメイン・スポンサーじゃナイでしょうねぇ。純日本を標榜する同チームですから、白ベースで赤文字とかのデザインだと思うんですが、いったい何処の企業がこのマシンを飾るのか、非常に興味がありますね。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
February 15, 2006 11:30:20

Barたま的通勤電車の混雑対策案

テーマ:雑ネタ

konzatu

毎日々通勤電車に揺られて会社に着くころにゃ、1000kカロリーくらい使ってんじゃナイかと思うみなさま、お疲れさまです。都内や大阪府下もそーですけど、電車の本数はたいして増えないのに、沿線にゃバカバカ耐震偽造マンションが建ってますよね。これ以上乗れないヨっつーくらいなのに、更に

沿線にヒト増やして詰め込む気かっ系列不動産っ!

とか思いませんか?具体的過ぎ?10年ほど前に、埼京線の熊谷駅近くに住んでた兄貴ん家遊びに行って、ちょうど帰宅ラッシュにブツかってしまい、駅で乗降口に行けず窓から降りたコトがありましたけどね。そのうち、どの沿線もそーなるんぢゃないのかしら。

で、良く思うのは、

車輌に効率良く乗客を収容するにゃ、どーしたら良かんべ?

ちゅうことです。で、ワイ的に対策を考えてみました。


<1>シドニーに学ぶ案
オーストラリアのシドニーにある鉄道は2階建て(いわゆるダブルデッカーってやつね)。乗降口入ると上下に階段があってどっちも行けます。下の階はホームすれすれ目線で楽しい苦しいですが。背もたれは左右に動きまして対面にすることも出来ます。東京で採用すれば輸送力単純に。ですが、乗客過密状態だと、例えば新宿などで上下から乗降口に殺到して危険&時間掛かると思われますが、そこはホームを2階建てにするとか、対応策はあると思うんですよね。線路の拡幅とかトンネルの大きさとか荷重問題とかあるとは思いますが、複々線にするよか、よっぽどコストも掛からんでしょ。ホンダに技術供与いただいて低床電車作れば良いことさ。


<2>マスドライバー案
大体、人間なんて自己中なんだから。例えば高速でも勝手にさすから渋滞するワケでしょ。そこで通勤もオートメ化。各鉄道線路は高架か地下にしてとりあえず踏み切り無くします。その上で筒状のマスドライバーに基幹路線と分岐路線に分けて設置します。して、例えば椅子に座った状態で1人づつ最大加速3Gくらいで打ち出すワケですな。駅ではエスカレーターに椅子が付いたよーなモノに乗る感じで。その後、降着駅まで基幹路線~分岐路線で直通運転。問題は降着が集中する大都市での降り方か?面倒なのでアスレチィング・フックで強制停止


<3>座席なくせ案(優先席除く)
やい私鉄、さっさとやれよ。
どーしても座りたいとか、オバQで箱根行くヒトは、立ち椅子をキヨスクで@500販売。


<4>繋げちゃえ案
電車って駅で加速と減速と停止を繰り返すから時間が掛かる道理でしょ?ETCも停止しないから渋滞緩和するって言ってるワケだし。じゃ、いっそ全線路上に車輌ループさせて繋げちゃえば?それがグルグル廻るだけと。ナニ?!乗り降り出来ない?
走るんですよ
お年寄りはどーするって?
駅員が担いで走るんですよ
ついでに10年後には前後半プレス掛け捲りの走り捲りの日本人が登場して、FIFAランク10位以内になれるよ!
冗談はともかく、乗降は歩く歩道の高速バージョンを作れば良い。

→フランスで時速11kmで動く高速歩く歩道造ったら、転倒者続出で閉鎖になったコトがあったけどネ~。段階的に加速さすか腰掛があれば解決すんじゃねーの? → http://salut2.at.infoseek.co.jp/lounge/2002/jul02.html#09


<5>拡散案
つーかとっとと地方分散しろ政府。



雑談でした。






abhotel3

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD





ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。