今週末、手にした本

テーマ:

向田邦子との二十年 (ちくま文庫)/筑摩書房



ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観/みすず書房




亡びゆく言語を話す最後の人々/原書房



今週末、手にした本

目黒川沿いのカウブックスで
コーヒー飲みながら読書、とても集中できる

改めて向田邦子さんに惚れなおしました
なんて素敵な女性なんでしょうか



最近、いろいろと想うことがありましたが
読みたい本に囲まれ、
ゼラニウムのキャンドルでリラックス
明日から一週間穏やかに過ごせますように
AD
ふらーっと帰り道
家の近くの古本屋(私好みのセレクトなの!)に
ひさしぶりに入ってみたら
どんぴしゃな本をいろいろ見つけてしまい
気づけば、古本屋で5000円分もお買い上げ~(笑)


ちょうど、最近親鸞の生き方が面白いということを知り
いろいろ読んでみたいと思っていたところに
これ!引っ越し直前だというのに、大きい本ばかりを買ってしまいました。。。


親鸞 激動篇 上/五木 寛之

¥1,575
Amazon.co.jp

親鸞 激動篇 下/五木 寛之

¥1,575
Amazon.co.jp

これは5冊セットでお買い上げ~
千と千尋の神隠し―Spirited away (1) (アニメージュコミックススペシャル―フィ.../アニメージュ編集部

¥590
Amazon.co.jp

西蔵漂泊―チベットに魅せられた十人の日本人〈上〉/江本 嘉伸

¥2,854
Amazon.co.jp

西蔵漂泊―チベットに魅せられた十人の日本人〈下〉/江本 嘉伸

¥3,059
Amazon.co.jp

AD
年末年始あたりで読んだ本
どれも外れはなかったです

なかでも加賀まりこのエッセイは
いろいろと刺激だったなー

どう頑張っても
加賀まりこのような
思考にはならないけれど
まっすぐというか
なんだか清いものがあった


また、ひさしぶりに読んだ
河合さんの本は
おっしゃるとおりということがたくさんあって
頭で分かっていても理屈じゃない!と思っていたことも
なぜか河合さんの言葉になると
そうだよなーそうだよなー
と妙に納得してしまうのだから
不思議なものだなー


時々、無性に
いろんなジャンルの本を読みたくなって
お風呂に入っているときも、寝る直前の時間だったり
とにかく空いた時間は、ずっと本にかじりつきたくなるときが
1年のなかで、数回あるのだけど
年末年始、そういうタイミングでした

自分の思考を整理する上でも
いろんな人の考えや想いなんかを
自分の中に取り込むと
なんだかすーっとするのです



働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む/慎 泰俊



純情ババァになりました。 (講談社文庫)/加賀 まりこ




自分思考/山口 絵理子





プラットフォーム戦略/平野 敦士 カール





愛しの陽子さん―yoshimotobanana.com 2006 (新潮文庫)/よしもと ばなな



ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家/ムハマド ユヌス



こころの処方箋 (新潮文庫)/河合 隼雄



AD

読書日和

テーマ:
今日、明日で読み切る本!

数冊は読み切ったーーーー
どれも興味深い。


また、図書館に予約していた本が2冊とどいたので(何を予約したか覚えていない・・・)
それもとりにいかないとー


今日は、午前中に掃除、洗濯をして
ランチは中目黒の川沿いで、ひさしぶりにサカイマンと
うーん10ヶ月ぶりくらいかなー

そのあと、仕事と読書のため
図書館にこもる予定

夕方からは、図書館となりのジムへ
2時間ほどがんばるのだー

うん、なんだかテンポの良い土曜日になりそう!!
明日は、月1の料理教室だし
あー、もう1ヶ月経ったのかーと
料理教室がくると実感

時が流れるのは早いなー
クリスマス、年末もこのままだとあっというまだね



ナツコ―沖縄密貿易の女王/奥野 修司





論点思考/内田 和成




食の500年史/ジェフリー・M・ピルチャー




ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business scho.../W・チャン・キム





イヴの七人の娘たち/ブライアン サイクス



10月の上司が選んだ
私の課題図書



ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business .../楠木 建



ひさしぶりに500ページ相当の本を読んだ!!!
働きながらずーっとモヤモヤしていたことが
この本でだいぶ明確になって、すっきりした

小さい仕事も大きな仕事も
仕事以外のことも
長期的な視点でのストーリ構想が重要


とにかく「誰のために、何をするのか」
を考え続け、考え抜くこと
ここをぶらさないこと

そのために収益の持続性が必要だという
流れがだいぶしっくりきた


これから事業戦略を考えていくうえで
とても必要な視点
上司からのメッセージがストレートに伝わってきました


わたしの今期の課題は
「筋の良い仮説を立てること」
「ビジョンを打ち立てること」



半年で何としてでも
この力を身につけなくてはいけないし
どうしても身につけたい力


これから先
わたしが成し遂げたいことにおいて
必要不可欠なことなのです


毎日壁にぶちあたっているけど
こわいものはないし、楽しくて仕方がない


そして、来週から本格的に始まる仕事に向けて
今週末はこの本を読みきります

「数字」で考えるコツをつかめば、仕事の9割はうまくいく/久保 憂希也



大の苦手の数値を読み取るという力
はやく身につけたいです

小さい頃から、算数の本質を理解するのに
人の何倍も時間がかかっていたので
コツコツ頑張ります

移住

テーマ:
まさに、わたしにぴったりなテーマ

ひさしぶりのカーサブルータス
昔、マガジンハウスでバイトしていたとき
カーサブルータスかブルータス編集部にいきたくて
おつかいのついでに、こっそり覗いていたのが懐かしい~


個人的には、森に移住が心ひかれるけれど
できることなら、森も海もあるところに移住したい!

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2011年 11月号 [雑誌]/著者不明



やっぱり沖縄とかいいな~

隔週くらいで、週末は自然いっぱいのところに帰り
平日は仕事もあるし、都内に戻るとか

本当はできることなら
打ち合わせのときだけ、都内に戻り
生活の基盤は、自然のいっぱいあるところに置きたいな~

食べたいものは、自分で育てて食べるとか
もし子どもができたら、自然がいっぱいあるところで遊ばせたいし
泥まみれになったり、昆虫採集したり、好きなように駆け巡ってほしい

わたしも小学生のころは、幸いにも大分という
とても自然あふれる、のんびりした場所で育ち
毎日泥や砂まみれになりながら、
くたくたになるまで、全身全霊で遊んだからな~

たしか、20時にはもう就寝していた記憶があります(笑)


ひろーいお家に
たくさんの緑に囲まれて
空気が澄んだ場所に住みたいな~

家の中には、暖炉があってとか、
土間がいいなーとか、
妄想好きな私のイメージはどんどん膨らみます(笑)


いつか、森や海に移住したいなーと思っている方は
今回のカーサブルータスおすすめです!


衝動買い

テーマ:
ひさしぶりに雑誌の衝動買い
大学生時代は、1ヶ月に雑誌という雑誌を読みあさり
ファッションからビジネス書まで、20冊ほどは読んでいたけど
雑誌編集という仕事ではなく、ネットの仕事を選んでから
めっきり雑誌を読まなくなってしまいました

仕事うんぬんではなく
単に読みたい雑誌が少なくなってしまったことと
特にファッションに興味がなくなったことが大きかったのかなー



欲しい雑誌があるときって
重なるもんだなー

今週買った雑誌はこちら

寝る前がたのしみ~

暮しの手帖 2011年 10月号 [雑誌]/著者不明





ecocolo (エココロ) 2011年 11月号 [雑誌]/著者不明





BRUTUS特別編集 合本・写真術 (マガジンハウスムック)/著者不明





COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 11月号 [雑誌]/著者不明






リンネルHome vol.4 (e-MOOK)/著者不明





暮らし上手のおもてなし (エイムック 2221)/著者不明





Web Designing (ウェブデザイニング) 2011年 09月号 [雑誌]/著者不明





Web Designing (ウェブデザイニング) 2011年 10月号 [雑誌]/著者不明


風のような物語

テーマ:
今日もなんとも言えないくらい
幸せに満ちた日でしたー

朝は、目覚ましなしで目を覚まし
秋風を感じながら、5キロほどジョギングして
昼は、美味しい薬膳カレーをお腹いっぱい食べて
お花をたくさんかって、英語のリスニングをやって
午後はジムで2時間運動して
そのまま恵比寿のスペインバルにいって
友人と友人が、友人になって
大笑いして、アイスを食べて
散歩がてら、恵比寿から目黒、中目黒まで歩き

まーなんて、楽しい1日


さて、今日届いて読んだ1冊はこちら
最近彼の本を読むようになったのだけど
星野道夫さんが見たアラスカや
エスキモーの方々の暮しぶり、価値観
どれも私にとっては、新しい発見ばかりで
どんどんひきこまれます

そして、彼のあたたかさがひとつひとつの言葉から伝わってきます
なんて穏やかな人なのだろう
さらに、彼の一貫した想いが伝わってくるなー

アラスカ 風のような物語 (小学館文庫)/星野 道夫




ちなみに、昨日急遽お誘いにより観に行った
エルサルバドルの大司教の実話もとにした
「ロメロ」という映画も衝撃的だった

このオスカル・ロメロ氏について
詳しく知りたい方はこちら


そもそも、エルサルバドルがどこにあるのか
どんな国なのかも、よくわからないまま映画を観て
私がちょうと産まれた頃、ホンジュラスの近くにある
このエルサルバドルでは、大変なことが起きていたのだと
恥ずかしながら初めて知ったのでした

内戦が続いていた間に
数万人の方々が命を落としたという事実を
何も知りませんでした

そのとき、自ら立ち向かったのが
このロメロ氏
最終的、彼は政府によって暗殺され命を落としたのですが
10年以上の年月を経て、和平協定が結ばれました


当たり前だけど、
まだまだ知らないことがたくさんあって
自分の無知さに悔しさを覚えるとともに
知ることに対して、もっと貪欲でありたいと改めて思ったのでした


世界中のことや
過去のことなど
まだまだ知らないことが山ほどあって
昔に比べて、いまはいろんな場所に足を運びやすくなったし
インターネットという便利なもの生まれ、
もっと知るチャンスが増えた今
自分次第でいかようにでもなるのだなと


こうやって新しい出会いを作ってくれる
友人の存在に感謝





裸でも生きる

テーマ:
あれこれやっと落ち着いてきたので
ひさしぶりに、本をどっさり買いました


毎日、読みたい本がどんどん届く幸せよ


早速最初に届いたこの本を読んだ

バングラディッシュを元気にすべく
現地の人の力でできたカバンをつくる「マザーハウス」を立ち上げた山口さんの自伝

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)/山口 絵理子



一言で言うと
諦めずにやりきる精神力というか
絶対頑張ればできないはずがないという信じる力がすごい人だなと思った


さらに、なるほどなーと思ったのが
なぜ、途上国支援をするのかという質問に対して
彼女は「役割分担じゃないですか」と答えていたこと


私も、ずっと途上国支援を何かのカタチでしたいと
思いつつ、ふと何故途上国なのかときかれると
毎回、自分でもなんでだろうと思うこともあったのだけど
これをきいて、なるほどーそういう考え方もあるのだなと




あとは、人生一度きりだし
やりたい!って思ったことは
命ある限り、やってみればいいんだ!ってことだね

誰かに迷惑さえかけなければ
なんだって、やってみないとわからないしねー



この本の舞台はバングラディッシュなんだけど
読んでいたら、またインドあたりに無性に行きたくなってきた!


次インドに行くならば、
シッキム州とダージリンには絶対行きたい

そして行くなら1ヶ月くらい行きたいなー

また旅行症候群再発
仕事の関係で、年内中の海外旅行は難しそうだけど
そろそろ、来年はどの国に行こうか考え始めよう~

まず、候補は友人たちが住んでいる
スリランカ、ベトナム、イギリス、南アフリカ、アメリカ
うーん、どれも迷うなー

スリランカから飛行機で1時間もすれば
モルディブに行けちゃうらしいし

スリランカとベトナム、両方行ってしまうというのもありだし

考えただけでわくわくしちゃうなー
連休に読んだ本

そろそろ準備したいなーということで
自分を奮い立たせるためにも
集中して、ソーシャルビジネス関連の本を最近読んでいます
意識しないと、すぐ目の前のことに時間と意識を奪われてしまうから
定期的に意図してインプットしなければと


ただ、私がやりたいことは起業でもなく
現場で一生を捧げることでもなく
わたしならではの、わたしとしてできることです

身勝手な想いかもしれないけれど
自分がハッピーにならなければ、誰もハッピーにできないと思っているからです
自分がハッピーになるということは、自分に身近な人たちをハッピーにすることも含まれます


小さい頃から、約20年近くにわたり
自問自答を繰り返してきたけれど
だいぶ考えが変わったり、考えがまとまってきました
もちろん、まだアウトプットはがっちり決まっているわけではないのですが、
方向性というか、方針がだいぶ定まってきました


ただ、軸は以前から変わっていません

「国境を越えて、人の気持ちをつないでいきたい」

やりたいテーマは、過去からいろいろ変わってきていますが
根底にあることは、ずっと変わっていません


こんなことをいうと、なんだか壮大なテーマなように聞こえますが
わたしは、この軸で、身近なところから、小さいところから
少しずつ作り上げていきたいと思っています

数年で実現できる話ではないし、
きっと一生通してやり続けるテーマだと思っていて
腰をすえて、コツコツやり続けていきたいと思っています


年内中に、その土台となるものを
フィジビリとして、なんとか作り上げたいなーと

そんなことを宣言して、自分にプレッシャーをかけてみる(笑)




20代からはじめる社会貢献: 400社が支援した「社会起業」とは (PHP新書)/小暮真久





世界一大きな問題のシンプルな解き方――私が貧困解決の現場で学んだこと/ポール ポラック







辺境から世界を変える/加藤徹生