プラウのブログ

プラウ(PLOW)ショップのブログです。除雪機や耕うん機から男女作業用ウェアの情報、イベント情報などをお伝えします。


テーマ:

プラウ長岡店の柳です。

長野県で農園経営しているお客様から修理依頼で送られてきました。

STIHL011AVです。

始動確認するとすぐにエンジンかかります。吹け上がりもOKです。

ただ、最高回転数が11,000rpmしか回ってないです。

他も点検します。

STIHL011AVは前期型はリコイルスターターがオレンジで金属製です。

後期型は白でプラスチック製です。

エアークリーナーを外して気づいた所はタンクベントが付いていないことです。キャブレターの左側のホースのみです。

これでは機体を傾けると燃料が漏れます。

次にAV(アニュラーバッファ)防振ゴムが劣化してゴムと金属の接着面が割れています。

部品供給終了していると思ったら以外にもメーカー在庫ありました!

STIHL社凄いです。国産メーカーだったら残念ながら在庫ないですね。

チェンテンショナーのアジャスティングスクリュー(調整ねじ)が曲がっています。

この部品もMS200と部品番号が同じで在庫ありました。

スクリュー交換完了

STIHL011AV当時のクラッチやオイルポンプは現行機種では対応する部品がありません。

MS201のご先祖様のような存在が011AVです。

横置きエンジンで軽量、ハイパワーです。

燃料ホース、ピックアップボディ交換します。

旧型のピックアップボディはとてもシンプルなフィルターですね。

 

タンクベント、アニュラーバッファ(防振ゴム)を交換しました。

この機体は整備前点検でエンジン調子良かったのでキャブレター分解清掃はしませんでした。

お客様ご用命箇所のリコイルスターターのポール(爪)を修理します。

011AV純正のポール(オレンジ)は部品供給終了のため

MS200純正ポール(ブラック)を加工して取り付けました。

慎重にドリルで穴を広げる作業が難しかったです。

年式不明、少なくても25年前のチェーンソーですが

世界一のチェーンソーメーカーSTIHLです。

011AVにもチェンブレーキが標準装備されています。

カバーを外して清掃します。

スパークプラグを交換、エアークリーナー清掃して組み立てて完成しました。最後にキャブレター調整して最高回転数13,000rpmまで回るようになりました。

プラウ長岡店のFacebookで動画をご覧ください。

https://www.facebook.com/nagaoka.plow/

古くても修理して大事に使う。

STIHL製品は私にとって教科書のようなものです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

プラウ長岡店の柳です。

三条市のお客様から修理持ち込みされたSTIHL MS240です。

症状はエンジンかかるけど、スロットルレバーを握っても吹けない。MS241C-Mの旧型で2011年製です。

早速故障診断します。

マフラーを外してシリンダー内壁点検、ピストンに傷がないか点検。このMS240は傷なし。

燃料ホースには亀裂なくまだ使えます。

燃料系統の詰まりでエンジン不調しているかもしれないです。

圧縮圧力を点検すると、10.0バールありました。正常です。

お客様に見積りしてGO1!サインいただきましたので部品発注します。

キャブレター分解清掃、ピックアップボディ交換しました。キャブレター分解したときに写真撮り忘れました。

キャブレターを組み立てて動作確認しましたが、いまいち吹け上がりが悪いです。エアークリーナーとタンクベントを工場内にある別の240とつかえてみると吹け上がり改善しました。

空気量不足が不調原因でした。

タンクベントが故障すると燃料タンク内が負圧になってエンジンかからなくなるので交換します。

 

キャブレター調整してエンジン回転数安定、吹け上がり良好です。

最高回転数14,000rpmまで回ります。

 

調整後にキャブレターリミッターキャップを取り付けるためにまたキャブレターを外さないといけないので二度手間なのが面倒です。

組み付けたら再確認します。

始動性、アイドリング回転数、吹け上がり、最高回転数、停止してからの再始動、すべて正常です。

修理完了しました。

MS240はMS260純正部品を使ってサイドテンショナー仕様に改造、カスタムできます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プラウ長岡店の柳です。

茨城県のお客様から修理依頼で送られてきたSTIHL  MS261C-Mです。まだピカピカです。

購入店でエンジン焼き付いていると診断されてから当店に修理見積りのため送られてきました。

当社(株)ホンダウォーク プラウ全店では他店で購入した製品でも修理、整備させていただきます。

マフラーを外してシリンダー内壁点検、ピストン点検すると、

やはり縦キズがあります。焼き付いています。

STIHL 純正2サイクルエンジンオイルを使用しているそうなので、焼き付きの原因は何でしょうか?

修理見積りをしてお客様からGO!サインいただきましたので、部品発注しました。STIHL はドイツのチェーンソーメーカーですが、部品供給がめちゃくちゃ早いです。日本国内に在庫があれば国産他社よりも早く入荷します。↑は排気側ピストンです。

シリンダーを外しました。こちらは吸気側ピストンです。

シリンダー内壁です。

新品ピストンを組みつけました。50.2㎤の排気量なのでほぼ原付バイクと同じ排気量です。

ピストントップには排気側に➡があります。専用工具を使ってピストンピン、Cリングをはめ込んでいきます。

ピックアップボディは定期的に交換しないと燃料系統の詰まりによってエンジン焼き付きの原因になります。

全てを組み立てて完成しました。

この機体を焼き付いた原因はおそらくこのソーチェーンの目立て不良の可能性が高いです。

ソーチェーンを横から見るとデプスゲージとカッターの高さの差が0.65㎜ありません。切れないと無意識的に押し付けてしまいエンジンに対して高負荷、高温になり、ガイドバーから煙が出ます。

カッターの刃がギザギザです。

斬れ味が鋭い刃は尖っていてソーチェーンは斬った後でも綺麗なままです。きちんと目立てされたチェーンソーは機体の自重で木を切りながら進んでいきます。

MS261C-MはM-Tronic搭載機種なので診断機MDG1で電気系統の点検をします。

稼働時間4時間14分45秒

エンジンマネジメント

アイドリング回転数設定44やや低いです。

フルフロットル設定55

診断結果は正常でした。

アイドリング設定値が低かったので初期設定のリセットします。

ECUの初期化中です。

校正後、アイドリング設定値57になりました。

 

最後目立てをしで修理完了です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プラウ長岡店の柳です。

長岡市内の建設機械販売修理業者からの修理依頼です。

新ダイワE398D 2台持ち込みいただきました。

1台はチェンオイル漏れ修理

もう1台は点検整備です。「来週月曜日に使いたいのでそれまでに直してほしい」という御用命なので早速故障診断と見積もり開始します。

1台目はクラッチ、チェンテンショナーを外して原因が分かりました。↑

チェンテンショナースクリューのポールがクランクケースを割ってしまったようです!

オイルポンプやオイルホースからのオイル漏れなら安く修理できましたがクランクケース交換すると高額修理になるため、この機体は修理しないことになりました。

 

でもなぜクランクケースが割れたのか?不思議ですが、もしかしたら前回整備した人が間違えてポールの向きを逆に組んだのか、異物が挟まったのを確認せずにそのままスプロケットカバーを締め付けたのかもしれません。

2台目の診断開始します。動作確認するとエンジンかかりますが加速が悪いです。スロットルの反応が悪い感じで排気ガス中に煙が多く出ます。

燃料が濃すぎる感じです。

圧縮圧力点検すると正常です。

圧縮、点火OK、燃料濃過ぎてエンジン不調なので燃料系統の点検します。

燃料フィルターはやはり汚れていました。交換してスパークプラグも交換します。

ここまでで再度動作確認します。症状変わらず。

キャブレターが原因で空燃比が異常になっています。

キャブレターのインレットコントロールレバーの位置が高過ぎです。↑

基準値はキャブレターボディとツライチ(面一)です。

他にもポンプダイヤフラムの膨張、メタリングダイヤフラムが固くなっていました。

部品在庫ありましたのでお客様に連絡して修理を続けます。

 

 

こんな感じにレバーの高さを調整しました。

組立後、エンジン始動、暖機運転してキャブレターを調整しました。

この機体は最高回転数12,000rpmでやや低いです。

修理完了しました。日本製、平成17年式で比較的新しい?12年前の機種ですが、チェンブレーキは付いていません。

STIHL製品は20年前の機種でもチェンブレーキ標準装備しているのでチェンソーはドイツSTIHL社が信頼性、耐久性、操作性が優れていると思います。

STIHL SHOPですが新ダイワも修理可能です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プラウ長岡店の柳です。

長野県のお客様から修理依頼でSTIHL011AVT(前)、STIHL011AV(後)2台送られてきました。011AVTはエンジンかからない、011AVはエンジンかかるけど点検の御用命です。

STIHL011AVTから故障診断します。

燃料を入れてスターターを引いてもやっぱりかかりません。エアークリーナーを外してエンジンに直接燃料を入れてスターターを引くとエンジンかかりました。点火系統は正常です。

次に圧縮圧力点検します。↑圧力は正常です。

1、スパーク OK

2、プレッシャー OK

3、フューエル NG

故障原因は燃料系統の詰まりです。

かなり古いです。年式不明、それでも故障原因が分かったので部品検索、修理見積もりしてお客様に連絡しました。GO!サインいただきましたので、修理スタートします。

圧縮圧力が正常だったので確認のためマフラーを外してシリンダー内壁点検、ピストン点検します。古いチェーンソーでも大事に使われていたようでピストンは綺麗です。

シリンダーの冷却フィンも綺麗です。

スパークプラグはCHANPION CJ6Yが付いていましたが、NGK BPMR6A プラグギャップ0.5MMに調整して取り付けます。

キャブレター分解してみると内部にも木屑が詰まっていました。こんなに詰まっているのは初めてです。木屑がある所は本来燃料の通路です。燃料が詰まっていたのはここですね。

 

メタリングダイヤフラム、ポンプダイヤフラムは硬くなっていましたので交換します。

インレットニードルはまたしてもオレンジラインが出ています。

最近修理したチェーンソーのキャブレター分解清掃で5回連続でインレットニードルが摩耗限界でした。サービスマニュアルにはオレンジラインが出たら交換のサインです。

ピックアップボディ(燃料フィルター)、燃料ホースを交換します。

燃料タンクにホースを通すのがきつくてなかなか難しい作業でした。

STIHL011AVTについていたタンクベントはホースにスポンジを縛り付けただけで機能的に?なので現行機種MS211のタンクベントを流用して修理します。

これで旧型機種でも燃料漏れの心配なしです。

リコイルスターター、キルスイッチ一体型のカバー裏側です。清掃して取り付けます。

フライホイール、オイルタンク、イグニッションコイル周辺を灯油で洗浄してから

マフラー、スロットルレバー、キャブレター、タンクベントを取り付けます。

キャブレター回りです。タンクベントはキャブレター横のスペースにセットしました。

チェンブレーキ内臓スプロケットカバーのカバーを外して清掃しました。

完成しました。エンジン始動、暖機運転してキャブレター調整して修理完了です。

エンジン始動性、吹け上がり良好です。復活しました。

STIHL011AVTは排気量40㎤のピストン横置きエンジン、トップハンドル仕様です。

現行機種MS201TC-Mが近いモデルです。

この当時の機種でもチェンブレーキ標準装備しているのでさすがSTIHLですね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)