厚生労働省は18日、地方自治体の児童福祉担当者を集めた会議で、2010年度から実施する子ども手当の支給時期などの具体的な事務手続きを説明した。

 1回目の支給は、中学生以下の子ども1人に対し6月に4、5月分の計2万6000円を一括で支給する。

 支給は現行の児童手当と同じく、6、10、2月の年3回とする。2回目の支給となる10月は6~9月分の、来年2月は10~1月分の各計5万2000円が、対象となる子どもの父母らの銀行口座に振り込まれる。

 児童手当制度に新制度を上乗せする形式をとるため、既に児童手当を受けているところは新規の届け出は必要ない。新たに受給対象となる子どもを育てている父母は4月以降、各市区町村に名前や振込先などを届け出る必要がある。

 今年9月末までに届け出れば、4月分から支給を受けることが出来るなど、猶予期間も設ける。

タミフル、患者の2割が「飲み残し」(医療介護CBニュース)
「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…(産経新聞)
沼津の漁具など指定を=重要民俗文化財-審議会答申(時事通信)
ロボカップジャパンオープン 5月に大阪で開催(産経新聞)
高校卒業者の進学率 6年連続で過去最高(産経新聞)
AD