美容室(ヘアサロン)の経営・財務・教育をサポートする町さんのブログ

『成長する美容室とそうでない美容室の差は何だろう?』
それは『繋がり力』です!そんな美容室のサポート情報をお伝えします!

サロン様お役立ち情報を大公開!

プレジャーサポートオフィシャルHP

http://www.pl-support.jp/

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

プレジャーサポートお問い合わせはこちら

machi@pl-support.jp

障がいのある方々の経済的自立を支援しています!

ソーシャルズオフィシャルHP

http://social-sweets.jp/

プレジャーサポート町の個人ページもよろしくお願い致しますm(_ _)m
Facebook
https://www.facebook.com/machitakayuki




NEW !
テーマ:
一昨日は大阪での数字を基にしたサロンワーク改善の勉強会

{8BE72B99-DB07-4730-801D-CAEBCE272F9C}

昨日は“失客見込み”について学んでいただきました
『現在保有しているカルテは、このままだとこの程度減少しますよ』という予測の事です

なぜそんな計算がいるのかというと、別に変な不安感を煽って新しい集客ツールを売りつけたいからではなく…

仮に現在保有カルテが250枚(人)の方が、来期目標として280枚(人)にしたいと思ったとします

もしかすると『売上高の目標はあるけれど、カルテ枚数の目標なんてない』というサロンさんは、ぜひ“カルテ目標”という概念を持ってくださいませ

ひとまずは『250枚を280枚にする』という目標を持った場合、単純に30枚の増加で良いのか?という話です

答えから言うと、【NO】です
だって、その250人の方が未来永劫来ていただけるわけではないので

というわけで、『250枚のうち、何枚カルテが減少する見込みなのか?』を見越した上での集客目標にしましょうという話でした


毎回アンケートを拝見すると、何人かの方が『数字は苦手なんですが…』と書いておられますが、その前提の後に

{68271FC7-5585-41B8-A7A0-B1B6C12D078A}

『もっと調べたいと思った』

{33979A8F-09EB-49FB-B6D4-9C9610EC0B1B}


『計算が楽しくなった』
何て言っていただけると、『やってて良かったな』と思えます

美容師の皆さん、数字でわからないことがあれば、いつでもご連絡くださいね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日はNEW TOMORROWの打ち合わせがあり、取締役の島田さん、営業の井本君と面談

先週長野に行ったお土産に、島田さんには信州そば

{055E9CAA-0BE5-4128-B719-ABF60181AA44}


そして井本君には…
【蜂の子】をプレゼント
当然リアクションは苦笑い

{305290A8-9D16-471B-B6E4-452F5B5E7835}


まぁ、喜んでもらえたかと
そこでも打ち合わせたのが、最近特に自分の中で違和感を感じている事。

それは“平均”というリスクについて
例えば店販比率5%のサロンがあったとします

皆さんがそこを担当している担当ディーラーだとして、その店販比率を10%にしたいと思ったら、何を提案しますか?

もちろん営業マンにすれば取引高が2倍になるのだから必死に考えます
考えた結果何をするか?

よく耳にするのが
『新しい商品を入れる』
とか
『年末に向けてキャンペーンを組む』
といったもの

もちろんそれも正解なのですが、その前にすべき事
それは、【分解する】事です

仮にスタイリストが5人で平均5%だとすると、
1人が21%で残りの4人が1%という可能性も0ではありません

そこまで極端な事はないにしても、仮にこのお店が平均10%にしようと思えば、選択肢は大きく分けて二つ

一つは全員を5%引き上げる事
これが多いように思うのですが、先ほどの例だと1人が26%で、残りの方を6%に引き上げるという事になります
(実際は1%の重みはそれぞれ異なりますので、単純計算通りにはいきませんが)

しかし、5人で10%という事は、要するに5人で50%をどの様に割り振るか?という事なので(実際はもっと複雑です)、例えば21%の方を据え置いて、残りの4人で29%を分け合う(1人あたり7%強)でも良いですし、その他にも割りふり方は様々

その割りふりの基準をどうするのか?を考えれば良いのでは?という名案が出来ましたので、またの機会にご提供させていただきます

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕の講習では【内発的動機づけ】という言葉を重視しています

ネットによると
自分の内面から意欲がわきあがること(欲求)。 自己肯定感・自己統制感、自己有能感・知的好奇心、他者からの受容感などに基づく自発的な動機をいう
そうです

簡単に言うと『自分の内なる心から発するやる気』ってとこでしょうか

今まで20年間この仕事をしてきて自分なりに思うことは、“何をするにしても、結局本人のやる気次第”ということ

と言うのも、成功するかしないかなんて“した事の差”ではなく、“し続けた事の差”でしかないように思います

一瞬で手に入れた物は、一瞬で手離れします
だから、手に入れるものは時間をかけて、末長い成長や末長い成功を目指しす事が賢明かと

どんなに素晴らしい方法も、仮に世界初の考え方も、一瞬で手に入れるものはありません
と考えると、先程言ったように“何をするか?”をあれこれ考えるより、“何をし続けるか?”を決めてやりきる事が大切

ただ、仮にそれがわかっていたとしても、なかなか続くものではありません
そこで大切な事が、内発的動機づけなのです

反対の言葉に外発的動機付けがありますが、これをシンプルに言うと“賞罰”です
賞されるか罰せられるか

何れにしても短期的にはこの外発的動機付けが有効と言えます
ただ、繰り返しになりますがこれは長続きしない

逆に内発的動機づけは火が付けば長続きしますが、火がつくには時間がかかります
内発的動機付けは、賞罰以外で火がつきますから、賞賛や承認、そして何より“自分”という価値を見出す事などが考えられます

では具体的に何をすれば良いのか?それは、自分自身でどこを目指すのかを決め、そこに近づいているという実感を持つ事

言葉にすると簡単ですが、具体的に何をするのか?というと、『超長期の目標を持つ事』と考えられます

ただ、何度も言うようにそんなに長期な目標では長続きせず、内発的動機づけがつく前に、“心が折れて”しまいます

ですから、今回のテーマについての参考回答とすれば、『内発的動機づけを持たせるには、外発的動機づけをつなぎ合わせる』という方法が考えられるのではないでしょうか
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。