リオデジャネイロオリンピックの卓球・女子団体3位決定戦が16日行われ、日本はシンガポールに3-1で勝ち、銅メダルを獲得した。この種目でのメダルは2012年ロンドン五輪(銀メダル)に続いて2大会連続。


第1試合のシングルスは福原愛(ANA)がユ・モンユに2-3で敗れた。しかし第2試合は石川佳純(全農)がフェン・ティアンウェイに3-0で勝った。第3試合のダブルスは福原、伊藤美誠(スターツ)組がユ、ジョウ・イーハン組を3-1で下した。第4試合のシングルスは伊藤が金星を挙げ、フェンに3-0で勝った。


女子卓球・伊藤美誠が「先輩二人を手ぶらで帰すわけにはいかない」とテレビカメラの前で言ったときは苦笑いする以外になかったが、その伊藤が金星で、手ぶらで帰させない有言実行としてしまったので何にも言えねぇ。


日本の99.9%は「よくやった」と称賛を上げるに違いない。


だが、ごくわずかの日本と、一部の中国・台湾・華僑の面々は「手ブラで帰る姿がなくなった…」と罰当たりで失礼な落胆をほざきそう。


★★★★★


ほとんど気づかれていないが、福原愛と同じ年、1988年にに産声を上げたのが、「テプラ」である。
ダジャレレベルでしかないが、「テプラで帰ってこい」みたいなCMをやってくるかもしれない。
バカネタでした。

AD