ステキな言葉

テーマ:

私達は生活していくなかで、様々な言葉を使う。






ときに、自分が人を傷つける言葉を言ってしまうこともある。





他人に傷つく言葉を浴びせられることもある。



悔しくて、許せなくて、情けなくいけれど、



何も言い返せない…






でも。



そんな中でも救われる言葉を言ってくれる人もある。



誰かの言葉に救われる




言葉ってすごい


傷つける負の力もあるけれど、救ってくれる正の力も同時に持っている。








信じるのは 大事な人が言ってくれた言葉だと思う




AD

人。出逢い。人生。

テーマ:

自分のハナシを聞いてくれる人。

そしてアドバイスをくれる人。

ひとりでもそういう人に出逢えた自分の人生に感謝をした昨日。


自分の視野はけっして狭くはないと思うけど、

やっぱり違う角度の意見を聞けるっていうのは貴重だ。


かすみ草も大事だけれど、真ん中で輝く薔薇にならなければならないというお話。

(でも、どんな内容かは秘密。)


そんなこんなで、年末にむけてもうちょっと頑張ってみようと思った。





AD

知らない道

テーマ:

-いつも通らない道を通ってみる


-そこには新しい出逢いがひっそりとたたずんでいる



なんて書いてみる.


私は美容院には3ヶ月に一度くらいしかいきません…

ほんとはもっとこまめに行ったほうがいいんだろうけど、

予約の電話をかけるのがメンドクサイのと、

髪が長くても気にならないから.


でも前髪が伸びすぎると、

「前、見えへん~ヽ(`Д´)ノ」

ってことになるので、

だいたいそれくらいの時期が3ヶ月.

二年前くらいから行ってる美容院があるんだけど、

嫌いじゃないけど、なんだか違うトコ行きたいなぁなんて思って、

ホットペッパーで探すこと2週間.(長っ!)

梅田のお店に行くつもりだったのに、たまたま見つけた心斎橋のお店で予約してみる.

本町から御堂筋を歩くと、

銀杏はまだまだ色づいてないけどそれなりに良い雰囲気.

何気なく、一つ裏の道を通ってみることにする.

アメ村とかめったに行くことはないのに、今日に限って通ってみる.

とても良い感じのロートアイアンの家具とシャンデリアのお店を発見アップ

ここ最近yamagiwaやENDOのカタログ見ながらシャンデリアが欲しいと言ってる人間には、

やっぱりシャンデリアがおいてあるお店は覗いてみないと!ってことで入店.

目が大きくてくりくりした綺麗なお姉さんが話してくれるところによると、

なんとおフランスから直輸入.

そして今日はフランスから荷物が届いた日ということで、

陳列前の商品があちらこちらに置いてありました.

そこに背が高くてジーンズとTシャツというフツウの出で立ちながら、

キリっとした雰囲気のある男性が大きなシャンデリアの搬入作業.

「ここは初めて?」

そんな言葉から始まったとても魅力的なお話.

なんでもこのインテリアショップのオーナーは美容師さん.

隣でお店を構えつつ、オーナーはショップの奥でこだわりのお仕事をしてらっしゃるそうな.

カットが9000円.

でも3ヶ月はもつ、海外の300ドル、500ドルのカットにまけない仕事をする、

なんて言われて、他にも色々お話を聞いてると不思議と高いなんて値段のことは気にならなくなってしまいます.

平日しかオープンされてないっていうのは、

毎日10時まで働いてる私にはツライことだけど、

少し時間に余裕が出来たら一度くらい早く帰らせてもらって行きたいなぁって思いました.


その後ホットペッパーで見つけたお店はまぁ安くでカットできたけれど、

それなりの仕上がり.

特にいつもとこれといって感動はない.

だけど、あのオーナーのところに行くと、

もしかしたらもっと納得のできる髪型になるのかもしれない.

美容院に行きたくなかった理由がわかった瞬間.

だけど、ホットペッパーで心斎橋のお店をたまたま見つけて予約しなければ、

通らなかった場所で出逢った人.


あー早く仕事が上がれる日が来るといいなぁー

…これから年末でそんな余裕なんていっさいないだろうけど(泣)

AD

年齢の数え方

テーマ:

今日は家族の誕生日だったのですが.


朝から、食卓での議題は「年齢の数え方」について.


そもそも、現在、わたしたちは生まれた瞬間が0歳で、”X”ヶ月と表現した後、一歳となります.

しかし、一歳を迎えた年は人生の中で確かに「一年」という経過を意味しますが、

じつは、この時点で人生の2年間を過ごしているわけです.

つまり、20歳のお祝いをした人は、実は21年間という時を過ごしているわけですよ!


むかしの人は、いまでいう「数え」という表現で年齢を表しました.

つまり、生まれた瞬間に一歳なのです.



とまぁ、こんなことを朝から家族で語っていると、

まぁ論理としては「数え」のほうが納得できるけど、

だからと言って今更「数え」に変わっても混乱するよなぁ~という結果にまとまりました.


…ところで、日本以外の国では年齢はどーやって数えるんだろう…??

これが最大の疑問です

もぅバレンタインチョコですか…?

テーマ:

なにげなくネットを見ていたら、


厳選パティシェの絶品バレンタインショコラ」という特集を発見。


なにぃ~!?もぅバレンタインの特集がっ!?

って思ってウーマン・エキサイト を覗いてみました。


いまどきバレンタインチョコって予約するんですね…

知らなかった……そんなに予約とかしなくても普段も美味しい商品があるのでは…?

とか思うのですが。

まぁそれは置いておいて。


一粒づつ丁寧に作られたショコラ達~とってもおいしそぅ~(><)!!

…でも、これらのショコラ…悲しいことに一粒の値段が高いんですよねぇ…

いえ、けっして買えない値段っていうわけじゃないんですけど、

おなじ値段を出すならもっと大きいケーキを食べようかと思ってしまってなかなか買えないんです…。


世間一般にみて、たぶん女の人に好きな方が多いチョコレートを男性にプレゼントするバレンタインって、

どうなんでしょう……?

女の人はチョコレートをあげるよりも、むしろ貰って食べるほうが好きだと思うから、

バレンタインは男性が好きなものをあげるイベントにすればいいのになぁ~と思いつつ。


やっぱりチョコレートはおいしそうだわ~

東京にはショコラティエのお店もいっぱいでうらやまし~