渋谷宙希のブログ

音楽、映画、写真、本。趣味のブログです。


テーマ:

 

 

2017.12.28

 

 

行ってきましたMaison book girl4度目のワンマンライブです。

 

 

会場であるZepp divercity TOKYOに入ると、ステージの右上に

 

 

20180623

 

 

という日付と現在の時間が表示されている。

 

 

そして、ステージ上には白い扉が。

 

 

開演時間が刻々と近づいていく様子が視覚的によくわかる。

 

 

2018年6月23日

 

 

この日付には一体どんな意味が?

 

 

リアル脱出ゲーム好きだった自分としてはこういう数字は最終的に大きな謎と解く鍵になっている場合が多いので、キチンと覚えておかねばと思いつつ開演を待つ。

 

 

開演10分くらい前になると、20180623という数字が20180622へ変化。

 

 

このままさかのぼって今日の日付になるのかな?にしては、あと10分で半年分もさかのぼらないといけなけど・・・

 

 

と、思ってたら凄いスピードで数字が変化しだし、一気にその日の日付

 

 

20171228

 

 

へ。

 

 

そして、時間の方も開演時間に迫っている。

 

 

20171228 19:00

 

 

と数字が変化した瞬間ブザーが鳴り、ステージ上にオープニング映像が映し出される。

 

 

映像が終わると、白い扉が開き眩い光の中からメンバーが登場。

 

 

4人のメンバーがステージ上に出そろいいよいよライブスタート。

 

 

1曲目は前回のワンマン

 

 

Solitude HOTEL 3F

 

 

と同じく

 

 

sin morning

 

 

 

からスタート。

 

 

 

 

 

そして

 

 

rooms

 

 

lost AGE

 

end of Summer dream

veranda

bed

 

 

とテンションの上がるセットリストで会場はじょじょに熱を帯びてくる。

 

 

 

 

ここで、軽いMC。

 

 

MCと言ってもメンバーが自己紹介をするわけではなく。サラッと終了。

 

 

次に始まったのは

 

 

cloudy irony

 

 

 

この曲はブクガのメジャーデビュー曲で去年の11月に渋谷のWWWXにて行われたSolitude HOTEL 2Fを少し思い出してぐっときた。

 

 

 

 

次に始まったのは

 

 

faithlessness

 

 

大好きな曲です。

 

 

盛り上がってきたー!

 

 

 

 

ってところで、ダンスをやめるメンバー。

 

 

曲はまだ続いている。

 

 

ステージ上のメンバーの時間だけが止まったように動かなくなる。

 

 

そして、曲がまだ続いている中1人づつ白い扉の中へ入っていく。

 

 

この時、井上唯さんはステージ上に置いてあった白い箱を手にもって扉の中へ。

 

 

あの白い箱は一体・・・・

 

 

 

 

ここで表示されていた時計の数字がグングン進んで

 

 

20180112

 

 

へ!

 

 

この会場内だけもう年が明けちゃった。

 

 

この日付の意味は?

 

 

と思うと

 

 

14days

 

 

が始まる。

 

 

14日前

 

 

13日前

 

 

12日前

 

 

・・・・・

 

 

とカウントされるたびに、日付が1日1日今日に近づいてくる。

 

 

そして、今日

 

 

20181228 18:59

 

 

へ戻ってきた。

 

 

ん?戻ってきたのか?戻り過ぎでは??

 

 

時計は再び開演時間である

 

 

20181228 19:00

 

 

へ。

 

 

するとブザーが鳴り、オープニング映像が始まる。

 

 

映像が終わると、白い扉が開き眩い光の中からメンバーが登場。

 

 

4人のメンバーがステージ上に出そろい再びライブスタート。

 

 

2度目の

 

 

sin morning

 

 

 

を披露。

 

 

続いて

 

 

rooms

 

 

が始まり。

 

 

これは、どこまで繰り返されるのだろうか!?

 

 

そう思った矢先。

 

 

rooms最初の無音部分でメンバー全員が後ろを向くと、そこには巨大なメンバーが!!

 

 

 

 

写真だと、映し出されているのが静止画のように見えるけれど、実際が動画。

 

 

でも、動かない。

 

 

いや、少し揺らめいたり、瞬きをしている。

 

 

しばらく、巨大な自分たちと向き合っていた。

 

 

ここでも井上唯さんは白い箱を抱えている。

 

 

ざわつく会場。

 

 

どう反応していいかわからないというのが正直なところだろう。

 

 

ここで、最新曲の

 

 

言選り

 

 

がスタートし、ライブが再開した。

 

 

バックに映し出されている巨大なメンバーたちは相変わらず微動だにしないが、やはり静止画ではなく動画。瞬きはしている。

 

 

言選りのラストにある鍵が落ちた音に反応したメンバーは、舞台中央にある鍵を1人づつ拾って再び白い扉の中へ。

 

 

 

 

 

誰もいなくなったステージ。次に映し出されたのはメンバーの瞳。

 

 

 

 

再びステージに登場したメンバーはポエトリーリーディング

 

 

雨の向こう側

 

 

を淡々と読み上げる。

 

 

 

 

朗読が終わると、ノイズが鳴り響き、時計は数字を失う。

 

 

轟音で鳴り響くノイズと取り乱しとようなメンバー。

 

 

 

 

ノイズが収まると、時計は

 

 

20171228 19:20

 

 

を表示。

 

 

townscape

 

 

が始まり再びライブが始まった。

 

 

レザーで派手に演出されたステージがスタイリッシュで本当にかっこいい。

 

 

さらに

 

 

bluelight

十六歳

 

 

ときて

 

 

karma

 

 

再び熱を帯びてきた会場だったが、ここで時計の時間がグングンさかのぼっていく。

 

 

20170509

 

 

この日は確か・・・・

 

 

と思っていると、

 

 

インスト曲

 

 

ending

 

 

が始まり、前回のSolitude HOTEL 3Fのオープニング映像始まった。

 

 

ここは、赤坂なのだろうか?

 

 

そして、今は一体何年の何日の何時?

 

 

オープニング映像が終わると、またもやノイズが会場に響き渡る。

 

 

足音のようにも聞こえるそのノイズと共に時計は更に時をさかのぼる。

 

 

示されたのは

 

 

20141124

 

 

この日はブクガのお披露目ライブがあった日。

 

 

自分は実際には見てはいないけれど、この日デビューライブが行われたことは何となく察しがついた。

 

 

そして、再びステージ現れたメンバーが着用していた衣装は、

 

 

(この画像↑はPC用壁紙として作ったものです、保存して使ってね)

 

 

こちら。

 

 

活動初期に着ていた衣装で登場。

 

 

実はこの日、自分も井上唯さんが来ているシャツ着て行ってたから凄くテンション上がった。

 

 

靴もマーチンだったし!

 

 

ポニーテールの井上唯さんが可愛い、可愛過ぎる!

 

 

懐かしい衣装で登場したメンバーはそのまま

 

 

bath room

 

 

を披露。

 

 

 

 

これは泣けますね。

 

 

実際にはこの時代のブクガは知らない自分としても、タイムスリップしてこの時のライブを見ることができたんだぁ、って感覚になりました。

 

 

そして、

 

 

last scene

 

 

を終えるとコショージメグミさんが

 

 

「これがMaison book girlです!」

 

 

と言って、ライブは終了。

 

 

4人が礼をして、ステージを去ると再びオープニング映像が流れ、時計の時間は本当の現在

 

 

20171228 20:46

 

 

を示す。

 

 

舞台上のスクリーンには客席が映し出され、公演終了のアナウンスが流れる。

 

 

しかし、ここまでブクガの特異な世界に巻き込まれてしまった観客は

 

 

これも演出の1つだろう

 

 

と思い、アンコールを続ける。

 

 

すると、再び公演終了のアナウンスが流れ

 

 

これは本当に終わりかも?

 

 

ってなるが、しつこくアンコールを続ける。

 

 

三度、公演終了のアナウンスが流れ

 

 

ホンマに終わりや!!

 

 

ってなって、会場を後にしました。

 

 

これが、Maison book girlです。

 

 

Maison book girlというグループは、天才プロデューサーであるサクライケンタ氏と、個性豊かなメンバーが作り上げる現代アートです。

 

 

最新EPである

 

 

cotoeri

 

 

のテーマにもなっている

 

 

いままで と これから おかえり

 

 

をこんな風にライブで表現できるなんて、やっぱりサクライケンタという人が只者ではありません。

 

 

1つの公演が完全に1つの作品になっていて、他にはない唯一無二の世界観を作り出していました。

 

 

個人的には、今回の演出は

 

 

「ツインピークス the retern」に対するサクライさんの解答

 

 

なんだろうと思っています。

 

 

演出の至る処にデヴィッド・リンチ的なテイストを感じました。

 

 

物語が途中で反転する感じは

 

 

「マルホランド・ドライブ」

 

 

っぽいと思ったし、白い箱や鍵の説明を一切しないのもやはり「マルホランド・ドライブ」っぽいです。

 

 

映画見た人ならわかりますが、この作品の中にも謎の箱と鍵が登場しますよね。

 

 

今回のライブを見て、どう感じるかというのは本当に千差万別で、見た人それぞれに物語を描いていけるようなものになっていたと思います。

 

 

それが、Maison book girlなんですよね。

 

 

本当にアートだし、唯一無二だと思いました。

 

 

意味がわかるとか、わからないとかそういう次元じゃない。

 

 

何を感じるのか?見てどんな感情になったのか?

 

 

見た人間は、美しいとか、楽しいとか、怖いとか、気持ち悪いとか、何かしら感情を動かされたはずです。

 

 

人はそれを感動といいます。

 

 

こんなに感動するライブは他にないんじゃないでしょうか?

 

 

少なくとも自分は知りません。

 

 

ブクガの凄いところが、アイドルというフォーマットをとっていながら、気持ち悪いとか不安な部分を可愛いとか、美しい部分と変わりなく出していってるところだと思います。

 

 

しかも、その人間にとってあまり良くないと思われる感情も作ったものではなく、本来誰もが持ってるものって感じがして、心が惹かれるんだと思います。

 

 

開演前に表示されていた

 

 

20180623

 

 

という日付は

 

 

Solitude HOTEL 5F

 

 

の開催日だったようです。

 

 

いままで と これから

 

 

ですね。

 

 

 

 

{80535A6B-F8E3-4594-A66A-B7A076634F9F}


Maison book girlのデザインを集めたページは
(スマホ用壁紙、PC用壁紙など)
↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 


こちら↓(画像をクリックで移動します)のサイトで、写真、イラスト、DJなどの作品を公開しております☆よかったら遊びに来てくださ♪

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。