ままごと生活

ネガティブな日々の雑感と、ままごとのようなハンドメイドやライフワークと。


テーマ:

姉が“マダムジョーカー”という漫画を読んでいて
ここ面白いよね、と言ったのが、


「主婦の会話にアドバイスや意見はいらない、
ただの自慢だから。」という風な場面。


へぇ?そうなんだ?面白いね!

という姉に私の心はぐさっ!

そう、私の会話は、
まさに人の話に同調するだけの会話法です。


そんな会話の仕方をするようになったのには
二十代後半くらいから。


それまではどちらかというと
「人の話に否定的に答える」方でした。


特に、人が話す愚痴、悩みに対して。


それは今考えると「うわさ話」や「悪口」ではなく、
本当に理不尽なことに遭遇した場合に
「こんなことがあったの!」と
その面白く無さや腹立たしさを
発散させてるだけのことが多かったのですが、


私はまぁ「偽善者」で。


私の目の前にいる
私に話しかけている人、ではなくて、
「その場にいない人」を
「褒める、かばう、立てる」癖がありました。


「聞いてよ、こんなことがあったのよ!」に対し

私の返事は

「でもさ、それはさ、きっと相手の人は
悪気は無かったんだよ。
相手の人の身になってみればさ・・・」

という感じ。


かなり長い間そういう風な話し方でした。


でもある時、人から、

「こちらはこういうことがあったっていう事実や
こう感じたという気持ちを言ってるんだから、
少しは同調したり受け止めてほしい。」
と言われ、


あ、そうかと気づきました。


私の会話法で
気持ちが良いのは私だけだった。


あぁこの話し方、
私は母に対してもしていた。


母は、ちょっとした愚痴や理不尽な出来事を
受け止め貰えず、
それどころか
愚痴を口にするのを封じるような私の言い方に
どれだけ傷ついてきただろうか・・・。


それからは意識して
人を否定するような言い方をしないようにしてきたつもりだけど、
極端に走りすぎたらしい。


今度は同調ばかりで
話を発展させられない。


私自身の話しがただの独り言と変わりなく
何のオチも内容もないものだから、
「へー、そうなんだ」で終わらせられても構わないようなことが多く、
返ってアドバイスやご意見を頂くと
え、そんなに本気で悩んでいたわけでは・・・と困ってしまうことがよくある。


今の私の会話の基本は、
「当たり障りなく」。
できれば
会話がないと気まずい隙間時間ぴったりで終わる会話。


こんな実も心もない気持ちは、
人から見透かされてしまって当然ですね・・・。


姉は私とは全く逆。


姉はアドバイスの塊。


それはそれで傍から見ていると
ちょっと心配です。


相手の年齢やキャリアとか全然考慮してないように見える。

例えば料理や家事の話。


相手は年上で何十年も主婦している人に、
「私はこうしているああしている」とか
「あれいいよ、これいいよ、こうしてみたら
ああしてみたら?」とか
余計なお世話じゃないかと思う。


もし相手の方から
「どうしようかな」なんて言ったとしても
本気じゃない、ただの話の流れかもしれないから、
「そうねー、でもあなたに分からないのに
私にわかるわけないよー。」くらいに
一度は軽く流したほうが良いんじゃないかな・・・。


年下や素人からアドバイス貰って
嬉しいわけがない。


私には二人姉がいるけど、
どちらも「いい人」すぎる、というか
人の心の襞をあまり考えていない気がする・・・が、


姉たちからみたら
私は「考えすぎ」らしい。


まぁ「引き寄せの法則」ってヤツで
姉の周りには

相手が誰であろうと
有用な意見は大歓迎、な人が
いっぱいいるのかもしれない。


自分の意見が言えるというのは大事なこと、
また大人として当たり前のことだろうし、
その意見をもとに会話を発展させられるという
いいことばかり、なのかもしれない。


書いているうちに
私は人の心の襞を気にしているのではなく
ただ単に
私の卑屈な目に
私の卑屈な心を映してしまっているだけだという気がしてきました。


謙虚と卑屈は別物だね・・・。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今、庭に咲いてる花は無し。


まぁ、いいか、


お父さん、誕生日おめでとう。

缶ビールをプシュッ!

 (正確には発泡酒)

仏壇に供えます。


あー、誕生日おめでとうなんて

生きてるときに

言ったことあったかな(・・;)


昨日、池の鯉に

 (父が飼っていたもので今では

 どうしたものやら私の悩みの種)

餌をやっていたら

トンボが一匹、傍に止まって

じっとしてました。


何、その意味ありげな止まり方。

私の手元でじっとこっちを見てる(ように見える)


う~ん、

シチュエーション的には

トンボ=お父さん だけど・・・。


えーっと、

お父さん(トンボさん)?


欲しいものとか

して欲しいこととか

何か伝えたいことありますか?


あー、でもごめんね、

私、零感だから

もしお父さんが何か言っていても

私には分からない\(^_^)/



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

節酒しようと思いました。


どうすれば節酒できる?


飲み始める時間を遅くする、とか、
お酒の合間合間にアルコールじゃない飲み物を飲む、とか。


でもこの方法は効果は無かったです。


飲む時間遅らせても
酔いを感じるまで寝ないで飲むし、
お酒の合間合間にアルコール以外のものを飲むと、
口の中が洗われて
より新鮮な感覚で次のお酒を飲むだけでした。


う~ん、問題は「酔い」かな・・・?

欲しいのは「酔った感」かもしれません。


「酔った」「もう十分」と感じればそこでストップできるので、

空きっ腹で飲んで
早めに酔っぱらうか、

お酒を美味しく感じる「空腹時間」をなくすため
お腹いっぱい食べるかの方が効果が高い気がします。


[今日の姉話]
って別にシリーズじゃないですど、
家族構成的に姉の観察が増えますです。


お酒・・・同居姉の一番重大なことは「節約」です。


姉はお酒大好き。


その姉のお酒の飲み方は・・・


 ・お金がない時は「空きっ腹で飲む」

   ・・・早く酔いが回る。


 ・複数で外食で誰かが運転手の時は
  「中華や台湾ラーメン系」の店だと
   飲まない人も金額少なくいっぱい食べれる。
    ・・・居酒屋や飲み放題だと飲まない人の負担が大きい


 ・家で飲む缶の発泡酒や酎ハイは値段とアルコール度数で選ぶ


 ・お高めの日本酒はたまのお刺身や海鮮料理のときにのみ
 
・・・です。



で、

「つまみがなくても飲める」のは
私はビール、姉は日本酒 です。


逆に

「つまみがないと飲めない」のは
私は日本酒、姉はビールです。


私はビール大好きですが、
外食の時「生ビール」である必要はありません。
値段によりますが、
瓶ビールで構いません。


姉は「生ビール」が良いと申します。
理由は、「缶や瓶は家で飲めるでしょ?」です。


ま、ここ数年家で飲んでるのは発泡酒ですけどね。



・・・お姉ちゃん

お姉ちゃんは
私が飲むのが主に発泡酒だから
「発泡酒のアルコール度で体壊すわけないでしょ?」な意見で
私が飲むのを止めないけど

私、ちょっと自分が怖いです。


私、依存症だと思う・・・。
なぜ姉は私の依存症を咎めないの、と逆恨み。



・・・私、私はお母さんに何かしてあげられた?
ねぇ?

ハイ、
私のことは私がどうにかしなくてはいけないです。

どうすれば節酒に繋がるか、
私の弱い頭と心ではなかなか解決しません(ノ_・。)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

梅雨の次は夏。


夏といえば
私の頭の中には
「初盆」のことしかない。

回避したい回避したい回避したい…。


姉二人は
「法事はしたいとかしたくないとかじゃないのよ」という。


姉その1は、
「法事はもちろんやらなきゃダメよ。でも私はお経の時は来るけど会食は無理。仕事があるから」と
自営業の義兄ともども欠席。
車で20分の距離に住んでるんだけどね。


あ、それ有りなんだ?
他の親族は仕事休んで来るんですけど?


私がいろんなこと回避できずにいるのは
私が「暇」だから?


私も用事があれば
あれもこれもしなくていいのかしら・・・?


なんて回避できない恨みで
優しい姉さえ逆恨みしてしまいます。


普段、無理させてまで
こちらの家のことやってもらってるんですけど。


怖いですね、
優しい人、気を付けたほうがいいです。
下劣な人間は
優しい人をターゲットにします、
当てにします。

望んだだけの
「楽」が得られないと
逆恨みします。

━─━─━─━─━─


僅か3年ほど前に
母の初盆があり、
親族からは「提灯代」を貰って新しいのを買っています。


「提灯」なんてそんなに新調するものじゃありませんよね・・・?

今年もし「提灯代」の話があったら
辞退するつもりです。


いいですよね・・・?
それともこれ常識知らずかしら?失礼なことでしょうか??


━─━─━─━─━─

話はちょっと逸れて、

お盆といえば
霊魂の里帰り。


私は不思議話大好きですけど、
亡くなった人の「霊」「魂」は実在するか、が気になってます。


いてほしい。
母も父も無だなんて寂しい。


いろんな不思議話、幽霊談を読むけど、

その話の中の中に出てくる霊は、
もしかしたら、

亡くなった人の霊、
もしくは誰かの生霊、ではなくて


「見た」人が持っている
予知能力とか、
残像を見る能力とかかも?と思えるものもある。


予知能力があるなら
過去見ってのもあるかもしれないですしね。


亡くなった人の
生前の気持ちや思い、だけが
浮遊しているのかもしれません。


「霊」には生前と同じ「個」や「意識」があるの?
こちらの生きている世界に何か影響を受けることがあるのか?


漫画なんかでよく見る
霊能者による除霊は
もしかしたら
黒板に書かれた文字を消すようなものかも?
と思ったりもします。


文字を書いた本人にはもう過去のこと、というか・・・。
消されても消されなくても
その本人には何の影響もないこと、
もしくは本人はもう存在しない。


生霊も
飛ばした本人にも自覚がないものなんですよね?
本やネットで体験談を読む限り。


霊イコールその人とは限りませんね・・・。

私は全然霊感ないので
これ全部私の勝手な推測、思い込みです。


誰か私に
「魂」はあるんだと、
両親やご先祖様、ちゃんと今も存在しているんだと
(生きている人間の中にとかじゃなくて)
信じさせてくれないかなぁ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「ペットの声が聞こえたら」という本の中に
亡くなったペットを思って悲しむ飼い主に
その亡くなったペットが、


「“ありがとう”十回!!

 ぼくを思う時は
“ごめんなさい”じゃなく
“ありがとう”って言って」

というセリフがありました。


ま、ありがちな話しですわな。


でも、今日はそれを真似してみようと思います。


お母さんに言う「ありがとう」探してみます。


お母さん、


「育ててくれてありがとう」


「私が拾ってきた子犬、捨ててきなさい!って
言ったお母さんが結局一番世話してくれたね、
ありがとう。」


「いろんなところに連れて行ってくれてありがとう」


「優しくしてくれてありがとう」


「ご飯やお弁当作ってくれてありがとう」


「宿題の作文や工作を一緒に考えてくれてありがとう」


「お母さんがお布団に横になって
サスペンス見てるとき、
そのお布団に潜り込ませてくれてありがとう」


「お母さんのいろんな思い出話
聞かせてくれてありがとう」


「庭にいろんな植物を植えてくれてありがとう」


「お仏壇にご飯やお花を供える習慣を見せてくれてありがとう」


「いろんな人との付き合いを大事にしてたお母さん、
 その恩恵を私たちは受けてます。ありがとう」


「怒ってくれてありがとう」


「我儘だったり世間知らずだったり、
生意気だったり馬鹿だったり

甘ったれだったりした私に
我慢してくれてありがとう」


「お母さん大好きな私でいられるのが嬉しい。

ありがとう。」


お母さんの手にかかれば
植物も動物も皆
生き生きとしてたよ。


お母さんと一緒の時の

安心感を私は忘れないよ。


お母さん、
ありがとう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。