ままごと生活

ネガティブな日々の雑感と、ままごとのようなハンドメイドやライフワークと。


テーマ:

私は40歳越え・独身女性です。


30歳代くらいまでは
結婚しないの?ってよく聞かれました。


選んでるんでしょ?とか
高望みなんじゃない?とか
お見合いしてみない?とか


子孫を残すのが生命をもったものの義務だとか
一度でいいから結婚を経験して苦労をしたほうがいいよとかも言われました。


それで相手を失礼だとか
傷ついたとかは全然ありません。


傷付くほどのレベルでさえない私ショック!


私の心の中は


「結婚!!!!
 なんて恐ろしい~!!!

 結婚って、
 他人と家族になったり、
 結婚相手の親、親類、友人たちと縁ができて
 冠婚葬祭が今の倍になったりすることだよね!?


 結婚式挙げるためだけでもどれだけの社会性が必要とされる?
 呆れられたり、怒らせたり、嗤われたり、
 迷惑かけたり、蔑まされたり、怪訝な目で見られたりが今の何十倍にもなるってことだよね?
 何の役にも立たない私を相手に背負わせて、負担をかけたりすることだよね?
 

 多分、私は、結婚が決まったそのときから
 毎日、別れたい、別れたい、一人になりたいとそればっかり考えて生きることになる。
 そのうち本当に離婚して、神経消耗するに決まってる~!」

・・・なので。

こんなこと人には言えません。


なので若いときはいつも試行錯誤していました。

結婚についての話題になったら、
どう答えたら相手に
生意気だとか、世間知らずだとか、負け惜しみだとかいう印象を与えないで済むだろう?と。


「縁がなくて」は「じゃあ、お見合いしない?いい人がいるの。」になる。
「必要なくて」は高飛車過ぎる。
「仕事一筋!」という仕事なんて無い。


しばらくは
「私の周りの同年代の人で独身の人わりと多くて、私もなかなか焦る気持ちになれなくて~。それに家にいるといろいろと気軽で楽だし。」と言っていました。
もちろん、呆れられます。
そのうち“あぁこの子はだめだな、社会ってものを分かってない”って感じでもうお見合いの話はなくなります。
 (お母さん、ごめん!母親が甘やかしてんじゃない?ってきっと思われていたね…。)


でも、お見合いの話ももうめったに来なくなった今思うのは、
人に言えるちゃんとした理由がないのだから、
どんな言い訳したとしても、
それで人からどう思われてもしょうがないこととそれを受け止めれば良かっただけということ。


考えるべきところを間違ってる…んだよなぁ。

はぁっ・・・(x_x;)

PR
いいね!した人

テーマ:

働かなきゃ→働きたい
しっかりしなきゃ→しっかりしたい


「・・・しなきゃ」を
「・・・したい」に変えるだけで
何か違うような気がする。


“しなきゃ”には自主性がない、かな。

でもねぇ~
やっぱり自分はなかなか変えられない。

根っからのなまけものなんだよね。

━─━─━─━─━─

今日は、“燃えるゴミ置き場の鍵当番”をしてきました。
この当番は苦じゃない。
だって夜明け前に一人でやればいいもん。


朝早く起きて外に出て、ゴミ置き場の鍵をあけるだけ。


夜明け前後の外の空気は大好き。

白んでくる山の稜線を見るのは
とても気持ちがいい。


それにこの当番は
母を思い出すことができる。


最初は、この当番は多分母がしていた。

ある時、母から「ひざが痛むからついてきて。」と言われて一緒に行った。 (それまで、鍵当番のことなんて考えたことも無かった…。)
その次のときは、
一緒に家は出たけれど、母は途中までしか来れなかった。
その次のときは、母は起きてきたけど、玄関の外までしか出なかった。
その次のときは、母は目を覚まして私に声をかけたけれど、ベッドからは出れなかった。


この間、たった数年だけど
私にとっては、
私とお母さんだけの共有の時間、という感じで忘れがたい。

冬に回ってくる時期だったので、家の中も外も暗くてそれがいっそう特別感を感じさせた。


・・・まぁ、
仕事自体はめちゃくちゃ簡単なのに、
母が「忘れちゃだめよ~、」と体がきついのにわざわざ起きてくるのは
私に信用がなかったから、とも思えるけどむっ


朝の鍵あけは楽で好きなんだけど、
収集車が来たあとに、掃除・鍵閉め、次の当番の人に鍵を届けるのがちょっとしんどい。
けど、とりあえず、今回も終えることができて良かった。


次が回ってくるのは、一年弱後くらい。
そのとき私はどうしてるかな…。



━─━─━─━─━─

多分、私は本当の危機感を持っていない。

私はもっと焦ったほうがいい。

どうするの?この先!

PR
いいね!した人

テーマ:

自分の意見は口に出して
「察してちゃん」的な不満を溜めない。


そう決心してはみたものの、
なかなかうまくいかない。


「これって私は思いやりがない?」
「これって私がいい加減?」
「これって私の無知?」
「これって私図々しい?」


そういう考えが頭に浮かんで口をつぐんでしまう。
でも顔色には出てしまう。

多分、眉をしかめてる。


たまに口にすると
やっぱり私が悪かったのだ、と後から悔やむことが多い。


自分を卑下して
相手を完璧な人間だと思うから
うまくいかなくなるんだよ、と自分に言い聞かせてみる。


私にはできない→出来る人がやってください、と逃げ回っている身だから、
出来るはずのあなたがもたもたと何やってるの?なんて、言っちゃだめだよね~、と思っている私。
責任や負担を分担する気がないんだよ、私は。


偉そうなこと言って、
「じゃあ、あなたがやれば?」と言われはしないかと本気でびくびくしている。

「傲慢」に続いて見えてきた私の正体は「卑怯」。



私はスピリチュアル的な能力はゼロだけど、
もし見える人が見れば、私はどんよりしてるんだろうか?


この間、神社の人に顔をしかめられて目を背けられましたよ・・・。


心根がどうだというより、そもそも外見から変なんだけどね。
服、髪、靴、持ち物のバランスが取れないし、
なんとなく挙動不審だし。


人は、

負のオーラを放ってるものには近づかないもの。


・・・そうだよ、
私は人付き合いを回避する必要なんて無い。
そんなことしなくてもちゃんと周りが私を避けてくれる。


って、はぁ~。
いい加減、後ろ向きなこと考えるの止めようよ・・・。
欠点は裏返せば長所。


うんうん。


・・・うんうん・・・・


・・・何も言葉が浮かばない・・・・・ガーン

PR
いいね!した人

テーマ:

「察してちゃん」という言葉を最近知った。


私、かなりこれだと思うガーン

意志薄弱で小心者。
周りが気を使ってくれるのを待ってる。
それと共通の認識を人に求めてる。


人と一緒にいると、何か面白くないことがあっても相手に素直にそれを言えず
「いいよ、いいよ~」と流すけど、
内心「え、それってどうよ??」と不満がくすぶっている。


でも「いいよ。」と言ったからには、
そのことについて私も、同意・同罪なはずだけど、
小さな私の器に「人」が入るはずも無く。


相手が、
私の意見、私の能力、私の嗜好、私の気分などを
察してくれないことが、私の“不満”だったんだなぁ。


私の不満を察してくれないことが不満。
それって、極端な言い方をすると「私に従わないことに不満」ということかも。


小心者どころじゃないね叫び


多分私はコミュニケーションが苦手、ではなくて、
コミュニケーション・人付き合いの基本を知らないんだよ。

普通は成長の過程で身に付けるものなんだろうね…。


私の心の中は、
罪悪感と同じくらい、
周囲への不満がある。


「不満の解消」
それが回避を改善できる方法のひとつかもしれないと思いました。


いいね!した人

テーマ:

自覚している私の欠点は数多くあるけど、
他の人から見た私の欠点は
私が思っているのと違うんだろうなと思う。


人から私の欠点を指摘してもらったら
きっと、自分が気付いていないところ、
欠点だとは思っていなかったところ、
「え!そこ??」って感じじゃないだろうか。


私という人間の
鏡になってくれる人がいない。


人と話さないと
どんどん話せなくなっていく。


回避や引きこもりを承知で
話す練習をしてくれるところはないだろうか。


私の苦手なところ、
そうだなぁ、
特に苦手でそれゆえに不便なところ・・・


「身だしなみを整える」
「電話」


をアドバイスしてくれたり練習できたら
少しは楽になれる。


突然だけど、
私、髪はセルフカットです。


セルフカットはすごく楽で、出来栄えにも不満はない(後ろは姉が切ってくれる)ので
「好きでセルフカットしている」とも言えるんですが、
「美容院が怖い私」がそれを言ってもね。


電話予約が怖い、
人前で鏡を見たり自分の希望を伝えたり、
会話をしたりがあまりに苦痛で
もう美容院へは行けなくなりました。
…だって明らかに他のお客さんと比べて浮いてるもん。


それ(変な人)を承知で、
ネット予約可で、他のお客さんと重ならないようにしてくれる美容院ってないでしょうかね。
引きこもりさん専用日とか。


これって、「私を甘やかして!」と言ってるのと同じかな。
でももう、自力でこの状態を脱出するのは難しいような気がしています。

いいね!した人

[PR]気になるキーワード