傲慢と化す

この数日「傲慢」な自分と過ごしている。
ここひと月ほど今までにはない「イライラ」するという言葉で表現してきたこの感覚、人に伝えていていろんなご意見をもらってきたけれど、どうやら怒りとか苦しみとか焦りとかではないなーーーと思ってながめ見ていたところ、昨晩なんだかふと、わかった気がした。

身籠ったな・・・
しかも今は、まだ着床していない受精卵状態。

…ってもちろんそういうスキャンダルな話ではありません(笑)ムリ

ガーデンですよぉ。

私の中で「みごもった」確証が芽生えたのです。母親のカン。
でも、まだ着床してない。
イライラするわー

母親のわたしは時期を狙うことはできず、既にそういう事実があると知り、「生まれる」ことをただひたすら信じる役割。わたしが信じなくてどうする。

そりゃ現実の赤ちゃんでも、例えば生まれても父親がいないとか、養育するお金がないとか、そういう気持ちを母親は抱えてしまうかもしれない。受精卵は母体が1000%の想いで認め受け止めなければ消えてしまう、そんなことがわかった昨晩。

この秋うまれるのた☆

母は傲慢と化す♡

{9A5A62D4-166B-4213-B751-37CA308A3AAA}


AD

今から7年前、夕ごはんを作っていて不意に思いついたカフェコスモス。業界の経験も、経営の知識も、人脈も、自己資金もなぁーにもなく、あるのはこの「想い」だけ。なのに「素敵なことを思いついた!」それだけで幸せだった。と同時に目の前の壁を感じてとても怖くもあった。


やがて「想い」を堂々と語ることを自分に許可した自分が好きになった。壁を作っているのは自分の気持ち。そこに許可を与えることで、その壁は障害じゃなくなる。
当時はとにかく24時間カフェコスモスのことばかり考えるワクワクした日々。振り返れば、できない理由は山ほどあったが、できた理由があるとしたらと「想い」が私をワクワクさせ続けたこと、、かな。

 

オープンして5年続いている今、また私は新たなカフェコスモスガーデンという「想い」を持って生きている。相変わらずの私がいつもいる。
「《構想》カフェコスモスガーデン」

 

誰もが自分の「想い」に許可をして、好きなことを好きと伝え、怖い時には怖いと伝え、自分に素直に表現する。そして聴き手となる時は相手から感じた純度のまま受け止める。それが、やさしさの解放。
そんな気持ちに自然になれる空気のある場所がカフェコスモスです。
自分をクリアにみつめるそんな時間と空間となかまたち。



ただいま初夏の入会キャンペーンを開催中です。(6月末まで)
詳細はこちらまで

見学のご希望はこちらからお申込みいください。

 

IMG_8253.JPG

AD

カフェコスモスを思いついたのは2009年。
事務のパートをしながら、コーチングスクールに通っているころだった。

 

ただただ思いついてしまったイメージをいろんな人に伝えて回ったな。話ベタの私がよくやったもんだと振り返る。
当時は、今でいうコワーキングスペースという概念もない時代で、
自習室でも会議室でもカフェでもない
自由に集まりみんなが居心地の良い場所
それがカフェコスモス
そんな場所はどうやらこの世にないらしい⁈

 

1年近く語り続けていて、ふと、頭の中にあるカフェコスモスを文字で表現してみた。
それがこちら。
「伝えたいカフェコスモス」

 

まだ影もカタチもないのに、これを掲げてブログを始めると「え?オープンしたの?」って間違える人もいた。

あれから6年。
想いが現実となって出現し、多くの会員に支えられる今があります。

 

現状がどうであれ。想いを叶えることは不可能ではない。それを体現するカフェコスモス。

あなたの未来が自由に作れるとしたら、どんな幸せを描きますか?

 

 

ただいま初夏の入会キャンペーンを開催中です。(6月末まで)
詳細はこちらまで

見学のご希望はこちらからお申込みください。

 

IMG_7848.JPG

 

 

AD