手放しで愛を受け取る

テーマ:
手放しで、良いものだけを受け取る方法。

それは、
「嬉しい、楽しい、心地よい。」と、毎日本気でそう思える様に過ごす事です。
その先には、「全てのものに、ありがとう!」しか無いのです。

こうなってしまえば、毎日がバラダイス~~~☆


まー、こうなるまでには 色々あるさーねぇ。


苦しい、辛い、心地悪い を味わい尽くしてみることも良いのかも。

でも、そこで止まっちゃってる人の心は、
「どいつもこいつも、コンチクショー!」かな?(笑)

私も、かつて経験したので!!
氣詰まりしてしまう人の気持ち わかっちゃいます!!

でも、そろそろ別の扉を開かないとね。

みんなの為に頑張ってる!ってつもりの人が、
いつも人や自分に対して否定的になってしまうのは
なんかどこかで、大きな目標を見失っていて
自分自身の執着に翻弄されているケースが多い。

視野が近視的で、心もカチコンとなっているので
なかなか人の言う事も耳に入らない。
そのくせ、聞いてるふりをする!!
わかった様な顔をして、
本質に触れるのをどこかで避けている。

人のせいにしてしまう人は
怒りをぶつける的が欲しいだけで、
まったく本質に触れようとしない。
それどころか、負の感情が増幅されて
また違う負のカルマを作ってしまう。

自己否定、自己憐憫の想いを募らせている人は
本当は誰かに何とかしてもらいたいという潜在意識があり
実のところ誰かに「あなたのせいじゃない、あなたはよくやっている。」とか、
自分に対する評価を確認したい。
その人の氣は周りにも伝わるので、周りに居る人たちもちょっと居心地悪くなる。

両者とも、新しい世界に行く事を自らで閉ざしている姿勢。
そして、最終的にこんなことを思う。

「誰も私の気持ちをわかってくれない。」

さて、その状況を引き寄せたのは、誰?!

これを潔く「この現実が全て自分である。」と認められた時

初めて次の扉が開かれます。

嬉しい、楽しい、心地よい の世界に行きたければ、
自分を良く見せようと「我慢」はしない事です。
他者ではなく、まず自分と向き合う事です。

感謝なんて無理やりするもんではないわけで、
苦しい、辛い、居心地悪いって感じてるのに
上っ面で「それでも、感謝!」なんて言って
作り笑顔で振る舞っている人がいたら、
「本心か?!」 って宇宙から「現象」という形で
ツッコミが入ります(笑)
そして、とことん味わい尽くす迄、この現象は続きます!

嬉しい、楽しい、心地よい の結果が「ありがとう!」

負の感情が自分のどの変から湧き起こっているのかを知るには
冷静になり、自分を達観すること。

湧き上がって来る負の感情を身ぐるみまるごと解放する「みくさのみたから」は
冷静になる為にはもってこいの術です。

歌や踊り は 生きるイノチの術。

話の続きはたまちの湯にて♪

たまちの湯を開催します♪

5月28日 15時~ バンナ公園南口にて
参加費は 500えん

皆さんからの参加費は会場費などの経費を差し引いた分を、
熊本の震災でボランティア活動をしてくれている、
みたから仲間達にたなそえ募金をさせてもらいます。

初めての方は最初の30分をお取りこぼしの無い様に☆

お問い合わせは ☆Planet☆まちこ まで♪
planet.ishigaki@gmail.com



#みくさのみたから
#たまちの湯
#宇宙法則
AD