何も目指さない

テーマ:

あ、今ちょっと 違うなと心に違和感をかんじたら、
変なチカラ、余計なチカラを全て抜く。
 

期待とか、見栄とか、不安とか、恐れが
その行いに入ってなかったか
自分の心をよーく、観察する。


私の子ども時代は、

この社会の秩序の中で、
世間が認める「立派な人間」になりなさいと
教育され続けてた。

 

周囲の期待を背負い

本当の心を隠す為に偽善を繕う

魂と現実との違和感。
不安と恐れだらけで、

魂はそっちのけで

社会に出て一生懸命に
秩序の中で「立派」になろうともがいていた。

世間が認める素晴らしい人間になる為に
もがいて、こんがらがって、ころんで、溺れて・・・
危うく死にかけた・・・(笑)


でも、死にかけたところで
ああもう、そういうの
私、無理なんですよね〜!
って 氣がついて、
ふっと、心がワクワクする事と
楽しくて嬉しくて仕方が無い事しかしなくなったら
 

ふっと、それが仕事になって
ふっと、それが人と人を繫いで
ふっと、世界が広がって・・・

私の生き方で
うまく行く方法はひとつ。
チカラを抜くこと。

目指すものとか、目標があった方が良いという人は結構多いけど

体力ある人はそれで良いと思う(笑)
私の場合、目指すものや、目標を持った瞬間
それにより自分がロックされるからか、

とたんに氣が流れなくなって
滞って、炎症が起きる。
でも、今までのは良いんです。炎症も必要だったから。
無駄なものは何も無い。
でも、今となれば

例え、自分が本当に尊敬して愛して止まない人だとしても、
私はその人ではないから。
目標にはしない。

唯一無二の魂は、いつも肉体と繫がりを持ちたがっている。

絶えず変化と進化をし続けるために・・




そんなこんなで、先月、スーパームーンを前に
9月に引き続きまた行って来た マヤグスクの瀧〜!
また新しい扉が開かれたみたいです。

 

AD