かわさきプラネタリウム同好会では、

プラネタリウムを操作してみたい!

番組を作ってみたい!

など、ご興味持たれた方を、随時お待ちしております☆彡


ぜひ一度、定例会に足をお運びください。


定例会は、平成29年度より

「かわさき宙と緑の科学館」 にて、月2回行われている観望会、

「星を見る夕べ」の後半の日(第3または、第4土曜日)

同日に行われることになりました。


場所は科学館2階の学習室(15~17時)になります。

16時以降はプラネタリウムに移動している場合がありますので、

なるべく早めにお越しください。


変更がある場合は、

当ブログまたは、Twitterにてお知らせいたします。

@kawasaki_planet  
フォローも合わせて、よろしくお願いいたします('-^*)/

  • 09 May
    • ご来場有難うございました☆

      4月30日の、プラネタリウム同好会発表投影には、たくさんの方にご来場いただき、誠に有難うございました。 お陰さまでチケットも15時過ぎには配付終了となり、ご覧いただけなかった方もいっらしゃるほどでした。 その皆さまには、せっかく来て下さいましたのに申し訳なく、ここで心よりお礼を申し上げますとともに、次回は是非ご覧いただけますよう、またお越し下さいますこと、重ねてお願い申し上げます。   今回は、プラネタリウムを使っての実験的投影で、星にまつわる歌から、その歌の星空がいつだったのかを検証してみたり、お客様全員参加で○×クイズをしたり、プラネタリウムの星空を、みんなで一斉に撮ったら星空は映るのか、という実験などもしてみました。   そんな投影でしたので、クイズの時は、正解だった~!、間違えちゃった~(^^;)など、おしゃべりもOK、ご家族やお友達の方々と、楽しく参加していただきました。 星空撮影では、みんなの携帯の光りで星空が明るくなり、なかなか星が写らないことを感じていただいたり・・・ 通常投影ではなかなか体験できないことを、ほんの少し感じていただけたのではないかと思っています。   これからも、皆さまに楽しんでいただけるよう、通常投影のような親しみのあるものから、斬新なものまで、色々なプログラムを考え投影していきたいと思っております。 次回の発表投影の経過など、また少しずつお知らせしていきたいと思っておりますので、楽しみにお待ち下さいませ。   今月の定例会からまた次に向け、話し合っていきたいと思っております。投影側で参加してみたいという方は、是非一度定例会にお越し下さい。 次回の定例会は、5月20日 15時~、川崎宙と緑の科学館2階学習室でおこないます。 詳しくは、このブログトップに掲載しております。 是非ご覧下さいませ。   今回の投影クイズ優勝者には、こんなプラネタリウムの星空の下、お写真をお撮りし、プレゼントさせていただきました。                      

      2
      テーマ:
  • 30 Apr
    • プラネタリウム発表投影、直前情報

      GWが始まり、今日はさわやかに晴れ、最高の一日が始まっております。  さて、かねてよりご案内しておりました、プラネタリウム同好会の発表投影      『 こんなプラネタリウムあり!? 』     ~音楽あり、クイズあり、景品あり~     チケットを、14時30分より、科学館1階にて配付致します。 皆さまのご来場をお待ちしております。                  メンバー一同より        

      3
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 発表投影まで、あとわずか

      あっという間に1か月が経ってしまいました。 光陰矢の如しです ちなみに、この 「 光 」とは日のことで、「 陰 」は月 まさに、月日が過ぎるのは早いってことですね。   ところで、我が同好会の発表投影も、あと3日後と迫ってまいりました。 この1ヶ月、打ち合わせやら、それぞれの持ち場での最終準備に追われ、毎週のように集まり、いろんな作業をしておりました。 一番大変なのは、やはりスクリプト調整でしょうか。 ナレーションに合わせ、スムーズな投影操作ができるよう組み込もうとしているのですが、 プラネタリウムドーム内、限られた時間の中での作業とういうことになりますので、なかなか大変なわけです。 それでも、今回の現場監督(?(笑) つまり今回のプログラムメイン提案者ですね)が、コツコツと作業をしてくれましたので、本番はバッチリ、素敵なものを皆さまにお届けしたいと思います☆彡    先週は、一通り止まらずにリハーサルをしてみました。 台本だけで話し合っていた時より、実際にやってみると、なかなか楽しいものに仕上がっているのではと、自分たちでまず実感することができました .:*+゜☆゜+*:.。.: 通常投影のプラネタリウムとは一味違って、ご来場下さった皆さま全員(大人の方からお子様まで)に参加していただける内容になっております。 ちょっとワクワクする参加型投影です。 ご家族、お友達などお誘い合わせの上、もちろんお一人でも全然大丈夫です。 是非いらして下さい。 たくさんの皆さまのご来場を楽しみにお待ちしております。   投影後、プラネタリウム番組制作をやってみたい!、操作や音楽に携わりたい!など、ご興味をもたれましたら、お近くのスタッフにお気軽にお声がけ下さいませ。 今のところ、定例会は月1回、第4土曜日、15時~17時、科学館の2階学習室となっておりますが、日程が変わることもございます。このブログで日程をご確認下さって、ひょっこり見学にしに来てくださる、というのでもOKです。   ドームの満天の星空を使って、自分の描いたプログラムをみんなで投影する そんな素敵な仲間になってみませんか?     【 蛇足 】   雨はあがったものの、今日は雲の多い一日でした。 晴れていたら細い細い月を、太陽が沈んだ空に見つけることが出来たでしょう。 というわけで今回は、前回ブログを更新した3月30日の二日月を皆さまに・・・   (撮影 筆者)   雲のない日、ほんのわずかな時間でも夜空を見上げてみる・・・ そんな時間を持ってみる、というのはいかがですか・・・    

      4
      2
      テーマ:
  • 30 Mar
    • プラネタリウム発表投影まであとわずか・・・

      3月の末に内合をむかえた金星が、宵の空ではなく早朝の空へ。 世の中の活動が始まる前のしーんと静まりかえった薄明の中、 一際輝く金星と二十六夜くらいの細い月が浮かぶ空、 そんな景色がまた見られるようになるかと思うと、早起きも苦ではなくなる気がします。     そしてここ数日の間に、桜の開花宣言も少しずつだされるようになり、まだまだ風は冷たいものの、春はどんどん本番へと進んできました。 我がプラネタリウム同好会の発表本番も近づき、定例会でも、 シナリオの具体的な内容の検討がなされました。   限られた時間内で、星や天文に詳しい方だけでなく、その日に来られた全員の方に楽しんでいただける内容にするためには、 盛り込みすぎない、ということがひとつの目安になってきます。 これはつまり、ここも伝えておきたい、という制作者側の想いを全部詰め込むことはできないもどかしさ、との小さな戦いでもあるわけです。 少し表現を変えるだけでうまく伝わることもある・・・。 メンバーみんなで意見を出し合うことで、簡潔でわかりやすいシナリオが仕上がってきました。 これを本番当日、お客様の雰囲気なども感じつつ、どこまで自然な表現でできるか・・・ 少し楽しみです。     学習室での打ち合わせを終え、プラネタリウムに移動してからは、操作班が細かい設定の入念なチェック シナリオに合わせ、プラネタリウムを動かし、クイズの問題を表示する。 ここがうまくいかなければ、せっかくのシナリオも活きてこないので、ここは重要なポイントとなってきます。 コンソールのパネルと向き合う姿勢も真剣そのもの。 時間は無情にもあっという間に過ぎ、この日の定例会も終了しましたが、残りわずかな日程の中、みんなでスケジュールを合わせ、リハーサルをし、本番に臨みたいと思っております。   発表投影のチラシが出来上がりました。 是非多くの方のご来場をお待ちしております。                

      3
      テーマ:
  • 02 Mar
    • 次回投影に向けての準備、着々

      久しぶりに本格的な雨 雲の上では、満天の星や、火星のそばでぽっかり浮かぶ月が、今日も輝いていることでしょう(このブログをUPする時間には、月はもう沈んでしまいました)   明日はひな祭り(上巳の節句) 太陰太陽暦が使われていた江戸時代頃までは、現在でいう4月に行われていたとか。 その頃は、桃の花の季節からすると少し遅いから、桃の節句とは言われていなかったのかも・・・ いずれにしても、季節はどんどん春へと進んできています。   ところで、わがプラネタリウム同好会の次回投影に向けての段取りが、また少し進展しました。 日程やタイトル、当日の役割分担など、細かい部分が具体的に決まってきたのです。 肝心の内容ですが、少しお話しすると・・・ 音楽で、クイズで、小さな実験を通して、今までにないアプローチでプラネタリウムを楽しんでもらおうという、そんな企画です。   とにかく少人数で、シナリオ、ポスターやチケット作り、 受付から投影操作、解説、誘導など、 すべてをこなさなけばいけないので、みんな役割を掛け持ちで担当します。 それでも、初めて操作をやってみる人、 クイズのパートをシナリオに頼るだけでなく、 その時の雰囲気を見つつアドリブをまじえ、来場者に楽しんでもらおうと、心の準備をしてくれる人、 色々なことが少しずつ決まってきていることもあって、 メンバーみんな、当日がくるのが楽しみになってきているようです。   定例会議は月1回。 当然リハーサルなどが必要なので、ここからは、イレギュラー集合となることでしょう。 その前に、次回、みんなで集まった時、スムーズにリハーサルができるよう、 投影に必要な設定の仕込み作業を、操作班メンバー中心でしてくれるそうです。 わが同好会のメンバー、頼れる仲間達です(*^^)v 是非、投影を楽しみにしていて下さい。 『 こんなプラネタリウムって初めてだ 』、と楽しんでもらえるよう、これからもみんなで頑張っていきたいと思います。   乞う、ご期待!!      

      2
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 2017年、最初の定例会議

      早いもので、今日からもう2月、節分・立春もすぐそこにきています。 神奈川のある街では、河津桜が三分咲きになっているとか・・・ 季節は確実に春に向かっていますね。 それでも空にはまだ冬の星座たちが勢ぞろい、キラキラと輝いています。 冬は1等星がたくさん見られる季節。 全天で一番明るく見える、おおいぬ座のシリウスをはじめ、 赤く輝くオリオン座のベテルギウスと、白いリゲルなどなど。   その1等星よりも明るく、-4等以上の明るさで、 20時頃までギラギラと輝いているのは金星 そのそばで、控えめに赤くひっそり輝いているのが火星 その惑星たちが、今夜18時頃西の空、 月齢4をすぎた細い月と、寄り添うように輝きます。 幸い、東京の空の状態は悪くないようです。   忙中閑あり 忙しくとも、月や惑星、恒星たちが広がる今夜の空を、 ほんのわずかな時間でも、是非見上げてみて下さい。 ウッディ―アレン監督の映画、『 ギター弾きの恋 』のように 誰かが座っていそうな細い月と、惑星たちの共演に、 ホッと癒される気持ちになるかもしれません。 是非お試しあれ・・・☆     ところで、先日1月28日(土)、同好会の定例会議が行われました。 次回の投影日を決めるところから会議がスタート。 まだ具体的な日程は決まっていませんが、 4月のどこかで・・・、ということになりました。 また、シナリオ担当のメンバーが、詳細版を仕上げきてくれたので、コンソールに入り、そのシナリオに沿って操作チャレンジ。   操作練習ができるのも、定例会議のある日だけ。 つまり月1回だけなのですが、 確実にみんなレベルアップしているようで、 はじめの頃にくらべると、サクサクとこなせるようになってきました。   今回のこの企画、お客様にプラネタリウムを、今までにない形で楽しんでいただけるよう、色々考えています。 まだまだしなくてはいけない作業は山積みですが、 投影に向け、みんなで少しずつ細かいところをつめていこうと思います。   楽しみにお待ち下さいませ・・・☆彡        

      2
      テーマ:
  • 27 Dec
    • 12月の定例会

      2016年も、残すところあとわずかとなりました。そんな今、金星が-4等以上の明るさで、16時を過ぎるころには南西の空でキラキラと輝やいています。 目のいい人なら、位置さえわかれば日中でもその姿を何とか確認することができる明るさです。来月、新年1月2日には、その金星と細い月(月齢4)が大接近します。1月3日は、その細い月が、夕空に火星とさらに大接近、50倍程度の望遠鏡でも、二つの星を同一視野で見ることができる近さです。そしてその夜、23時頃にはしぶんぎ座流星群が極大☆彡来年も、年明けから楽しみがいっぱい、空の状態がいいことを祈るばかりです(*^^)v さて、先日今年最後のプラネタリウム同好会の定例会が行われました。春の投影の具体的な日程はまだ決まっていませんが、いずれにしても、そろそろテーマを決めなければいけません。前回の定例会で出たいくつかの投影案をみんなで検討し、全員一致で次回のテーマを決めるに至りました。具体的な内容は当日のお楽しみ☆、ということで、お知らせできませんが、次回もまた一味違った、楽しいものになりそうです。投影日程も、来月にはお知らせできることでしょう。楽しみにお待ちくださいませ。 そして定例会後半は、プラネタリウムのコンソールで操作の練習。今まで操作をやったことのなかった人を中心に、基本的なところ、日の入りから日の出までを練習しました。実際やってみると、夕焼け、月、惑星、恒星など、実際のような空をドームに映し出すタイミングの難しさ、操作の複雑さがわかり、何気なく観ている通常投影が、いろんな操作の絶妙な合わせ技でできているということを実感する、貴重な時間となりました。 今回覚えた基本的な操作だけでも忘れないようにできれば・・・ということで、同好会オリジナルの操作マニュアルを作ることになりました。基本的な操作だけでもみんなができるようになれば、またひとつ次の段階に進めます。シナリオを作り、基本的な操作がわかってきたことで、みんなますます楽しくなってきているようです。そんな我々同好会が作り出す次回の投影は、どんなものになるでしょうか(*^^)これからも、進捗状況を少しずつUPしていこうと思います。次回の定例会は1月28日(土)15時~ 科学館2階の実験室です。    

      2
      2
      テーマ:
  • 17 Dec
    • 星を、プラネタリウムを一緒に楽しみませんか?

      やっと天候が安定してきたここ数日の星空の話を少し・・・ この冬一番の寒さがきていたここ2日ほど、明け方の空では、木星が、おとめ座のスピカを従えて、夜中の3時前には東の空から昇ってきます。ピンと張った冷たい空気の中、空を見上げると、煌めく-1.8等星の木星と、1等星のスピカ。恒星の並びは、いつも同じように昇ってくるけれど、その中をめぐっていく惑星たちのおかげで、見上げる楽しみが増し、太陽系に地球から肉眼で確認できる惑星が5つもあってよかった、とつくづく思ったりします(*^^*) また、実際の星空でなくても楽しめるプラネタリウム。先日は珍しい場所からの星空を見てきました。それは・・・極地、それも北極点、南極点から見る星空。北極点、つまり北緯90度から見るということ。どんな風に見られるか、容易に想像はつくことと思いますが、実際見てみるとなかなか面白いものです。簡単に言ってしまえば、北極星を中心に(厳密には少しずれていますが・・・)、24時間でその周りをぐるりと一回り。つまり、一晩中見ていても、見える向きは違えど、見える星は変わらないということ星の軌跡を撮るには楽しそうですが、これだと時間の経過も感じられず、今、自分がどちらを向いているのかさえわからなくなりそうです。(どちらを向いても、方角は南なのですが・・・(^^;) ) 普段見ることのない場所からの星空を楽しめるプラネタリウムは、実際の星空に負けないほどにワクワクさせてくれる場所だと、改めて思える時間でした。 私達プラネタリウム同好会でも、そんなワクワクしていただける番組を作ることができたら・・・試行錯誤しながら、みんなでそんな番組作りをしていきたいと思っています。 同好会では、随時参加してみようと思われる方のお越しをお待ちしております。ご興味のおありになる方は、一度定例会に参加してみて下さい。次回の定例会は、12月24日(土) 15時~17時川崎宙と緑の科学館2階、学習室にて行います。 プラネタリウム番組を作ってみたい、という熱い想いをお持ちの皆さまのご参加を、お待ちしております。   

      3
      テーマ:
  • 01 Dec
    • プラネタリウムを楽しむ

      12月になりました。 今日の月齢は1.6・・・ 晴れていれば、細~い月が西の夕空に見られるかと思ったのですが、残念ながら曇ってしまいました・・・ 福岡支部は、星(ほし)と干し(ほし)をうまく楽しまれていてどちらもとても魅力的な ”ほし”ですね。 それにしても美味しそうな干し☆彡が出来上がりそうです (なんのこと?と思われた方は、ひとつ前のブログをご覧下さい) 美味しそうといえば・・・川崎のプラネタリウムがある生田緑地でも、11月20日『 食の祭典 in 生田緑地 』というイベントがあり、あちらこちらから、とても美味しそうな匂いが風にのって、流れてきていました(*´▽`*)そのイベントに参加がてら、プラネタリウムを見て帰られる方も多かったようで、チケットが完売しておりました。 がてら・・・ということでいえば、海外に行く機会があれば、その国のプラネタリウムを見てみる、というのも楽しいかもしれません。 という訳で、今回はハワイのプラネタリウムのご紹介を少し・・・  ========================== ハワイ、オワフ島にももちろんプラネタリウムがあります。ワイキキの中心からバスで約50分ほど、バニース・ストリートにビショップ ミュージアムという、ハワイ州最大の博物館があり、プラネタリウムは、その中にあります(今は、無料送迎バスも少しでているようです)  館内には、少し天文の展示スペースもあります。 プラネタリウムは、五島光学のCHRONOSⅡ  英語での解説とは内容が少し異なりますが、時間帯により日本語での解説もあります。9月は、ハワイの星の神話 『マウイの釣り針の物語』と、ポリネシアン人の航海術 『探検者たち』 とういう番組の後に、星座の生解説がありました。 私達が蠍の形としてみているさそり座、これをハワイの人たちはマウイという青年の釣り針、とみているそうです。ギリシャ神話のように、ハワイにもかたり継がれたお話があるのですね。 そーいえばこのさそり座、日本でも、由来は違うものの、うお釣り星と呼んでいる地方があります。 確かに、さそりにも、釣り針にも見え、どちらの名前が付けられても、不思議ではない気がします。 そして、探検者たちは、羅針盤も地図も使わず、星や太陽、空、海などだけで、太平洋の大海原を渡ったポリネシア人の航海術を再現したカヌー・ホクレア号と、ナイノア・トンプソンにまつわるドキュメントタッチの番組でした。 どちらもとても興味深い内容でした。 ところで、ホクレア号のホクレアとは、アークトゥルスのハワイ語名ホクが星で、レアは、喜びとか楽しみ、つまり・・・、ホクレアは、喜びの星という意味です。舟につけるにはいい名前ですね。 ちなみに、北極星はホクパア パアが動かぬもの、つまり動かない星ということです。 ホノルルの北緯は21度、プラネタリウムでの北極星の位置も、あたり前ですが、かなり低い位置にありました。それで、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、プラネタリウムの傾きやっぱり日本よりずっと水平に近い感じで傾いていますね。 こんな風に、外国に行った時、その国のプラネタリウムに行ってみると、日本とは違う星の解説だけでなく、その国にかたり継がれた神話などを楽しむことができたりするかもしれません。どこかの国に旅に出られた時、楽しみの一つとして、プラネタリウムに行ってみる、というのはいかがでしょうか☆彡========================== 今月は、ふたご座流星群があります。どうか天候が安定してくれますように・・・ この時間になり雲が少しきれはじめ、オリオン座が見えてきました。 今宵も少し星を見上げて・・・    

      4
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 福岡支部(?)だより(2)

      こんにちは福岡支部(?)の正太郎です。  22日は二十四節気の小雪(しょうせつ)でした。立冬(11/7)と大雪(12/7)の間で、「本格的じゃないけど、そろそろ冬になってきますよ」くらいの感じのようです。 24日には東京を含む関東甲信地方では、1962年以来の54年ぶりに11月の初雪となったのですね!私はその62年の12月生まれなので、またもその初雪を逃してしまいました!! こちら九州・福岡では最高気温は15度ほどあり(我が家での観測で)、少し寒くなったとはいえ、まだまだ暖かいです。今日は雨ですけどね… そんなこんなで、こんなことをしてみました。  干し柿です。 こちらのスーパーでは、以前居たときももそうだったのですが、干し柿用の渋柿を売っているんです、自宅で作る人がけっこういるんでしょうね。  関東もこれからはどんどん寒くなっていくでしょうが天気はいいことが多いですよね。福岡は日本海側の気候なので、冬は寒い上に天気が悪いです!これからは、どんどん寒くなっていくと思いますが、たまの晴れ間にはすかさず夜空を眺めようと思っています。 また報告しますね。

      1
      2
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 11月定例会では・・・

      まだ12月にもなっていないというのに、今夜から明日にかけて、東京でも初雪が観測される可能性があるとか・・・そうなれば、1962年以来54年ぶりだそうです。 11月としては、これまでにないほどの強い寒気・・・昨日は薄手のコートでも暑いくらいだったのに、何とも想像しづらいですね。空の状態がこんななので、星空を見上げる方もあまりいらっしゃらないかと思いますが週末を前にしての祝日、星空観望を予定されていらっしゃいます方は、是非十分な防寒のご準備を・・・ カメラくんにもね・・・  ところで、先日20日(日)ラネタリウム同好会の11月定例会が行われました。今回のメインのテーマは・・・メンバーから出された次回に向けてのいくつかの案について内容を吟味把握しつつ、みんなで意見交換をするというものでした。 投影も3回目ともなると、自分のアイデアを形にしてプレゼンしてくれるメンバーが増えブロックごとにプロットにまとめてあったり、すでにシナリオになっているものまであります。こうなると、会議にも一層活気がうまれ、物事がいい方向へ流れだし、たくさんの意見はでるは、さらに楽しくなっていくは・・・というプラスの効果がうまれます。 そして、いよいよ次回の定例会では、次回投影の台本を決めることになりそうです。どれに決まるか・・・、さらに新しいアイデアを提案してくれるメンバーがいるかもしれません。私達もドキドキ楽しみです。是非次回投影を楽しみに、お待ち下さいませ☆彡詳しい内容はもちろん・・・ 「 内緒・・・(*^^)☆」 ですが、少しずつ進行状況など、お知らせできればと思っております。時折ブログチェックしてみて下さいね。 次回定例会は12月24日(土)です。クリスマス・イヴですね☆彡    

      2
      2
      テーマ:
    • かわさきプラネタリウム同好会制作の番組は字幕つきです!

      かわさきプラネタリウム同好会制作の番組はいつも(といってもまだ2回ですが)字幕つきです!プラネタリウムを見るのは好きだけど、解説がわからない…という聴覚障害者の声に応えようと天文音痴のメンバーが字幕作成に四苦八苦しています。満天の星空のなか、「ジャマだ!」と思われない字幕をつけたいといろいろ試みたいので、全国各地で字幕付き番組を制作している方にアドバイスをいただきたいと思っています。字幕制作には要約筆記ソフト「IPtalk」を使っています。いろいろなノウハウをお持ちの方、よろしくお願いします。

      3
      テーマ:
  • 22 Nov
    • こちら福岡支部(?)です!

      こんばんは、正太郎です。 はじめまして。メンバーなのですが、最近福岡市に引っ越したので「かわさきプラネタリウム同好会 福岡支部(?)」を開設しました!こちらからも、ときどき情報を発信していきたいと思います。 同好会で通常行われている例会には当然出席できないので、発信は独自情報となります。 ということで唐突ですが、福岡ネタを。福岡市内には現在はプラネタリウムがありません。というのはプラネタリウムを備えていた福岡市の科学館が現在、リニューアル中なのです。来年10月にはオープンする予定です。  そして、これが現在のその姿!!なんと25メートルの大きなドームを建設中!来年の10月に本当に間に合うんでしょうね?今はこんな状態です。プラネの機械はコニカミノルタ製の最新機種が入るそうです。いんふぃにうむなんとかとか? オープンした暁には、どんなプログラムが上映されるのでしょうかね?みなさんも是非見に来てくださいね! とりあえず、生存証明を兼ねての報告でした。  

      3
      テーマ:
  • 07 Nov
    • 11月に入りました・・・

      11月7日 二十四節気でいうところの、立冬の今日陽が西の地平線に沈んむ頃には、マフラーをしていても寒さを感じるほど。それでも、群青色の空には、上弦一日前の少し黄みがかった月がくっきり見えそれを見上げているだけで、足取りが軽くなる気がするのは、私だけでしょうか(^^)9月、10月と天候がなかなか安定せず、星や月を思う存分楽しむことができずにいましたがこれからは、少し期待が持てそうです そーいえば、今月14日は、最近世間でよく使われるようになった、あの「スーパームーン」ですね。いつ頃からこの言葉が使われるようになったかはともかく、週間天気予報を見るかぎりでは、14日は、月を見ることができそうです。仕事中の方も、お仕事帰りの方も、家事で忙しくされているだろう方も、ほんのしばらく、昇ってくる、大きな月を見てみてはいかがでしょうか(*^^) ところで、わが同好会に変化がありました。嬉しいできとごととしては、新しいメンバーが一人増えたこと。そして、ちょっと寂しいのは、重鎮のお一人が、お仕事の都合でしばらくお休みされることになったことです。でも残念なことばかりではありませんよ~川崎ではない土地の天文情報をいただいたり、時々この同好会にも顔をだして下さるとのこと、メンバー全員、それを楽しみにしつつ、いい番組作りに励んでいこうと思っております。 今宵はいい空です冬の星座たちを存分にお楽しみ下さい・・・    

      5
      テーマ:
  • 23 Oct
    • プラネタリウム同好会ブログ開設

      かわさきプラネタリウム同好会のブログを開設致しました。 この同好会では、プラネタリウム制作に興味がある・・・という有志が集まり、番組を制作し、 定期的に、かわさき宙と緑の科学館のプラネタリウムにおいて発表投影をしております。発足して一年あまり、 制作した番組は今のところまだ2作ですが、毎月第4土曜日、午後3時より行っている定例会で、これからも、私達ならではのアイデアを出し合い、多くの方に楽しんでいただける番組を作っていきたいと思っております。活動状況、次回の投影日時なども、少しずつこのブログにUPしていきます。よろしくお願い致します。           第1回投影              第2回投影 

      2
      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。