11月のブログみました?

テーマ:

富士ハウスの倒産当ってましたね!


こわいですねー!


日本地所もいっちゃいましたねー!



どうなるんでしょうか?


日本は・・・

AD

最初から全て決めて、追加が出ないようにしたいんですけど・・・。



そんなお客様がいる。



そのような人は、規格プランがいいと思います。



なんで注文住宅を建てるんですか?



途中で絶対変更するに決まってんじゃん。



営業段階で全部決めるなら、とりあえず設計代下さい。



散々プラン・見積り出させておいて・・・・・



ちくしょー!



また愚痴になってしまった。






 ここも


にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ ポチっとな!
AD

変わっている。

テーマ:

情緒不安定なお客様がいる。


僕のお客さんではないが、・・・・・怖い。




家とは2階建て直しても、納得はしないものである。


あとでこうしておけばよかったなんてのは


いくらでも出てくる。



一生に一回の家づくりなのでこだわって建てるのは当然だ。


だが、こだわって建てるの意味を履き違える人がいる。


こだわって建てるというのは


何年もかけて打合せして、建築中も大工を抱えて他に行かないようにする。


建築期間も長くかける。


これにより納得の家ができるだろう。


多少の変更もすぐに対応してくれる大工も、工務も必要だ。




何が言いたいかというと、時間とお金です。




ないのに文句を言ってはいけない。


ないから、それでどんだけいいものが付くか頑張る人もいる。


やめたほうがいい。


それなりの家にそれなりのものがつくのである。



値引をすれば、それなりのものがくるし。


お金をかければそれなりののもがつく。


それなりなのです。



ただでさえ工務店で良い営業、良い提案にめぐりあえたのだろう。


メーカーに頼めば同じもので10から20%上乗せされていたのだ。


さらに、金額を負けさしたり、わがままを言う人もいる。


適正価格でやっている会社からしたら勘弁していただきたい人だ。


客でもなんでもない。


チンピラのようなものだ。






 ここも


にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ ポチっとな!
AD