製品開発、商品開発の課題解決。


・お客様の欲しい「価値」を追求した商品は売れる!


顧客価値+独創的アイデア

=売れる商品へ


・次期に売れる製品、商品仮説の出し方

お客様目線の商品対策で問題解決の糸口が見えます。

中小企業から大手企業の商品を見てきました
顧客価値を追求することによって商品が変わります。


石川朋雄の公式サイトはこちらから≫

お問合せ方法

上記の「お問い合わせ」
からご連絡いただくか


直接 inf@plan-sc.com
でメールをお願い致します。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-09 14:17:36

IoT導入は他社成功待ちから始まる日本のものづくり

テーマ:IOT

IoT導入は他社成功待ちから始まる日本のものづくり

前回は「IoT導入で働き方が激変する」をお伝えしました。


ロボットが増えても、人でしか意思決定できない業務は存在します。

業務で空きが出きた時間で、営業先に訪問できる回数が増えるので、
もっと現場に出向くことが重要です。

今回は、「IoT導入は他社成功待ちから始まる日本のものづくり」
をお伝えします。


ガートナージャパンの下記の情報によると、
IoT導入が検討するが多いようです。

https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20160426-01.html

日本の伝統である護送船団方式で
超大手が導入してから始める傾向があるのでしょうか。

IoTはものとインターネットをつなぐ有効な手立てです。

私も、これをすれば結果が出るとわかりやすいものではないので
一概に言い切れません。

ただ、今まで情報が取りにくかった第一次産業や見えないものからも
顧客の情報が取れるので活性化は起きます。

ですが、他社が導入してから自社もいざ導入では
似たり寄ったりで顧客の情報も意味がなくなってしまいます。


金太郎飴のように、どこも一緒では全く意味がありません。


うちは、あそことは違うなぜならば~とならないと
顧客は興味なくなります。


値段か、時間か、量でたいてい決められてしまうでしょう。

そうなると、消耗戦になり疲れ果て消えていきます。

本来、商品、製品は顧客の満足度を上げるものであって
他社が作ってる、売ってるから始めるものではありません。


模倣や類似品は作るのも、売るのも大変簡単です。
ただ、値段か、時間か、量でたいてい決められてしまうでしょう。


いかに、顧客へ独自の価値感、購入、導入意欲を高めてもらうか
そのための一つに「IoT」です。


間違っても、右向け右になった場合「IoT」は形骸化されます。


有限会社企画システムコンサルティング
石川朋雄

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。